超小型車の時代・その7「農家のミニカー、小型特殊!侮るべからず!」

小型特殊自動車は何が特殊?

「小特」(しょうとく)などと呼ばれる小型特殊自動車というジャンルのクルマがあります。

小さな緑色の市町村役場の発行したナンバープレートがついており、公道も走行可能。

ではミニカーのようなものかと思えば、サイズ的にははるかに大きく、排気量も50ccなどではなくもっと大きいのでパワフル…というかトルクフル。

悪路走行用に特化したラグタイヤと呼ばれるゴツゴツしたタイヤを履き、オフロード車用のテレーンタイヤとはまた違った独特の凄みがあり。

ただし公道での最高速度は15km/hなので、少なくとも舗装された一般道での実用性は無し。

走行する事よりも、その搭載機器を使った作業あるいは重量のある作業機を私有地内などで運搬するのを主目的としているので、走行装置はあくまで作業場と作業場、あるいは車庫を繋ぐための自走用。

小型特殊自動車の概略を述べるとこんな感じですが、「走行するより搭載機器の主目的」というくだりは大型特殊でも同じで、例えば戦車や自走砲などもこのジャンルです。

日本だと耕運機やコンバインなど農機具で多いのですが、田舎で広大な農地を持つ農家だと、時々それらとは明らかに違うクルマ、どちらかというとトラックに近いような「小特」も見かけます。

あれ?こんな軽トラあったっけ?と思うとナンバーで小特と気づくわけですね。

海外だと日本の軽トラが、農業用の敷地内トラックやATV(全地形対応車。バギー)のように使われているケースもあって似ていますが、日本のそれはもっと小さいのです。

農業に関係無いとあまり知る事の無いジャンルですが、これもまたミニカーという事でちょっと紹介します。

軽トラですら入れない狭い道も走破する!カワシマ RX4WD

小さな車体に不釣合いなほど大きく、しかししっかりとしたクローズドキャビンなので雨風をしのぐには十分!

それでいて本格的なパートタイム式4WD駆動システムを持ち、2WDとして軽快に、4WDとして悪路走破もこなすのが、鳥取にある有限会社河島農具製作所のカワシマ RX4WDです。

キャビンつきのRX4WD-CとキャビンなしのRX4WDと2種類あるのですが、どちらも2人乗りで最大積載量は500kg(農場内は600kg)と、何と軽トラを上回る積載量を誇ります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら