テンパータイヤの特徴5選とサイズの理由2つ|注意点4つを詳しく紹介

テンパータイヤはパンク時などの緊急事態用として、車載に積み込んでおく応急の予備タイヤです。この記事ではテンパータイヤの特徴やテンパータイヤを使用する場合の注意点などをご紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

テンパータイヤとは

テンパータイヤは使用しているタイヤがパンクなどで使用できなくなった際に取り替える、予備のタイヤです。一般的なタイヤよりも一回り小さく細くなっており、車の中においても邪魔になりづらいようになっています。また、テンパータイヤを使用しているときに出せるスピードにも制限があるため注意は必要です。あくまで一時的なタイヤであるため、ずっと使い続けるのではなく、なるべく早めに標準タイヤに付け替えましょう。

テンパータイヤとスペアタイヤの違い

テンパータイヤは応急用のタイヤ、スペアタイヤは予備のタイヤです。スペアタイヤは普段使用しているタイヤと同じタイヤを予備として積んでいるものを指します。標準装備のタイヤと同じなので、取り替えた場合はそのまま通常通り走行可能です。一方、テンパータイヤもスペアタイヤとして積んでいますが、あくまで応急用のタイヤです。前述のとおり、少し小さく細めで、長く走るには適していないなどの違いがあります。

テンパータイヤの特徴5選

テンパータイヤの特徴をご紹介します。一般的に予備のタイヤのことをスペアタイヤと呼ぶため、実際にはテンパータイヤを予備として車に積んでいる場合、スペアタイヤだと思っている方も多いでしょう。ここではテンパータイヤの5つの特徴を紹介しますので、テンパータイヤについてより理解を深めてみてはいかがでしょうか。

テンパータイヤの特徴1:通常タイヤより空気圧が高い

テンパータイヤは、通常のタイヤより空気圧が2倍ほど高くなっています。一般的なタイヤの空気圧は約200~250kPaですが、テンパータイヤの空気圧は、約2倍と非常に高い空気圧です。テンパータイヤは、通常のタイヤよりもサイズが小さく細いため、車体を支えるために高めの空気圧となっています。

テンパータイヤの特徴2:通常のタイヤより硬いゴムが使われている

テンパータイヤは通常のタイヤより硬いゴムが使用されています。テンパータイヤは通常のタイヤよりもサイズが小さいため、硬めのゴムを使うことで通常のタイヤに近い走行が可能となっています。

テンパータイヤの特徴3:時速にして80km/h以下で走行

テンパータイヤの速度はおよそ80km/hまでとなっています。そのため、テンパータイヤを装着した状態で走行するなら、最高でも70~80km/hにとどめるのが望ましいです。また、走行距離も通常のタイヤに比べて短いです。また、テンパータイヤは標準のタイヤよりもグリップ力がないこともあり、速度を出し過ぎないように注意が必要です。

テンパータイヤの特徴4:距離にして100km以内が限度

テンパータイヤで走行可能な距離はおよそ100kmとなっています。テンパータイヤは応急用のタイヤなので、長い距離を走るのには適していません。通常のタイヤよりも耐久性も低いため、長距離の走行は避けるようにしましょう。テンパータイヤに取り替えたあとは、そのままにせず、すみやかに標準のタイヤに交換するよることをおすすめします。

テンパータイヤの特徴5:パンク時の応急的なもの

テンパータイヤは、普段使用しているタイヤがパンクしたときの応急処置的なタイヤです。テンパータイヤはパンク時の緊急対応用のタイヤであるため、グリップ力も弱く、耐久性も通常のタイヤよりも低くなっています。そのため、テンパータイヤに取り替えた場合はそのまま利用するのではなく、できるだけすみやかに通常のタイヤに交換し、パンクしたタイヤを修理するようにしましょう。

テンパータイヤのサイズが小さい理由2つ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら