国産エンジン史「国産直6スポーツ最後の咆哮・トヨタJZエンジン」

長らく活躍したM型、その後継エンジン「JZ」

JZ系以前、トヨタの直列6気筒ガソリンエンジン代表といえば1965年にS40系クラウンに初搭載されたM型エンジンであり、1980年代に新世代直6エンジンとしてG型エンジンが登場して以降も、2,000cc以上の大排気量エンジンとして使われていました。

当然、直6スポーツエンジンにもM型が使われており、トヨタ初の市販DOHCエンジンである2000GT用3Mを筆頭に、M型がその歴史を刻んでいます。

その頂点に立つのが70系スープラ用3,000ccDOHCターボの7M-GTEUでしたが、1986年のデビュー時点で原型から20年以上が経過しており、いかにロングセラーエンジンとはいえ限界が来ていたのです。

1980年代の日本車までは通用したM型も90年代前半の「日本車黄金時代」を前に、新世代へのバトンタッチが求められていたのでした。

 

直6エンジンにこだわったトヨタ

1990年当時、既に日本車で乗用車に直6エンジンを採用していたのはトヨタと日産くらいであり、しかも日産はRBという新世代エンジンがあったとはいえ、基本的にはVGエンジンに始まるV6エンジンへの転換を進めていました。

一方トヨタはSUV用を除けば乗用車向け縦置きV6エンジン自体作っておらず、V6エンジンはあくまでFF用の軽量コンパクト大排気量エンジンだったようです。

2,000ccの1G系エンジンをミドルクラスセダンやマークII、クラウンなどの廉価モデルに搭載し、それ以上は新世代のJZ系を採用したまま2000年代まで引っ張ることになるのでした。

そう、90年代のトヨタにとり、大排気量高級車用エンジンなら直6で2,500ccの1JZと3,000ccの2JZ、それ以上でようやくV8やV12エンジンというラインナップだったのです。

最後のヤマハチューン直6

当然、70系スープラや20系ソアラの末期から2,500ccツインターボの1JZ-GTEが採用され、さらに新世代の80系スープラや、新型スポーツセダンのアリストには3,000ccツインターボの2JZ-GTEが採用されました。

それらが現役モデルとして発売されていた当時、スポーツエンジンとしては屈指の名作・日産RB26DETTがレースからストリートまで猛威を奮っていた頃です。

高級車用エンジンとしても4,000ccV8の1UZ-FEがセルシオやクラウンに搭載されていましたから、1JZ-GTEヤ2JZ-GTEは特に目立つ存在ではなかったかもしれません。

「最強の直6エンジン」と言えばスカイラインGT-Rに積まれたRB26DETTのことではありましたが、その一方で4WDのGT-Rに対し、大排気量FRスポーツとして貫き通したスープラやアリストを好む層も数多くいました。

何よりトヨタエンジンとはいえ、スポーツエンジンはヤマハチューンというのは90年代にはもう誰もが知っている常識でもありましたから、ある意味日産に対抗するトヨタというより、日産vsヤマハチューンという雰囲気もあったのです。

 

RBより長く使われたJZ系

そんなJZ系エンジンでしたが、日産のRB系エンジンがしょせんV6エンジンの熟成を待つ間の「つなぎのエンジン」だったのに対し、FR車用大排気量V6エンジンの開発で遅れたこともあって、RBより長く使われました。

RB26DETTは2002年にはR34スカイラインGT-Rと共にリタイアしましたが、2JZ-GTEはその原因となった排ガス規制も乗り越えて、アリスト用に2004年まで生産されています。

さらにスポーツカー用では無かったとはいえ、2.5リッターツインターボの1JZ-GEなどマークIIブリット用として2006年5月まで生産されたのです。

この瞬間をもって、1967年のトヨタ2000GT用3Mに始まった国産直6スポーツエンジンは、約40年の歴史に終止符を打ったのでした。

しかしJZ系、特に2JZ-GTEの活躍はそれでは終わりません。 2017年現在も、RB26DETTと並ぶ「日本製直6ハイパワーエンジン代表」として世界中でチューニングカー用エンジンとして使われ続けています。

チューニングの結果、1,000馬力以上を叩き出すポテンシャルを持っており、その素材はRB26DETTにも決してヒケを取らないのです。

今ではV6、V8エンジンが主流

以降のトヨタ大排気量エンジンはスポーツ用も全てV6、V8エンジンとなりましたが、トヨタの直6エンジンを懐かしむ声も未だにあります。

近々デビューが噂される新型スープラにはBMWの直6エンジンが搭載されるという噂もありますが、実現するのでしょうか。 次回は「タイプR呪縛の始まり、ホンダB18CspecRとB16B」を紹介します。

 

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら