チューンナップに特化したアバルトはどんなメーカー?

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からアバルトについて紹介していきたいと思います。

アバルトはどんな自動車メーカー?

アバルトという自動車メーカーはフィアットの車を使用しモータースポーツへ参戦したり、自動車の部品や改造などを行っていたメーカーでした。そんなアバルトはどのような自動車メーカーとして成長していったのでしょうか。今回はアバルトについて紹介していきたいと思います。

アバルト設立からの歩み

1908年に生まれたカール・アバルトはバイクのレーシングライダーとして活躍していました。のちにイタリアへ移住することとなりカルロ・アバルトと名乗るようになり、チシタリアの技術者やモータースポーツの責任者を経て1949年にアバルト&C.という会社を設立しました。アバルト&C.はトリノ市コルソマルケ38にて興され、自動車のマフラーなどを販売し資金を調達しました。その資金を利用しフィアットの小排気量車をベースにさまざまなチューンを加えたスポーツ仕様のレース車を作成しました。改造された車にはカルロ・アバルトの生まれ月の星座であるさそり座をモチーフにデザインされたサソリのエンブレムを装着し、その精度の高いチューンはアバルトマジックと呼ばれさまざまなモータースポーツで活躍することとなります。

フィアットに買収されたアバルトの活躍

1971年にアバルト&C.はフィアットに買収されることとなります。その際アバルト&C.はフィアットのモータースポーツ部門を担当することとなりました。アバルトは世界ラリー向けにアバルト124ラリー、アバルト131ラリー、フィアット・アバルトX1/9プロトーティポの開発を行いました。1979年には037ラリーのベースとなったベータ・モンテカルロ・ターボGr.5のチューンを行いました。1981年にはアバルト&C.としての活動が本格的に停止し、フィアット内のレーシング部門としての活躍が続きました。その後2007年にアバルトの復活がプレスリリースされ、その後市販車のグランデ・プント・アバルト1.4ターボが発売されました。

アバルトが生み出した名車

アバルトが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。アバルトの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

アウトビアンキA112アバルト

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%83%88%E3%83%93%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BBA112%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%88

今ではビアンキカラーの自転車で有名なビアンキの自動車部門だったアウトビアンキが販売していた車です。アウトビアンキA112アバルトの特徴は不等長のドライブシャフトで駆動するダンテ・ジアコーサ式FFシステムです。このシステムはフィアットのダンテ・ジアコーサが考案し、のちのFFシステムに大きな影響を与える方式でした。この車は市場価値を確かめるために販売されましたがミニが製造終了した後にアバルトの人気が出たため最終的に20年間ほど生産されていました。

アバルト・500

アバルト500はフィアットに買収された後アバルトブランドが復活した際に販売が開始された自動車です。フィアット・500をベースにアバルトがチューンアップした車で2017年に行われたマイナーチェンジにより車種名がアバルト500からアバルト595に統一されました。丸みを帯びたボディや小さなヘッドランプのデザインはヘリテイジラインやリビングレジェンドと呼ばれる手法が使われており、日本で言うレトロ調なデザインが特徴的です。

アバルト・124スパイダー

アバルト・124スパイダーはマツダと結ばれた技術協力提携によりNDロードスターをベースに開発されたオープンカーです。フィアットとマツダの業務提携により開発されたアバルト・124スパイダーは傘下のアルファロメオから供給される予定でした。しかし、アルファロメオはイタリア車しか取り扱わないと言う戦略が可決し急遽アバルトブランドから販売されることとなりました。NDロードスターとアバルト・124スパイダーのデザインは大きく違い、NDロードスターは160馬力であるのに対しアバルト・124スパイダーは170馬力にスペックアップしています。

アバルトの魅力ってどんなところ?

アバルトは世界を代表する自動車ですがなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

アバルトの独特なデザイン

アバルトのデザインはレトロな見た目ですが攻撃的なデザインでもあります。デザインにはヘリテイジラインやリビングレジェンドといった手法が用いられています。この手法はニュービートルやBMWの販売するミニなどに採用されている手法です。この手法を使用することでレトロな味を出すことができますがそれだけではありません。アバルトはイタリアらしいデザインをレトロ調なデザインに織り込むことで攻めのデザインを実現しています。そのおしゃれな見た目とは裏腹に力強い走りを体感できるのもアバルトならではの楽しみの一つです。

アバルトマジックと呼ばれる走りに特化したチューニング

アバルトはもともとチューニングの会社として設立されました。その後フィアットに買収されますが長年の間フィアットのレーシングチームを支えてきた実績がありその腕は確かなものです。復活したアバルトはブランド名だけ復活したのではなく、しっかりと走りに特化したブランドとしての復活を果たしています。アバルトマジックとして知られていた高いクオリティのチューンアップも健在です。アバルトブランドの車は全てスポーツモデルであり、0からの開発は行なっていないもののベースの特性を生かしたチューンアップの評価は高いです。街乗りだけではなくハードなスポーツ走行を楽しみたい人はアバルトの販売する車がとてもオススメです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】