駅のロータリーでの停車はどこまでOK?そもそも公道なの?

車を乗るようになると必然的に送り迎えといった用途の運転が多くなります。家族がいる人は特にその回数が多くなります。中には毎日送り迎えをするという人も少なくでしょう。そういった時に一番怖いのが、駅で駐車違反などで切符を切られたりすること。駅はバスの乗り場があったり、タクシーの乗り場があったりするので気をつけるポイントが多く気づかないうちに違反をしてしまいがちです。そこで今回は自分が違反をしない為に、駅のロータリーで注意しなければならない駐車違反の詳細と駅の送り迎えでの停車はどのくらいまで大丈夫なのかについてお話していきます。

駅のロータリーで注意しなければならない駐車違反

駐車違反の違反点数と反則金

基本的に駅のロータリー構内は駐車禁止の区間となっていることが大半であり、一番気をつけなければならないのが駐車禁止の場所に駐車をしてしまう駐車違反です。駐車違反は違反点数1点の減点で、普通車の場合ですと反則金1万円を取られます。さらに車を置いて他の場所に行ってしまったとなると、放置駐車違反となるため違反点数は2点になり、反則金も1万5千円払わなければいけません。ついうっかり、といったことでこれだけのお金を払わなくてはいけないので駐車違反にならないことが大切です。

どこまでの停車ならOK?

駐車違反にならないためにどこまでなら大丈夫なのかということについてお話していきますが、駅のロータリーのルールは駅ごとによっても違うため、しっかりと自分の使う駅のルールを確認するようにしましょう。

基本的に5分以内の荷物の積み下ろしと人の乗り降り

十八 駐車 車両等が客待ち、荷待ち、貨物の積卸し、故障その他の理由により継続的に停止すること(貨物の積卸しのための停止で五分を超えない時間内のもの及び人の乗降のための停止を除く。)、又は車両等が停止し、かつ、当該車両等の運転をする者(以下「運転者」という。)がその車両等を離れて直ちに運転することができない状態にあることをいう。
十九 停車 車両等が停止することで駐車以外のものをいう。
                           -道路交通法 第1章 総則 第二条

道路交通法において、駐車と停車は上記のように定義されています。そのため、駅で駐車違反にならない条件は基本的に5分以内の荷物の積み下ろしと人の乗り降りの場合のみとなっています。一見、人の乗り降りの場合は大丈夫と聞くと駅で車を止めるのは人を乗せるためだから問題ないと解釈してしまいそうですが、ここで注意しなければいけないポイントがあります。そのポイントについて次に書いていきます。

人を待つための停車は違反

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら