放置するとエンジン故障で廃車?サーモスタットの不具合【ベテラン整備士が教えます】

サーモスタットという部品をご存じですか?車の冷却水の経路の途中に組み込まれていて、水冷エンジンならどの車にもついているものです。車以外では、オーブントースターや電気ケトルなど、車のものと機構や仕組みは違えど、案外身近なところにも使われています。ここまで聞けば、熱に関するものだというのは想像がつくでしょうか。今回はサーモスタットと冷却系統に関するお話です。

サーモスタットの働き

サーモスタットの働きを簡単に説明するならば「温度に応じて開閉する弁」です。この弁が冷却水の経路の途中に配置され、状況に応じて冷却水を通したり通さなかったりします。では、なぜこのような働きをする部品が必要なのでしょうか?

エンジンは熱すぎても覚めすぎてもダメ!

冷却系統のお話の前にエンジンの温度について説明します。エンジンには適温があり、金属部品の膨張やオイルの粘度などが計算されて作られています。その適温の範囲から大幅に外れると動作不良が起きたり、エンジンがダメージを受けたりすることがあります。できるだけ適温に保ちたいので、エンジン始動時は迅速に温度を上げ、温度がある程度上がったらその温度を維持する必要があります。

冷却水の経路とサーモスタットについて

冷却水は大まかにいえばエンジンとラジエーターの間を循環しています。エンジンで発生した熱を受け取ってラジエーターに行き、そこで熱を逃がし冷えた状態でエンジンに帰っていきます。これの繰り返しでエンジンを冷却していますが、エンジン始動直後は早く温度を上げたいのでラジエーターに冷却水を回したくありません。そこでサーモスタットが重要な役割を担います。エンジンが冷えている状態ではラジエーターに向かう冷却水をせき止め、エンジン周辺のみで循環させて素早く温度をあげ、十分に温度が上がったら冷却水をラジエーターに通して冷却をはじめエンジン温度を一定に保ちます。これが大まかなエンジン冷却の仕組みです。

サーモスタット故障による不具合


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら