中古ステーションワゴンのおすすめ5選|おすすめする理由もご紹介

ステーションワゴンは居住性が高く荷物がたくさん積めるのが魅力です。中古車で購入しようと思っても、何を選んだらいいのか困ってしまいます。そこで今回はステーションワゴンの中古車のおすすめを紹介します。ステーションワゴンのメリットもまとめているので参考にしましょう。

ステーションワゴンとは

ステーションワゴンは、セダン車並みの居住性の高さに加え、たくさん荷物を積める広い荷室のある設計が特徴です。中古車購入を考えている方の中にも、ステーションワゴンを選択肢の1つとしている方も多いでしょう。ステーションワゴンは買い物など日常での使用はもちろん、長距離移動を伴う旅行にも快適で、メリットが豊富です。そのため国産車や外車を問わず、自動車メーカーからたくさんの車種が展開され、中古車市場でも人気のおすすめ車種となっています。

ステーションワゴンってどんなボディタイプ?

ステーションワゴンは、ボンネットや座席、トランクの3つが独立した4ドアセダン車をベースに、天井を後方に伸ばして、キャビンとトランクが同一空間になるようにつなげたタイプの車種を指します。ハッチバックドアで開閉する広いトランクルームに、セダン車並みの車高を持った車というのが一般的なイメージです。ワゴンと名がついていますが、ワンボックスとセダン車の特徴を併せ持つタイプの車種と言えます。

ステーションワゴンのボディサイズ

ステーションワゴンのボディタイプは、ワンボックスとセダンの中間の特徴を持つと分類できますが、サイズ的にはさらにもう少し細かく分類できるようです。コンパクトタイプ、ミドル、ラージサイズの3つに分けると特徴がわかりやすいでしょう。外見的な見た目は同じでも、サイズによって特徴やおすすめポイントが変わってきます。ステーションワゴンを選ぶときには、このサイズ面にもしっかり気を配っておきましょう。

コンパクトタイプ

コンパクトタイプは、ステーションワゴンのタイプでも、比較的小型のものを指し、小回りが利くサイズ感の車種です。また、車自体はコンパクトでも、荷物の積載能力や居住性の高さはそのままに、燃費も良いため幅広いニーズに対応できてセカンドカーとして選ばれる場合も多いサイズです。代表的な車種としてはホンダの「シャトル」が挙げられます。

ミドルサイズ

ミドルサイズは、コンパクトタイプよりも一回り大きいサイズです。居住性と荷物積載能力の両方を備えたステーションワゴンの実用性そのままに、排気量が多めのスポーツタイプなど、ドライバーのライフスタイルに合った車種が選べる点がおすすめとなっています。代表的な車種は、スポーツタイプならスバル「レヴォーグ」です。また燃費やエコの点では、トヨタのプリウスシリーズの1つ「プリウスα」がおすすめです。

Lサイズ

Lサイズはその名の通り、これまで紹介した2サイズよりも大型のステーションワゴンで、居住性や荷物積載能力は言うまでもなく、走行性能や走行時の安定感が高い点も特徴です。サイズが大きい分、コンパクトタイプのように街乗りに向かない場合もありますが、旅行やアウトドアなど、長距離走行をよく行うという方におすすめです。代表的な車種はトヨタ「アベンシスワゴン」やマツダ「アテンザワゴン」などが挙げられます。また、「アテンザワゴン」は、ステーションワゴンでは数少ないディーゼルエンジン採用の車種としても知られています。

ステーションワゴンをおすすめする理由

中古車市場でも人気の高いステーションワゴンは、ドライバー側にとってもメリットがたくさんある車種です。ステーションワゴンを選ぶことにはどのような利点があるのでしょうか。ここではステーションワゴンをおすすめする理由として5点のメリットを挙げてみます。

大人数でもOK!

セダンタイプがベースになっているステーションワゴンには、一般的な乗車人数は前列シート2人と後列シート3人の合計5人のものが多いです。車種によっては3列シートを採用しているタイプもあり、その場合はより人数が多い7、8人の乗車が可能なステーションワゴンもあります。トランクスペースの荷物積載能力が高いので、人数に合わせて荷物が増えても安心です。ファミリーや大人数での車移動が多い方にメリットが多い車種でもあります。

長距離運転や長尺物の積載に最適

ステーションワゴンは、Lサイズの車種だと自転車やサーフボード、スキー板などの長尺物を、そのまま車内に積み込んで走行できる荷物積載能力があります。また、居住性が高いステーションワゴンは、ドライブのストレスも少ないため、比較的長距離を走ることも多いレジャー目的の移動でも安心です。特にアウトドアやマリンスポーツが趣味の方にメリットの多いおすすめ車種です。

燃費が優秀

セダンタイプをベースにしているステーションワゴンは、ワンボックスカーやワゴン車に比べて燃費が良い車種が多いという点もおすすめポイントの1つです。車を乗車人数や荷物の積載能力で選ぶ場合、ステーションワゴンと競合するのはワンボックスカーやワゴン車、SUV車になるでしょう。その場合、車選びの決め手の一つになり得るものとしてやはり燃費は外せない要素です。大人数に対応し、荷物スペースもたっぷりのステーションワゴンは、燃費の点でも中古車市場で狙い目の車種の1つです。

ハイブリッドとの相性も抜群

ステーションワゴンは、元来の燃費の良さからハイブリッド仕様との相性が良いことも特徴です。近年はトヨタやホンダなどの国産メーカーからもハイブリッドのステーションワゴンが登場しています。これらのメーカーが製造するモデルは、経済的でありながら中古車市場にも数多く流れてきており、ステーションワゴンの購入を考えている方にとっては、非常におすすめのタイプとなっています。

通勤や買い物など毎日の走行にも

燃費が良いという点のメリットを改めて考えてみると、最大のおすすめポイントは、買い物での街乗りや通勤などにも使える経済性という点になるでしょう。燃費が悪い車を通勤で使うとすると、毎日の燃料費の積み重ねは決して軽視できない額になりますが、燃費の良いステーションワゴンなら経済的な負担も少なくできます。買い物での使用も、荷物スペースが広いステーションワゴンなら、大きなものや大量のものを買ったときも余裕をもって積み込めるのでおすすめです。

どうして中古がおすすめなの?

現在、国産のステーションワゴンはSUVやミニバンの人気に押され気味です。そのため、かつては人気だったものの、新車としてのモデルチェンジなしで姿を消してしまった車種が多数あります。ステーションワゴンの中古車がおすすめという理由としては、現状では中古車市場でないと入手できないような、かつての人気国産ステーションワゴンを購入できるということが挙げられます。

新車に比べて低価格

言うまでもなく中古車は、新車に比べて低価格で購入できます。国産のステーションワゴンは人気の面でSUVやミニバンに押され気味ですが、エンジンパワーがあり、ボディの剛性が高い海外メーカーのステーションワゴンは人気が衰えていません。中古車ならば、海外メーカーのモデルも新車で買うより安く入手できます。その点でもステーションワゴンを買いたい人にとっては、中古車という選択肢はおすすめです。

中古ステーションワゴンのおすすめ5選

それでは、テーションワゴンの中古車のおすすめ車種をチェックしていきましょう。狙い目のおすすめモデルを5つ紹介していきますので、ステーションワゴンを中古車で選ぶときの参考にしてください。

アウディ:A4アバント

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4_avant.html

A4アバントは、アウディのミドルサイズのステーションワゴンです。アウディならではの都会的でスタイリッシュな顔つきは、ステーションワゴンの中でも存在感たっぷりで、居住性や荷室の広さも申し分なしです。アウディ独自の四輪駆動システム「クワトロ」を搭載したグレードなら、悪路や雪道走行時の安定性も抜群です。外車ですが、走行距離が長いモデルは価格も低くなっていることが多いでしょう。中古車として検討の価値は十分あるおすすめ車種です。

スバル:レヴォーグ

https://www.subaru.jp/levorg/levorg/

レヴォーグは、扱いやすいミドルサイズのボディに、低振動と低重心を両立した高度なエンジンを搭載しています。スバル独自のAWDシステムの採用で、加速性能に優れたスポーティな走りだけでなく、悪路や悪天候時でも抜群の走行安定性を発揮します。前方からの衝突を予防する自動ブレーキ「アイサイト」も搭載し、安全面にも配慮されたおすすめステーションワゴンです。

マツダ:アテンザワゴン

https://www.mazda.co.jp/cars/mazda6/

アテンザワゴンは、高級感のある美しいデザインはそのままに、スポーティなイメージも併せ持つ人気ステーションワゴンです。運転席は、長距離走行でのストレスを軽減させる設計になっています。街乗りから高速道路の運転まで安定性の高い走行性能が持ち味です。グレードによっては、悪路や雪道走行も安心な4輪駆動タイプもあり、中古市場でも高い人気を誇っています。

トヨタ:カローラフィールダー

https://toyota.jp/corollafielder/

カローラフィールダーは、コンパクトなボディに広いトランクスペースというステーションワゴンの基本を押さえた、誰にでも扱いやすいベーシックな車種です。買い物や通勤などの日常使用から、長距離移動やアウトドアのようなハードな乗り回しまで対応したオールラウンドな一台として中古車でも人気があります。万一の衝突事故のリスクを軽減させる自動ブレーキも装備しています。

日産:ウイングロード

http://history.nissan.co.jp/WINGROAD/Y12/0511/index.html

日産のウィングロードは、スポーティーなデザインですが運転しやすく、室内もトランクルームも十分な広さがある実用性の高い車種です。中古市場でもかなり価格が抑え目なモデルの多い車種で、アウトドアやドライブ中にちょっとした休憩もできる広々とした車内空間がおすすめです。

ステーションワゴンが向いているタイプの人は?

ステーションワゴンは、セダン車並みの乗り心地の良さや荷物積載量の高さ、街乗りからスポーティな走りまで対応できる能力などメリットやおすすめポイントが多い車種です。その点を考慮すると、ステーションワゴンは居住性の高さと荷物積載や走行性能といった性能とのバランスを重視したい人に向いた車種と言えるでしょう。中古車からステーションワゴンを選ぶ際は、車のスペックをよく見て、自分の使用シーンにしっかり合ったモデルを選ぶようにしましょう。

中古のステーションワゴンで快適なドライブを楽しもう

ステーションワゴンの中古車のおすすめモデルを紹介しました。実用性の高さだけでなく、走りの楽しさも味わえるのがステーションワゴンのおすすめポイントです。現行モデルからかつての人気車種まで、現在も中古車市場にはさまざまなメーカーのステーションワゴンが売りに出されています。みなさんも機会があれば、ステーションワゴンで快適なドライブを楽しんでみてください。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら