apple carplayとandroid autoのメリットは?後付けはできる?

最近搭載する車が増えてきているandroid autoとapple carplay。よく聞く名前であり、車の快適装備としてカタログに書いてあることが多いですが、何が良いのかまでは詳しく書いてありません。一体どんなメリットがあるのでしょうか。また、その2つに違いはあるのでしょうか。そこで今回は最近の車のトレンドでもあるandroid autoとapple carplayについてお話してきます。

android autoとapple carplayって?

まずはandroid autoとapple carplayがどういったものなのかについて、その仕組みを説明していきます。

スマホのアプリ

基本的にはこの2つはスマホのナビアプリとしてリリースされています。そのため、使う際はあらかじめスマホにアプリをダウンロードしておく必要があります。そして車を運転する際、カーナビの画面にスマホの画面を表示するというのがこのandroid autoとapple carplayの根本的な仕組みになります。しかし、ただ写すだけだとナビは当然スマホの画面とは大きさもできることも違いますし、スマホのようにアプリがたくさん並べられていても運転中はどれがどれだかわからなくなってしまいます。そのため、デザインも機能も見やすく変えて、車に適すように作られたのがandroid autoとapple carplayなのです。色々と車に向けて変更されているため、スマホの中のアプリをそのまま使えるということはありませんが、従来のカーナビと比べればできることはかなり多彩になっています。

android autoとapple carplayの違い

どちらも基本的には同じ目的を元に作られたシステムなので基本的な構造については両者とも全く同じと言っても差し支えないです。しかし、もちろん違いはあります。まず、apple carplayとandroid autoはそれぞれ(iphoneとandroid)のOSを想定して開発されているため、apple carplayをandroidのスマホに接続したりandroid autoをiphoneに接続したりということはできません。また、使うアプリもそれぞれ変わってきます。運転中に聴く音楽アプリを比べると、androidはgoogle play musicを使うのに対し、appleはapple musicを使うので音楽の面に関しては楽曲数も機能も優秀なapple carplayが有利になりますが、android autoの方が使えるアプリが豊富というようにそれぞれの長所は変わってきます。

両者のメリット

それではここからはナビをandroid autoとapple carplayに変えることによってどんなメリットがあるのかお話してきます。

地図の更新が不要

まず、一番ありがたい機能と言っても過言ではないのがナビで使う地図の更新が不要ということ。備え付けのナビでは年度が経つごとにお金を払って地図を更新しないと、載っている道が古くなってしまいます。それに比べて、android autoとapple carplayでは基本的にはスマホのマップを写しているだけのため、インターネットに繋がっている状態であり、自動で最新の地図が使い続けられます。スマホの通信量はかかりますが更新するよりよっぽど良いです。

価格が安くなる

次に価格が安くなるということ。先ほども話しましたが、基本的にスマホのマップを写しているだけのため、マップを搭載する手間もありませんし、何か音楽を再生できる機能をつける必要もないため、価格も安くなります。市販のナビを見てみると、一般的なナビに比べて価格は1〜2万円ほど安くなっています。

音声で操作ができる

運転中にナビの操作をしたい時に非常に便利な機能の音声で操作ができます。もともと両者ともに、運転中のよそ見による交通事故を減らそうと音声で操作をできるナビを開発しようとしてできたシステムのため、apple carplayはsiri、android autoはgoogle assistantにしっかりと対応しています。そのため、ナビだけでなく、電話をかけたり、メッセージを送ったりということも音声だけで操作可能です。運転中に音声で様々な操作ができると、一人で出かける時が非常に楽になりますね。

後付けはできる?

そんなandroid autoとapple carplayですが、後付けは可能なのでしょうか。

後付けは可能

まず、後付けは可能なのですが、今現在車に付いているナビに新しく機能をつけるということはできません。新しい技術のため昔のナビでは対応していないからです。そのため、後付けするには社外品のandroid autoとapple carplay対応のナビを買う必要がありますが、一般的なナビに比べると価格は安いため、そこまでハードルは高くないでしょう。7インチですと3万円〜4万円ほどの機種がいくつもあります。交換もDIYで3時間あればできるので、価格を抑えたいという方は自分で交換してみるのもありです。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら