apple carplayとandroid autoのメリットは?後付けはできる?

最近搭載する車が増えてきているandroid autoとapple carplay。よく聞く名前であり、車の快適装備としてカタログに書いてあることが多いですが、何が良いのかまでは詳しく書いてありません。一体どんなメリットがあるのでしょうか。また、その2つに違いはあるのでしょうか。そこで今回は最近の車のトレンドでもあるandroid autoとapple carplayについてお話してきます。

android autoとapple carplayって?

まずはandroid autoとapple carplayがどういったものなのかについて、その仕組みを説明していきます。

スマホのアプリ

基本的にはこの2つはスマホのナビアプリとしてリリースされています。そのため、使う際はあらかじめスマホにアプリをダウンロードしておく必要があります。そして車を運転する際、カーナビの画面にスマホの画面を表示するというのがこのandroid autoとapple carplayの根本的な仕組みになります。しかし、ただ写すだけだとナビは当然スマホの画面とは大きさもできることも違いますし、スマホのようにアプリがたくさん並べられていても運転中はどれがどれだかわからなくなってしまいます。そのため、デザインも機能も見やすく変えて、車に適すように作られたのがandroid autoとapple carplayなのです。色々と車に向けて変更されているため、スマホの中のアプリをそのまま使えるということはありませんが、従来のカーナビと比べればできることはかなり多彩になっています。

android autoとapple carplayの違い

どちらも基本的には同じ目的を元に作られたシステムなので基本的な構造については両者とも全く同じと言っても差し支えないです。しかし、もちろん違いはあります。まず、apple carplayとandroid autoはそれぞれ(iphoneとandroid)のOSを想定して開発されているため、apple carplayをandroidのスマホに接続したりandroid autoをiphoneに接続したりということはできません。また、使うアプリもそれぞれ変わってきます。運転中に聴く音楽アプリを比べると、androidはgoogle play musicを使うのに対し、appleはapple musicを使うので音楽の面に関しては楽曲数も機能も優秀なapple carplayが有利になりますが、android autoの方が使えるアプリが豊富というようにそれぞれの長所は変わってきます。

両者のメリット

それではここからはナビをandroid autoとapple carplayに変えることによってどんなメリットがあるのかお話してきます。

地図の更新が不要


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら