渋滞で早く進むにはどこの車線を走れば良い?|裏技5つと回避方法

クルマを運転していると、交通渋滞を苦痛に感じたことがある人は多いでしょう。特に、週末や長期休みといった時期はクルマの交通量も多く、普段運転しない方も家族や友達とクルマを使って移動するため、事故が起こりやすく渋滞も発生しやすい状況となります。しかし、交通渋滞は突発的に発生するもので急いでいるときなど、時間に余裕のないときはイライラしてしまいます。そのため、できるだけ他の車よりも先へ行きたいと思い車線変更をしたものの、結局自分がもとにいた車線に抜かされてしまい悔しい思いをした人は多いことでしょう。

今回は、そのような交通渋滞での悩みを解決するため、渋滞でも早く進む方法とどこの車線を走るのが最も良いかを紹介します。

※追越車線を走り続けると「通行帯違反」になる場合があります。

高速道路の渋滞

渋滞が発生する理由

そもそも高速道路の渋滞はなぜ発生するのでしょうか?交通渋滞が発生する要因は、交通事故による通行止めや車間距離の空けすぎ、下り坂でのアクセルワークの影響など複数存在しますが、基本的には走行車線から追い越し車線へクルマが車線変更を行い、追い越し車線が詰まりクルマが次々にブレーキを踏むことによって生じるとされています。そのため、いろいろなサイトやテレビ番組では「高速道路で渋滞が発生したら、左側車線を走るとスムーズに進める」と紹介しています。これは、渋滞が始まる追い越し車線ではなく、走行車線を走ることでクルマの詰まりを解消できるためです。

左側車線が一番進むは正しくない

先程いろいろなサイトやテレビ番組では、「高速道路で渋滞が発生したら、左側車線を走るのがよい」と紹介されていると述べましたが、現代の交通渋滞では単純に左車線が速いとは言いきれません。なぜならば、現代社会の人はインターネットと常につながっているため、的確な情報をいつでも確認できるためです。そのため、たまに運転する人や運転初心者期間の若年層以外、ほとんどの人が左車線の方が早く進むと理解している環境では、ほとんどのドライバーが左側車線に入り込むため、左側車線を走行しても追い越し車線を走行しても大差はありません。つまり、左側車線が一番進むという常識は通じなくなっています。それでは、今後はどのように渋滞を乗り切ればよいのでしょうか?渋滞中は、走行車線をむやみに変えてもあまり影響が出ないということは、普段運転している方ならば理解できます。しかし、一つの答えとして時間帯にあわせて走行する車線を変更する方法があります。

高速道路の渋滞で走るべき車線は?

時間帯にあわせて走行する車線を変更する方法について詳しく紹介します。

休日期間の午前

休日期間の午前は遠出するクルマが多く都内から郊外へ出発するクルマがほとんどなので、渋滞中であってもインターチェンジから多くの車が高速道路に入ります。基本的に左側に合流車線が設けられている高速道路の性質を踏まえると、左側車線でも渋滞は避けられないでしょう。つまり、休日期間の午前は左側車線が早く進むという考え方に合いません。そのため、カーナビで合流地点をあらかじめ把握しインターチェンジの合流が近くなったら、右側の追い越し車線にうつり、合流地点で発生するクルマの混雑に巻き込まれないようにしましょう。また、渋滞情報によると休日の朝9時以降はクルマの流入が多いため、可能ならばなるべく早めに出発することをおすすめします。

休日期間の午後

休日期間の午後は多くのクルマが自宅への帰り道で、郊外から都内へ向かうクルマがほとんどとなります。そのため、夜7〜9時をピークに帰宅する時間が遅ければ遅いほど、高速道路はクルマで溢れかえっています。ただし、ほとんどのクルマが自宅に向かっているため渋滞途中のインターチェンジで降りる可能性が高くなります。つまり、高速道路の下り口は基本的に左側に設置されているため、左側車線は車の台数が徐々に減ると予想されます。よって、午前と同じようにカーナビで高速道路の出口を事前に把握しておき、出口付近では左側車線を走行するように心がけましょう。ただし、首都高速道路のように右側に出口や分岐が多くある高速道路は例外となるため注意が必要です。

【状況別】渋滞でも早く目的地に着く裏技5選

裏技①:車線減少のときは割り込み車線へ

渋滞でも早く目的地に着く裏技として、車線減少のときは割り込み車線へ入ることがあげられます。
高速道路で車線減少となるのは道路の作りや交通事故、高速道路の工事が原因で、500mほど手前から車線減少の掲示があります。ほとんどの車は、その掲示を見るとすぐに指定された車線に車線変更をします。このような場合、割り込まれる側の車線よりも割り込む側の車線の方が流れが速くなります。
交互に割り込みが行われるのが理想でありこの場合であれば、両車線とも進む速度は一定となります。しかし、実際には割り込む側のクルマが強引に進路に進入すれば割り込まれる側の車線を走行しているクルマは、止まらざるを得ません。そのため、渋滞時では色々な場所で好き勝手に割り込みが行われるので、結果として割り込む台数の方が多くなります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら