中古車でよく聞くターボチャージャーとスーパーチャージャーの違いは?

中古車を検索しているとよく出てくるターボチャージャーとスーパーチャージャーの違いをきちんと把握しているだろうか?なんとなく知ってるつもりでもこの際きちんと勉強して知ったかぶりから脱却しよう。エンジンのダウンサイジングがトレンドとなっており、エンジンのパワーを補っているのが過給器である。過給器にもターボチャージャーとスーパーチャージャーの2種があるので、ここではそれぞれの違いについて紹介しよう。

ターボチャージャー

ターボチャージャーとは排気マニホールド側に排気の流速で回るタービンを設け、同軸上に吸入空気を圧縮するコンプレッサーを設置。カタツムリ形のハウジングの中に回転軸を同じくする一対の風車のようなベーンが入っている。小さいほうは排気の流速で回転するタービン、大きい方はタービンの回転軸に回されるコンプレッサーで、吸入空気を圧縮する。圧縮された吸入空気は大気圧以上となり、高い酸素濃度を実現し、エンジン出力がアップする。

スーパーチャージャー

スーパーチャージャーは空気を圧縮するコンプレッサーがエンジンサイドに設けられている。コンプレッサーの駆動源はクランクシャフト。ベルトによってその回転が伝えられ、吸入空気を圧縮する。圧縮され高温になった空気はインタークーラーで冷却される。ガソリンエンジンもディーゼルエンジンも空気と燃料を適切な値で混合し、それを燃焼させてクランクシャフトを回すエネルギーを取り出している。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら