スズキセーフティサポートとは?機能11選とおすすめの導入車種も紹介!

皆さんは、「スズキセーフティサポート」をご存知でしょうか。この記事ではスズキのセーフティサポートが搭載されている安全機能11選や、おすすめのスズキセーフティサポートカーなどをご紹介していきます。ぜひ参考にして、安全で快適なドライブを楽しみましょう。

スズキセーフティサポートとは

「スズキセーフティサポート」とは、スズキ株式会社が自社の自動車に搭載している「先進安全技術」の総称です。一般的に、「セーフティサポート」は運転を支援するさまざまな先進安全技術を指し、このセーフティサポートを搭載した車は「セーフティサポートカー(通称サポカー)」と呼ばれます。事故そのものを未然に防ぐことが目的となっており、経済産業省や国土交通省などが現在、普及を推進していることでも注目されています。

スズキセーフティサポートの機能11選

「セーフティサポート」と一口に言っても、その機能はさまざまです。スズキセーフティサポートには、事故を未然に防ぐさまざまな安全技術があります。この安全技術がドライバーの運転を支援し、ドライバーの安全と車に乗る楽しさを支えています。以下に、スズキセーフティサポートの機能11選をご紹介します。セーフティサポートカーに興味がある方は、搭載されている安全技術について詳しく知っておきましょう。

機能1:全方位モニター用カメラ

スズキセーフティサポートの「全方位モニター用カメラ」は、見えない場所を映し出して運転をサポートするシステムです。全方位モニター用カメラは、セーフティサポートカーの前後左右に4つ設置されており、車を真上から見たような映像を映しだすことが可能です。普通であれば死角になるような場所でもカメラで見えるようになるため、ドライバーの安全運転をサポートします。

機能2:ブレーキサポート

スズキセーフティサポートの「ブレーキサポート」は、「衝突の回避」をサポートするシステムです。スズキのブレーキサポートは、後退時ブレーキサポートを除くと、デュアルセンサーブレーキサポート、デュアルカメラブレーキサポート、レーダーブレーキサポート、レーダーブレーキサポートⅡの4種類があります。それぞれセンサーやカメラ、ミリ波レーダーなどシステムは異なりますが、歩行者や車を検知して衝突被害を軽減します。

機能3:後退時ブレーキサポート

スズキセーフティサポートの「後退時ブレーキサポート」は、バックの際にも自動でブレーキが作動するシステムです。スズキのブレーキサポートには、後退時の衝突を回避するための安全システムもあり、超音波センサーによって3m以内にある障害物を検知してくれます。具体的には、障害物との距離によって4段階のブザー音で接近を通知し、さらに衝突の可能性が高まると自動でブレーキが作動します。

機能4:ハイビームアシスト

スズキセーフティサポートの「ハイビームアシスト」は、夜道の見やすさをサポートするシステムです。ヘッドランプのハイビームとロービームの切り替えを自動でアシストするシステムで、30km/h以上で走行中に前方や対向に車がいる場合や、明るい場所で自動的にロービームに切り替わります。また、前方に走行している車が無くなれば自動でハイビームになるため、ドライバーの手で切り換える必要がありません。

機能5:先行車発進お知らせ機能

スズキセーフティサポートの「先行車発進お知らせ機能」は、停車時の車間距離を計ってスムーズに発進できるサポートシステムです。停車している際、前方の車が発進して数メートル以上離れると、ブザー音とメーター表示で通知してくれます。先行車の発進をお知らせしてくれるため、ドライバーが他のことに気を取られていても出遅れる心配がありません。

機能6:アダプティブクルーズコントロール

スズキセーフティサポートの「アダプティブクルーズコントロール」は、走行中の車間距離の確保をサポートするシステムです。ドライバーがスピードを調整して車間距離を保たなくても、車が自動で先行車に追従することで適切な車間距離が保てます。もちろん先行車の停止にも追従するため、高速道路の走行や長距離運転時での疲労が軽減されます。

機能7:標識認識機能

スズキセーフティサポートの「標識認識機能」は、標識の見逃し防止をサポートするシステムです。たとえば、はじめて通る道や交差点などで標識を見逃しそうになることがありますが、このシステムでは標識を検知してヘッドアップディスプレイなどに標識マークを表示してくれるため、標識の見逃しを防止してくれます。

機能8:ブラインドスポットモニター

スズキセーフティサポートの「ブラインドスポットモニター」は、車線変更時の側方確認をサポートするシステムです。車線変更時に背後から近づいている車があった場合、インジケーターが点滅します。また、斜め後方から近づく車に気づかずにウィンカーを操作すると、インジケーターだけでなくブザー音で通知してくれるため、不意の接触事故を防止します。

機能9:ヘッドアップディスプレイ


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら