自動車専用道路・高速道路・自動車道の違いは?自転車や原付で誤って入ってしまった時の対処法

高速道路というのはもちろん皆さん知っているものだと思いますが、同じようなものでよく耳にする自動車専用道路や自動車道というものはどういった道路なのか知っているでしょうか。地図を見てみても自動車道と書いてあったり高速と書いてあったりと違いを知らないと制限速度の違いもわからなかったりします。そこで今回は、一度教習所で習っていても意外と忘れてしまっている高速道路と自動車専用道路、自動車道の違いについてお話していきます。

実は少ない高速道路と付く道路

4路線だけ

実は、そもそも高速道路と付く道路は少なく全国で4つしかありません。東名高速道路・新東名高速道路・名神高速道路・新名神高速道路です。では私たちが高速道路だと思っている他の道路にはどういった名前が付いているのかと言うと、ほとんどが〜自動車道と付いています。関越自動車道や東北自動車道など聞き馴染みのある言葉が多いのではないでしょうか。しかし、注意しなければならないのはこの自動車道という言葉は何も高速道路だけを表す言葉ではないことです。自動車道は、高速道路と自動車専用道路の二つの道路を表す言葉です。そのため、自動車道と書いてある場合は高速道路か自動車専用道路の二つの可能性があります。次にこの二つの違いについてお話していきます。

高速道路と自動車専用道路の違い

目的と最高速度が違う

高速道路と自動車専用道路には実は意外と大きな違いがあります。それは最高速度と作られた場所や目的の違いです。どちらも有料道路と言うことには変わりませんが、逆に言うとそれ以外はほぼ変わってきます。

目的の違い

作られた目的が高速道路と自動車専用道路では変わってきます。高速道路というのは全国的な交通を可能にするために作られた全国を結ぶネットワークです。東名高速や東北自動車道などは全国を結ぶほど長いので高速道路と言えますね。一方の自動車専用道路は地域別に交通量が多いところや流れが悪いところを解消するために作られた道路です。具体的に言いますと首都高速や東海環状道などは地域的なネットワークを構成する道路となっているので自動車専用道路となっています。

最高速度の違い

次に最高速度の違いです。この違いは運転する上で気をつけないと大きな事故に繋がってしまいますから、覚えておきたい違いです。高速道路では時速100kmまでと言うのは多くの人が知っていることだと思いますが、自動車専用道路では基本的に一般道路と同じで時速60kmまでとなっています。首都高なども法廷速度は時速50kmまでと高速としてはかなり遅くなっています。首都高について詳しいことはこちらの記事に書いてあるので是非ご覧ください。

【高速道路なのに】首都高の法定速度50km/hって遅すぎない⁈理由は?

また、最低速度も違っていて、高速道路は時速50km未満の速度では逆に危険になってしまうので走ってはいけません。しかし、自動車専用道路では特に最低速度は設けられていないという違いがあります。

因みに…自転車や原付で間違えて入ってしまった場合は?

最後に少し本題とは逸れてしまいますが、意外と最近多いのが自転車や原付で自動車専用道路に進入してしまうケース。間違えて進入してしまったことによる死亡事故も起こっています。多くの場合は地図アプリの誘導通りに走ったらいつの間にか入ってしまったケースやうっかり標識を見落としていて、気づいた時には遅かったというケースが多いようです。では、こういった事になってしまった場合、どう対処するのが良いのでしょうか。

まず路肩に止まる

まず第一に他の車の妨げにならない路肩に止まることが何よりも大切です。自動車専用道路は多くの場合、制限速度が設けられているものの、一般路道路よりも高い速度で車が走行しています。速度の遅い自転車や原付がそのまま走っているのは大変危険です。間違えて入ってしまったと思ったらすぐに路肩へ止めましょう。

警察へ電話

路肩へ止めたら、次に警察へ電話です。自動車専用道路はもちろん自動車しか走ってはいけないので自動車以外で走行してしまうのは違反となります。間違えて入ってしまったら正直にその旨を警察に報告しましょう。その後警察が出口まで誘導をしてくれます。

反則金を払う

大半の場合は通行禁止違反となり、一方通行の道を逆行してしまった時と同じように2点の減点と6,000円の反則金となります。そして、反則金をきちんと支払って終わりです。中には罠かと思うほどわかりにくい自動車専用道路もあるので原付や自転車に乗る時は標識に注意して走行するようにしましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら