スタッドレスタイヤの選び方 | 降雪量・価格・性能から各社を比較【レンタルってどう?】

こんにちは。最近一気に寒くなり北海道ではすでに氷点下に達した場所もあるそうです。

東北でも初雪を観測するなど冬本番の天候の中、今回の記事では「スタッドレスタイヤ」の選び方について紹介します。

この記事では、雪の降雪量で比較して、どんなスタッドレスタイヤを購入するべきかを紹介します。

早めの準備をすることで、急な天候変化にも対応できるのと同時に、今の時期であれば割とすぐにスタッドレスに変更することもできるでしょう。本格的に雪が降り始めてからでは、待ち時間などが長くなります。

豪雪地

北海道や日本海側の雪が多い地帯で購入するべきスタッドレスタイヤはこの2つのタイヤではないでしょうか?

BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2

この動画を見れば分かる通り、車が動き始めてから路面から「シャリシャリ」といった音が出ているのが分かるでしょうか?

この音が実際にタイヤがきちんと雪や氷の上でもグリップしている証拠なのです。

きちんと車がグリップしているということは、急制動の時や、通常のブレーキの時も短い距離で車を停車できるということです。

またコーナーを曲がる際も、ハンドルも回した分だけきちんと車体が曲がっていくという基本的な動作をこなせるという力があるということです。

ただ、後述する海外メーカーのスタッドレスよりも、乾燥路でのドライビングには若干やわらかすぎると感じる部分があり、雪への強さを一番に作られたタイヤであることを実感しました。

また、他のスタッドレスタイヤと比較すると若干値段が高く、性能に裏付けられた価格設定になっていると感じました。

 

YOKOHAMA iceGUARD 6

 

こちらも豪雪地に適した設定がされているスタッドレスタイヤの一つです。最近まではスタッドレスタイヤというとBLIZZAKのイメージが大きかったですがヨコハマタイヤのアイスガードもスタッドレスタイヤに力を入れています。

BLIZZAKよりも若干価格が安く設定されている点も好印象です。雪上での性能もBLIZZAK並によく静音性も高くなっています。寿命が長いと謳われておりロングライフが期待できる製品でもあります。

豪雪地以外の降雪地

DUNLOP WINTER MAXX01

 

ダンロップが発売するウィンターマックスの最大の利点は、ライフ性能が長いことです。

ノーマルタイヤと比較して摩耗しやすいのがスタッドレスタイヤの欠点ですが、ウィンターマックスは雪上性能を担保した上で、ロングランが見込めるというユーザーとして非常に助かるスタッドレスタイヤとなっています。

これまでのダンロップ製のスタッドレスタイヤと比較して1.5倍のライフ性能を持つなど、豪雪地以外で一定の性能で長く使いたいと感じている方にはぴったりなスタッドレスタイヤです。

ピレリ ICE ASIMMETRICO PLUS

 

日本ではあまり馴染みがない「ピレリ」ですが、輸入車には良く標準搭載されておりF1の公式スポンサーでもある世界的なタイヤメーカーです。

そんなピレリが雪の多い日本のために作ったスタッドレスタイヤが「ピレリ アシンメトリコ」です。実際にピレリの本拠地のイタリアだけでなく、北海道の豪雪地でもテストをされ作られた日本向けのタイヤになります。

「アシンメトリコ プラス」では柔軟なトレッドコンパウンドの持続性が高まり、スタッドレスタイヤに求められるトータルバランスがさらに向上しています。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら