メルセデスベンツが2022年までに電気自動車を10台発表!

メルセデスベンツが目指す電気自動車の未来とは

メルセデスベンツはテスラの電気自動車販売台数1位の座をEQブランドによって奪いたいと考えています。

昨年ベンツは2018年から2024年の間にSUV2台とセダン2台の4モデルを発表すると公表しました。

しかしAutomotive Newsによるとメルセデスベンツは2022年までに10台の電気自動車を発売をする為に、約11億円を電気自動車の研究に投入する予定だという事です。

メルセデス・ベンツが自動車業界の構図を塗り替えるか!?

メルセデスベンツは電気自動車のシェアを多く獲得して電気自動車マーケットのリーダーになりたいと考えています。

そして現在の自動車業界の構図を変える為に、電気化をして今までとは全く違った形の自動車業界にしたいと考えていますとManfred Bischoffは話していました。

さらに電気自動車を牽引して行ける様になれば、今まであったディーゼルエンジンの様々な問題も同時に解決出来ると思っていますと話していました。

メルセデス・ベンツのこれからはガソリン、ディーゼルよりEV

現在政府からの排ガス規制が厳しくなってきており、メルセデスベンツはガソリン車への研究よりも電気自動車のさらなる発展が必要と考えています。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら