【レクサスGS】気になる中古車の値引き情報・価格情報について

レクサスGSは販売台数も一定数確保でき、車両本体価格も高めであるため、メーカーにとってもうまみのあるモデルです。各メーカーは、開発にしのぎを削り、比較的安価な価格となっています。今回は、レクサスGSの新車・中古車の価格について紹介していきます。


レクサス GS の特徴

レクサス gs の特徴①

トヨタ自動車が展開する高級ブランドの中の「レクサスgs」はLSに次ぐ大型セダンとして、そのポジションを確立しています。
元々、日本販売の「トヨタ・アリスト」の北米モデルとして発売され、その当時の人気を引き継いで、レクサスブランドに転向しました。
トヨタブランドとは別の分類の「レクサスブランド」として存在し、世界販売を展開する大型モデルのgsは新車価格が高額であるため、中古車としての人気が高いです。

レクサス gs の特徴②

レクサスgsの中古車を見てみると大型セダンということと、ラグジュアリーカーであるため、中古車の購入者が40代から50代が多く、とくに走行距離の少ない車は中高年層の購入が多いです。
人気があるのは白や黒のカラーで、サンルーフなどのオプションが搭載された車の人気が高い傾向が見られます。
現行モデルを中古車で購入する人は、比較的価格帯の高い程度の良い車両を購入する傾向が高く、正規販売店で取り扱われるレクサス認定中古車の人気が高いです。

レクサス gs の特徴③

レクサスgsのモデルは現行モデルで2代目となりますが、レクサス誕生は国内よりも海外で先行していたため、全身モデルのトヨタ・アリストがすでに北米市場でレクサスとして販売されており、2代目アリストが厳密に言えばレクサスgs として存在し、日本に逆輸入モデルとして流通しています。
当時、アリストが日本で爆発的な人気であったため、現在でも中古市場で若者を中心に高値で流通しており、年式の古いモデルの場合、エアロカスタマイズがされており、タイヤホイールなどが変更されてサスペンションなども改造されていることが多く、高値で流通しています。
 

レクサス gs の歴代モデル

レクサス gs の歴代モデル①

レクサスブランドが日本で誕生して初めてのモデルはレクサス通算3代目モデルで2005年に発売したS19型です。
どこか2代目のS16の雰囲気を残しながらしなやかな曲線のボディライン、フロントマスクはヘッドライトに4灯を採用しながらも先代よりややシャープなデザインに仕上がっています。
2006年に追加モデルとしてハイブリッドが発売され、世界初のFRでのハイブリッドに注文が殺到、もちろんこのモデルの中古車の人気も高まりました。

レクサス gs の歴代モデル②

現行モデルのレクサスgs4代目はL1型で、2012年に7年の歳月を経てフルモデルチェンジしました。
発売からすでに5年が経過しており今だ衰えぬその人気ですが、中古市場に現行モデル中古車として流通しています。
国内レクサスモデルとして初のモデルチェンジで、デザインが大幅刷新されたことで、人気も高いです。
レクサス共通のスピンドルグリルが迫力を出し、スポーツモデル「F SPORT」の人気が高いです。

中古車価格について

レクサス gs の歴代モデル①

レクサスの中古モデルとしていまだ人気の初代S19型ですが、中古市場では価格に開きがありますが、純正ノーマル仕様で走行距離が高い車両の場合、比較的価格が低く流通しています。
大排気量で10年を超過している車両の場合、市場人気が低いため、比較的低推移ですが、エアロパーツでカスタマイズされていたり、大径タイヤホイールなどに変更してある車両の場合、カスタマイズ費用が上乗せされており、意外な高値で流通していますが、若者を中心に購入者が多いです。

レクサス gs の歴代モデル②

現行モデルのレクサスgs4代目はL1型の場合、中古車の価格は後期モデルの人気が高く、程度の良好で走行距離の少ない車両は高額な価格体での相場を形成しています。
このモデルはフロントマスクが精悍で、スピンドルグリルが大型化されています。
特別モデルの場合、5万キロ走行でも中古価格600万円以上で流通することもあります。
2015年に後期モデルとしてマイナーチェンジしており、純正エアロ以外のパーツが少ないため、市場流通する中古モデルで販売店でエアロカスタマイズが施された車両は少ないです。

4代目モデルがおすすめ!

おすすめモデルの燃費

中古モデルとしておすすめなのがgs4代目L1型マイナーチェンジ後の後期モデルです。
この車の燃費性能は排気量によっても異なりますが、2500ccモデルで街乗り1リッターあたり8~9キロ程度、3500ccモデルで1リッターあたり7キロ程度という感じです。
ハイブリッドモデルの場合、街乗り1リッターあたり10キロから11キロ程度です。
このクラスの大型セダンにしては比較的燃費が良いです。

おすすめモデルの維持費

維持費に関してはガソリン車で燃料費の負担は多少変わるものの、それほど大差がないですが、ハイブリッドの場合、高速走行を含めると燃料費の負担は多少差が開きます。
また、ハイブリッドモデルの場合優遇税制となっているので税金面でも負担が軽減されます。
大型排気量のガソリン車の場合、オイル交換や燃料費、税金が大きくなるのである程度の維持費は考えておいた方が良いでしょう。

 

現行モデルについていてほしいオプション

オススメオプション①

バックモニターは一般的になってきたのですが、サイドモニターやコーナーリングモニターが搭載された車両が少なく、ライバル社の高級モデルの場合、全方向を監視してバックの際の障害物を監視し、車両を空中から監視しているように見えるので安全に車庫入れなどが出来ることから、現行モデルにも全方位モニターが搭載されていると良いです。
最高級モデルとしてクラス最高の安全性能を搭載してもらいたいものです。

オススメオプション②

高級モデル出る証としてハンドルヒーターやシートヒーターが設定されていますが、欧米の高級車に搭載されている装備としてシートクーラーがあり、シートヒーター単独であるため、シートクーラーの装備が欲しいです。
シートの革張り面がパンチングされており、シート穴から冷風が送られ、夏場でも快適な運転が可能となります。
革シートの場合、夏場に高温になるため、シートクーラーがあれば背中に汗をかかないので、オプションとしてぜひとも欲しい装備の一つです。

 

車の乗り換えを検討中の方必見!



楽に早くは当たり前。

Ancarのおまかせ出品ならどこよりも高く。

クルマをAncarのガレージに預けて、買取保証金(買取店と同水準以上)と高く売れた分の金額を受け取るだけの新たな出品方法です。

出品のための面倒な撮影や相手とのやり取りはAncarにおまかせできます。

「Ancar」があるからこそ価値が付く仕組み

私たちはAncarと言う、個人間の「売る」と「買う」のマッチングサービスを提供しております。 買い取りのみで利益を出す必要がないため、どこよりも高く売ることができます。

おまかせ出品を使えば「必ず高く売れる成功体験」ができます。

実際にご利用頂いたお客様の声

「60万円も高く売れた成功体験」K.T様



K.T様のコメント:憧れの車への乗り換えを検討し、車を査定。しかし査定額は170万円。 乗り換えを諦めていた時Ancarのおまかせ出品を知りました。

おまかせ出品を使った結果230万円で売却、最初の査定より60万円も高く売く売ることができました。今では憧れだった車に乗り換え最高のカーライフを送っています。 「高く売って乗り換える」。新しい車所有のカタチを体感できるサービスでした。

まず簡単査定!

お問い合わせいただいた内容を元に、スタッフが査定させて頂きます。ぜひお気軽にお問い合わせ下さい! 買い取り価格を知りたい方はこちら!

サービス詳細や、お問い合わせ後の詳しい流れについてはこちらをご参照下さい。

手洗い洗車のサブスクリプションサービス事前登録受付中!



通うことで愛車を常に綺麗に保つ

愛車への悩みを解決する手洗い洗車のサブスクが始まります!



事前登録、詳しい内容はこちら↓

洗車サブスクリプション