【レクサスGS】気になる中古車の値引き情報・価格情報について

レクサスGSは販売台数も一定数確保でき、車両本体価格も高めであるため、メーカーにとってもうまみのあるモデルです。各メーカーは、開発にしのぎを削り、比較的安価な価格となっています。今回は、レクサスGSの新車・中古車の価格について紹介していきます。


レクサス GS の特徴

レクサス gs の特徴①

トヨタ自動車が展開する高級ブランドの中の「レクサスgs」はLSに次ぐ大型セダンとして、そのポジションを確立しています。
元々、日本販売の「トヨタ・アリスト」の北米モデルとして発売され、その当時の人気を引き継いで、レクサスブランドに転向しました。
トヨタブランドとは別の分類の「レクサスブランド」として存在し、世界販売を展開する大型モデルのgsは新車価格が高額であるため、中古車としての人気が高いです。

レクサス gs の特徴②

レクサスgsの中古車を見てみると大型セダンということと、ラグジュアリーカーであるため、中古車の購入者が40代から50代が多く、とくに走行距離の少ない車は中高年層の購入が多いです。
人気があるのは白や黒のカラーで、サンルーフなどのオプションが搭載された車の人気が高い傾向が見られます。
現行モデルを中古車で購入する人は、比較的価格帯の高い程度の良い車両を購入する傾向が高く、正規販売店で取り扱われるレクサス認定中古車の人気が高いです。

レクサス gs の特徴③

レクサスgsのモデルは現行モデルで2代目となりますが、レクサス誕生は国内よりも海外で先行していたため、全身モデルのトヨタ・アリストがすでに北米市場でレクサスとして販売されており、2代目アリストが厳密に言えばレクサスgs として存在し、日本に逆輸入モデルとして流通しています。
当時、アリストが日本で爆発的な人気であったため、現在でも中古市場で若者を中心に高値で流通しており、年式の古いモデルの場合、エアロカスタマイズがされており、タイヤホイールなどが変更されてサスペンションなども改造されていることが多く、高値で流通しています。
 

レクサス gs の歴代モデル

レクサス gs の歴代モデル①

レクサスブランドが日本で誕生して初めてのモデルはレクサス通算3代目モデルで2005年に発売したS19型です。
どこか2代目のS16の雰囲気を残しながらしなやかな曲線のボディライン、フロントマスクはヘッドライトに4灯を採用しながらも先代よりややシャープなデザインに仕上がっています。
2006年に追加モデルとしてハイブリッドが発売され、世界初のFRでのハイブリッドに注文が殺到、もちろんこのモデルの中古車の人気も高まりました。

レクサス gs の歴代モデル②

現行モデルのレクサスgs4代目はL1型で、2012年に7年の歳月を経てフルモデルチェンジしました。
発売からすでに5年が経過しており今だ衰えぬその人気ですが、中古市場に現行モデル中古車として流通しています。
国内レクサスモデルとして初のモデルチェンジで、デザインが大幅刷新されたことで、人気も高いです。
レクサス共通のスピンドルグリルが迫力を出し、スポーツモデル「F SPORT」の人気が高いです。

中古車価格について

レクサス gs の歴代モデル①

レクサスの中古モデルとしていまだ人気の初代S19型ですが、中古市場では価格に開きがありますが、純正ノーマル仕様で走行距離が高い車両の場合、比較的価格が低く流通しています。
大排気量で10年を超過している車両の場合、市場人気が低いため、比較的低推移ですが、エアロパーツでカスタマイズされていたり、大径タイヤホイールなどに変更してある車両の場合、カスタマイズ費用が上乗せされており、意外な高値で流通していますが、若者を中心に購入者が多いです。

レクサス gs の歴代モデル②


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら