なぜミニバン文化は日本だけなのか。数少ない三列シートのある輸入車は?

日本において家族を持つ人は一度は通る道、ミニバン。これから家族を持つ人が選ぶ際の選択肢として大半の人が考えている車でしょう。そんなミニバンですが、このミニバンというカテゴリーは日本独自のものであることを知っていますでしょうか。よく考えて見ると外車でミニバンという感じのサイズを探そうにもなかなか見当たりません。なぜこのミニバン文化は外国にはないのでしょうか。日本に住んでいるとこのミニバンというカテゴリーなしでは生活が回らないほど人々の生活に密接に関わる車だと感じます。そこで、今回はそんなミニバン文化について、そして数少ない外車でもミニバンと呼べる三列シートのある車を紹介していきます。

日本のガラパゴス市場を代表するミニバン文化

ミニバン文化は日本独自のものであり他の諸外国には見られないものですが、なぜ日本にはミニバン文化があるのでしょうか。世界的に見て、日本の車市場は軽自動車含めその国独自の市場が発達してしまっているガラパゴス化が非常に進んでいる国と言えます。その中でもミニバン文化は日本を代表するガラパゴスな文化でしょう。ミニバンが発達した理由、そして外国で普及しない理由をここではお話していきます。

ミニバンは海外の人にとっては小さすぎる

まず一つ目の理由として日本人にとってはちょっと大きいと感じるサイズのミニバンですが、海外の人にとってミニバンサイズは小さすぎるということが挙げられます。元々、ミニバンが生まれた経緯として欧州では昔から存在していたバンを日本用に小さくしたことから始まっています。そこから派生して今のミニバンというカテゴリーを形成しているのです。そのため、日本に合わせて小さくしたミニバンは元からバンに乗っている海外の人にとっては小さすぎるサイズと言えます。

バンは商用車のイメージ

ミニバンの元となったバンというイメージについても日本と海外では大きく異なっていて、日本ではファミリーカーというイメージが強いですが、海外では商用車としてのイメージが先行しています。これはバンという語源自体が屋根付き貨物自動車という意味のキャラバンという言葉からきており、本来は貨物用に開発された車というイメージがそのままとなっているのでしょう。一度商用車としてのイメージがついてしまうとなかなかそのイメージからは抜けられません。

スライドドアが必要ない

日本においてミニバンが選ばれる理由として、このスライドドアという機能は非常に重要なポイントだと思っています。子供が車から降りる時、隣の車にドアを当ててしまうことがないというのは非常にありがたい機能です。しかし、この機能が海外ではそれほど必要とされていません。そもそも駐車場の広さが日本と違い広いためそこまでドアを開ける時に気をつける必要がありません。そして、車に対する感覚の違いも影響していて、海外では小さな傷や擦り傷は全く気にしません。縦列駐車をする際にわざと軽くぶつけて他の車を押し自分の駐車スペースを作るという文化があるくらいです。みんなやることなのでぶつけられた側も特に気にしません。そのため、ドアをぶつけづらいということに関してもそれほど重要に思っていないのです。

三列シートある輸入車!

海外の輸入車において、日本のミニバンと同じようにスライド機能がある車というのはほとんどないに等しいのですが三列シートのある車というのは、数は少ないものの一定数あります。そこでここからは三列シートのある外車を紹介していきます。

シトロエン C4ピカソ

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/92/2009_Citroen_C4_Picasso_5_Exclusive_HDi_S-A_2.0_Front.jpg/1024px-2009_Citroen_C4_Picasso_5_Exclusive_HDi_S-A_2.0_Front.jpg

フランスの自動車メーカーシトロエンのC4。ユニークなデザインが特徴的なシトロエンなので他のミニバンと比べてもその個性が光ります。あまりミニバンらしいミニバンは乗りたくないという人や他の人と同じような車に乗りたくないけど家族のことも考えなければいけないという人にはぴったりな車です。

BMW 2シリーズ グランツアラー

高級車というイメージが先行してあまりミニバンのイメージのないBMWですが、しっかりと三列シートのあるミニバンも販売しています。それが2シリーズのグランツアラーです。この車はエンジンにディーゼルエンジンが積まれており、BMWらしい駆け抜ける喜びが楽しめる車というところが他のミニバンとは違うポイントです。しかし、三列目の席を考えるとそこまで快適に座れるよう設計されていないため子供が座るのが精一杯という広さです。この車を家族用として買うなら三列目は緊急用として考えていなければいけないでしょう。また、BMWなので少々値が張るのもネックとなりそうです。

フォルクスワーゲン シャラン

https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/photolist/sharan/190820/32-9/SHA_1928_183.jpg/jcr:content/renditions/original.transform/max/img.jpg

日本でも多くの人気を集めているフォルクスワーゲン。フォルクスワーゲンのシャランは輸入車のミニバンの中でも最も日本のミニバンに近い車と言えるでしょう。その証拠に、この車は他の輸入車にはないスライドドアがついています。また、三列目の広さもしっかりと確保されており日本のミニバンと遜色ありません。その上でドイツ車らしい重厚さも兼ね備えているのでかなり実用的な車となってきます。

フォルクスワーゲン トゥーラン

https://www.volkswagen.co.jp/content/dam/vw-ngw/vw_pkw/importers/jp/photolist/golf-touran/191015/16-9/GTU_1928_301.jpg/jcr:content/renditions/original.transform/med/img.jpg

こちらも同じフォルクスワーゲンが販売しているトゥーラン。この車は先ほどのシャランとは違いスライドドアがついておらず、車体が少し小さくなっています。しかし、その分価格も安くなっているのでシャランが少し高いと感じた人は、使用用途に応じて問題なければこちらのトゥーランにするのもありかもしれません。

メルセデス・ベンツ Vクラス

https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/v-class/v-class-mpv/explore/concept-br447/_jcr_content/par/videoimageslider/slides/videoimageslide/image.MQ6.0.20191016135035.jpeg

BMWと同様に高級車というイメージの強いメルセデス・ベンツ。ベンツもミニバンを出しているのですが、この車をミニバンと呼ぶにはいささか大きすぎるくらいのサイズです。ですがスライドドアがついているため乗り降りをする際に困ることはなさそうです。三列目も広さがしっかりと確保されています。問題になってくるのはサイズと燃費、そしてお金だけです。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』

【Ancarに掲載中のおすすめ車両】