放って置くと自走不能にも。ドライブシャフト劣化原因と交換【ベテラン整備士が教えます!】

もしもジョイントが破損していた場合はドライブシャフトごとの交換となります。ドライブシャフトはタイヤの内側にあるので車をジャッキアップしないときちんと点検できません。

正直、これらをDIYで交換するのは難しい箇所なのでステアリングを曲げた時に異音やがたつきを感じた場合などは速やかに整備工場に相談する事をお勧めします。

ドライブシャフトの劣化を防ぐためには?

一番劣化しやすいのはブーツですが、ブーツの破れ以外にもステアリングを激しく切った状態でアクセルを強く踏むような運転をされている場合は、シャフトやジョイントの損傷にも繋がります。タイヤの回転に繋がる唯一の重要な部品なので劣化を少しでも防ぐためには日頃の点検を怠らないことや、ステアリングを曲げた時にはアクセルを踏み過ぎない様に運転するなど負荷のかかり過ぎない運転を心がけるようにしましょう。また、その心がけが安全運転にも繋がるのでお勧めします。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら