車の燃料添加剤って本当に効果あるの?オカルト的商品の実力はいかに

みなさんは、某エナジードリンクのような見た目の「燃料添加剤」というものをご存知でしょうか。巷ではオカルト商品とまで言われる「燃料添加剤」。効果としては車の内部(ガソリンタンクやエンジン内部)の汚れを落とすというもの。効果も人間でいうエナジードリンクのようなものです。エナジードリンクのように目で確認できるようなものではないので本当に効果があるのか確認するのは難しいのです。エナジードリンクを飲んだら「なんか元気になってきたぞ」と感じますよね。燃料添加剤もそのようなものです。ただ、エンジン内部を綺麗にする(オーバーホール)と下手したら費用が100万円を超えてしまいますから、この燃料添加剤をガソリンと一緒に入れるだけで綺麗になるのであれば使わない手はないですよね。

効果があると謳われているもの

この燃料添加剤の効果として、燃料添加剤で一番有名な「ヒューエルワン」を取り扱うワコーズの商品説明を見てみましょう。

燃料に添加するだけで燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻します。また、燃料の酸化劣化や燃料タンクの腐食を抑制し、潤滑性を高めることが可能で、燃料に必要な性能全般を総合的に引き上げることができます。

WAKO’S公式HP

本当なのかと疑ってしまうような効果ですね。ゲームで言えばラストエリクサーのような万能さです。「燃料に必要な性能全般を総合的に引き上げる」ってつまりどういうことなのでしょう。なんとなく凄さはわかります。あまりにも色々な効果がさらっと書いてあるので詳しく説明していきましょう。

蓄積したカーボンの除去

カーボンとは、言い換えればガソリンの燃えカスです。エンジン内部はこのカーボンによって徐々に黒くなっていくのです。煙突は煤が溜まったら煙突掃除をしますが、エンジンはなかなか掃除しないですよね。このカーボンが堆積されていくとエンジンは動きづらくなります。エンジンはピストンするものですから、何か詰まっていると性能が落ちるのは当たり前です。これがノッキングやアイドリング不調といった症状に繋がってくるわけです。カーボンの原因となるガソリンに浄化剤として混ぜることでこのカーボンの堆積を取り除き、堆積の予防にもなります。

ガソリンタンクの錆防止

ガソリンタンクの中を見たことがありますか?タンク内というのは意外と汚れが溜まっていきます。水を入れることがないタンク内も結露によって錆が発生します。また、ガソリンというのは腐るものなので放置しておくと大変なことになってしまいます。最悪の場合はタンクに穴が空いてしまったり、ガソリンの通り道が詰まって動かなくなってしまいます。燃料添加剤にはタンク内をコーティングする効果があるのでこれらの症状を予防できます。

燃費向上

先ほどのカーボン除去によってシリンダー、ピストンリングはカーボンの摩擦が減り、スムーズに動くようになります。動きがよくなるということは、今までよりも少ない燃料でもエンジンがしっかり動くということなので、燃費の向上に繋がります。この場合は燃費の回復と言う方が正しいでしょうか。

吹け上がり向上

アクセルを踏んだ時のレスポンスが改善されます。これもシリンダー、ピストンリングのカーボンが除去されることによって引き起こされる効果です。エンジン内部は突っかかりがなくなり、思うように動いてます。そろそろガタがきたな…という車も新品のように蘇り、あの頃の走りを取り戻してくれるわけです。

体感した(気がする)効果は…

 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら