【ジムニー オフロード仕様】リフトアップカスタム(車高アップ)に伴うキャスターブッシュ交換|ベテラン整備士が教えます!

スズキ ジムニー、かっこいいですね。ファンユーザーが沢山いて人気の衰えない車種です。カスタムを楽しむ人も多い車種でもあると思います。特にオフロード仕様に憧れるのではないでしょうか。最近はモデルチェンジされた新型も発売されて、既存のジムニーファンだけでなく、おしゃれに乗れるような愛らしさに進化しているので新しい層にも人気があがってきそうですね。今回はそんなジムニーのキャスターブッシュ交換についてお話していこうと思います。

ジムニーの定番カスタムと注意点

ジムニーの定番のカスタムと言えばオフロード仕様にする、リフトアップ(車高アップ)ですよね。一般にはサスペンションなどを使ってリフトアップしていきます。もともとはクロスカントリーなど悪路を走行するためのカスタマイズですが、もちろんシティユーザーにも見た目のカッコよさだけの需要としても人気の高いカスタムです。車高を上げて大きめのタイヤを装着したらどんな道でも走りこなせるような気がしますよね。車高が高ければ視界も広がり町中の運転も楽しくなります。

車高を上げるカスタムは、走破性も見た目もガラッと変わるのでおすすめですが、注意しなければいけない点もあります。サスペンションを使ってリフトアップした場合は、周辺の部品の長さが足りなくなったりずれたりしてしまうので同時に交換する必要があります。ブレーキホースは長さが足りなくなるので延長ブレーキホースなどに交換しないといけませんし、大きくインチアップすればその分、ずれてくる個所が増えるのでスタビライザーやABS、プロペラシャフトなども調節していかないといけません。その中で今回は、キャスターブッシュの交換です。キャスター角の補正をします。

キャスター角とは

キャスター角とは、ホイールアライメントのなかで主に直進性を保つためのアライメントです。ホイールアライメントとは、車とタイヤの取り付け角度です。車に対しタイヤがどの様な状態でとりつけられているかを測る数値です。

サスペンションを使って、リフトアップした場合はキャスター角がずれてしまい直進安定性やコーナリング性能が悪化します。アライメントの種類に、はキャンバー角(正面や後ろから見た時のタイヤの角度)タイヤが内側に傾くのをネガティブキャンバー。外側に傾くのをポジティブキャンバーといい、大幅にネガティブに傾けているのを鬼キャンなどと言うのを聞いたことがあると思います。主にコーナリングに関係する角度になります。トー角(タイヤを上から見た時の角度)タイヤが内側に向いているとトーイン、外側でトーアウト。トーインでは直進安定性に関係していて、トーアウトではハンドリングが良くなります。

リフトアップによって、キャスター角(横から車体を見た時の操舵輪になる側のタイヤの回転軸の角度を指します)がマイナスへ傾くと直進安定性が失われて、ハンドリングにブレが生じて運転がふらつきやすくなります。キャスター角は後に傾きがあるとキャスター角が大きくなり直進安定性が良くなります。

実際の交換方法


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら