ポルシェ911の維持費の7つの内訳|メンテナンスパッケージを活用

ポルシェ911は高性能なスポーツカーで人気のある車種ですが、維持費がかかるのが難点になっています。ポルシェ社はまとめてメンテナンスを行うサービスを用意してくれていて、このサービスによりポルシェ911の維持費を軽減しながら、安心して運転し続けることができます。

ポルシェ911

ポルシェ911はドイツの自動車メーカーのポルシェが1964年から製造・販売している高級スポーツカーです。ポルシェ911は発売以来ずっと、素晴らしい走行性能を持ち続けているスポーツカーであり、ポルシェ社のフラッグシップモデルの車種として君臨しています。特色として発売からずっとRR車として製造され、現在では珍しい構成のスポーツカーです。ボディデザインにも大きな変化を加えず、丸いヘッドランプも昔のままになっています。

現行モデルは8代目

2018年に8代目となる現行モデルが発売されました。時代が進むにつれ、ボディがモノコック化されたりサスペンションが変更されたりと進化を遂げてきました。エクステリアに関しては、時代の変遷とともに改良が加えられていますが、911の伝統は継承されており一目で911とわかるデザインになっています。

ポルシェ911の維持費の7つの内訳

ポルシェ911に限らず車は維持費がかかりますので、どの程度の維持費がかかるのか調べました。車の維持費には、自賠責保険や任意保険である自動車保険料がありますし、自動車税などの税金がかかります。他にも、一定の期間でオイル交換をしなければなりませんし、摩耗したタイヤも交換する必要があり、それらも維持費として考えておく必要があります。また、車は法定点検や車検も必要です。そして、燃費次第ではガソリン代も侮れない出費となります。

ポルシェ911の維持費の内訳1:自動車保険料

ポルシェ911の維持費の内訳の自動車保険料についてですが、車は自賠責保険には必ず入らなければなりません。自賠責保険料は車の購入時や車検時に支払いますが、2年分の24ヶ月で25,830円、1年あたりだと12,915円になります。自動車保険には任意保険というものもあり、自賠責保険と違って、加入しなくても罰則はありませんが、万一の事故の時に大変ですのでぜひ加入しましょう。任意保険も欠かせない維持費ですが、等級や保証内容によって大きく変動するものなので、それぞれ保険会社に相談してみましょう。

ポルシェ911の維持費の内訳2:自動車税

ポルシェ911の維持費の内訳の中の自動車税についてですが、自動車税はエンジンの排気量によって変わります。現行モデルのポルシェ911は、エンジン排気量が2981ccなので50,000円となります。 他に車の税金としては重量税がありますが、ポルシェ911は2t以下なので49,200円になります。 重量税は車検時に支払い、車検は2年に1度受けるので、1年あたり24,600円となります。

ポルシェ911の維持費の内訳3:オイル交換

ポルシェは走行距離に関わらず、一年に一回のオイル交換を推奨しています。予算にもよりますが、ポルシェ911の性能を十分に発揮するためにも、ポルシェ純正のエンジンオイルを入れることをおすすめします。購入の際に見落としがちな維持費なので注意しましょう。

ポルシェ911の維持費の内訳4:タイヤ交換


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら