ポルシェ911の維持費の7つの内訳|メンテナンスパッケージを活用

ポルシェ911は高性能なスポーツカーで人気のある車種ですが、維持費がかかるのが難点になっています。ポルシェ社はまとめてメンテナンスを行うサービスを用意してくれていて、このサービスによりポルシェ911の維持費を軽減しながら、安心して運転し続けることができます。

ポルシェ911

ポルシェ911はドイツの自動車メーカーのポルシェが1964年から製造・販売している高級スポーツカーです。ポルシェ911は発売以来ずっと、素晴らしい走行性能を持ち続けているスポーツカーであり、ポルシェ社のフラッグシップモデルの車種として君臨しています。特色として発売からずっとRR車として製造され、現在では珍しい構成のスポーツカーです。ボディデザインにも大きな変化を加えず、丸いヘッドランプも昔のままになっています。

現行モデルは8代目

2018年に8代目となる現行モデルが発売されました。時代が進むにつれ、ボディがモノコック化されたりサスペンションが変更されたりと進化を遂げてきました。エクステリアに関しては、時代の変遷とともに改良が加えられていますが、911の伝統は継承されており一目で911とわかるデザインになっています。

ポルシェ911の維持費の7つの内訳

ポルシェ911に限らず車は維持費がかかりますので、どの程度の維持費がかかるのか調べました。車の維持費には、自賠責保険や任意保険である自動車保険料がありますし、自動車税などの税金がかかります。他にも、一定の期間でオイル交換をしなければなりませんし、摩耗したタイヤも交換する必要があり、それらも維持費として考えておく必要があります。また、車は法定点検や車検も必要です。そして、燃費次第ではガソリン代も侮れない出費となります。

ポルシェ911の維持費の内訳1:自動車保険料

ポルシェ911の維持費の内訳の自動車保険料についてですが、車は自賠責保険には必ず入らなければなりません。自賠責保険料は車の購入時や車検時に支払いますが、2年分の24ヶ月で25,830円、1年あたりだと12,915円になります。自動車保険には任意保険というものもあり、自賠責保険と違って、加入しなくても罰則はありませんが、万一の事故の時に大変ですのでぜひ加入しましょう。任意保険も欠かせない維持費ですが、等級や保証内容によって大きく変動するものなので、それぞれ保険会社に相談してみましょう。

ポルシェ911の維持費の内訳2:自動車税

ポルシェ911の維持費の内訳の中の自動車税についてですが、自動車税はエンジンの排気量によって変わります。現行モデルのポルシェ911は、エンジン排気量が2981ccなので50,000円となります。 他に車の税金としては重量税がありますが、ポルシェ911は2t以下なので49,200円になります。 重量税は車検時に支払い、車検は2年に1度受けるので、1年あたり24,600円となります。

ポルシェ911の維持費の内訳3:オイル交換

ポルシェは走行距離に関わらず、一年に一回のオイル交換を推奨しています。予算にもよりますが、ポルシェ911の性能を十分に発揮するためにも、ポルシェ純正のエンジンオイルを入れることをおすすめします。購入の際に見落としがちな維持費なので注意しましょう。

ポルシェ911の維持費の内訳4:タイヤ交換

ポルシェ911の維持費の内訳のうち、純正タイヤであるポルシェ認定タイヤ(N)は高価なタイヤになっていますので、交換にはかなりお金がかかります。ポルシェ認定タイヤにこだわらなければ、他のメーカーのタイヤを使うことで維持費が減らせます。ただし、タイヤに関しても911の卓越した走行性能を活かすために、ポルシェ認定タイヤを使用すると良いでしょう。

ポルシェ911の維持費の内訳5:定期点検

自動車のオーナーには、1年ごとに国に指定された項目の点検を受ける義務が生じます。定期点検は整備工場やディーラーなどで受けられ、それぞれどこに点検を依頼するかによって料金が変わります。費用を抑えたいのならば整備工場で、手厚いサービスを受けたい場合はディーラーで受けることをおすすめします。

ポルシェ911の維持費の内訳6:ガソリン代

ポルシェ911の特性上、エンジン出力が高いのでガソリン消費は多くなり、比較的ガソリン代がかかる傾向にあります。最近はセルフ式のガソリンスタンドも増えているので、少しでも維持費を抑えたい人はセルフ式のガソリンスタンドで給油するのもいいでしょう。

ポルシェ911の維持費の内訳7:車検

車検にかかる検査手数料は2,000円以下とかなり安くなっています。ただ、車検の際に各税金を納め、整備料金を払うことになるので、その合計金額は検査手数料を大幅に上回ります。また、車検時に重要なパーツの交換時期になってしまうとパーツ代が高価なため、車検費用がかさむこともあります。事前の見積もりを取るなりして、車検代には注意しましょう。

新車で購入する際にはメンテナンスパッケージがおすすめ

ポルシェ911を新車で購入する際に、メンテナンスパッケージがおすすめになっています。ポルシェのメンテナンスパッケージは、基本的なメンテナンスのセットで新車登録から35ヵ月間または走行距離が45,000kmまでの車両に適応されます。ポルシェ911の維持費の中でもメンテナンスに費用が特にかかる、12か月点検、オイル交換、オイルフィルター交換、そしてフロントワイパーブレード交換がセットされたお得なメニューです。

新車で購入する際のおすすめ1:12か月点検

ポルシェのメンテナンスパッケージは、新車登録から35ヵ月間または走行距離が45,000kmまでの車両に対して適応されるものです。定期的に点検整備を実施し、ポルシェ911のパフォーマンスを維持するために、1年目または走行距離20,000kmでの点検が保証されています。先にも述べたとおり、オーナーは定期点検を1年ごとに受ける義務があるのですが、この12ヶ月点検はちょうどその定期点検の時期と重なっているため、新車購入後初めての定期点検をメンテナンスパッケージの保証の一部として、ディーラーに依頼することができます。

新車で購入する際のおすすめ2:オイル交換

ポルシェ911を新車で購入する際のおすすめのメンテナンスパッケージには、定期的なオイル交換も含まれています。ポルシェ911のオイル交換は、定期的に行う必要があり、走行距離20,000kmまたは1年で実施する必要があります。走行年数あるいは走行距離の、どちらか一方でも規定に達した場合には、近くのポルシェ センターでこの点検を受けることができます。

新車で購入する際のおすすめ3:オイルフィルター交換

ポルシェ911を新車で購入する際のおすすめのメンテナンスパッケージには、定期的なオイルフィルター交換も含まれています。ポルシェ911のオイルフィルター交換は、定期的に行う必要があり、走行距離20,000kmまたは1年で実施する必要がありますので、多くはオイル交換と同時に行われます。走行年数あるいは走行距離の、どちらか一方でも規定に達した場合には、近くのポルシェ センターでこの点検を受けることができます。

新車で購入する際のおすすめ4:フロントワイパーブレード交換

ポルシェ911を新車で購入する際のおすすめのメンテナンスパッケージには、フロントワイパーブレード交換も含まれています。ワイパーブレードの交換も同様に、走行距離20,000kmまたは1年で実施する必要があります。ワイパーブレードの交換により、フロントガラスの水をキレイに拭き取れるようになります。雨天時の走行安全性にも大きく影響するので、交換の時期が来た際には速やかに交換することをおすすめします。

人気ポルシェ5選

ポルシェ社が製作販売している車にはいくつかの車種がありますが、その中でも人気のある車種を5つ紹介します。もちろんその一つに今回紹介しているポルシェ911もあります。他にもSUV車種であるポルシェ・カイエンや、2座席スポーツカーのポルシェ・ボクスターも人気車種です。ポルシェ718ケイマンは2座席のミッドシップカーで、ポルシェ・パナメーラは4人乗り5ドアーペで両方とも人気の車種です。

人気ポルシェ1:ポルシェ・911

ポルシェの人気車種の中でも特に人気のある車種が、ポルシェ911です。現行モデルの人気はもちろんのこと、その歴史の長さから、旧式のものはビンテージカーとして多くのカーマニアに愛されています。ポルシェ911の特徴的なリア周りは、象徴とも言えるデザインで多くの人を魅了してきました。

人気ポルシェ2:ポルシェ・カイエン

ポルシェ・カイエンというSUV車も人気のあるモデルです。ポルシェ・カイエンはスポーツカーの性格を持ちながら、オフロード性能を高めています。スポーツカーに負けないエンジン性能を兼ね備えており、911などと同様に、クラスによって大きく値段が異なります。

人気ポルシェ3:ポルシェ・ボクスター

人気ポルシェのポルシェ・ボクスターは、ダイナミックな走りを楽しむ目的で作られた2座オープンモデル車です。水平対向の4気筒ターボエンジンを搭載し、そのエンジンをミッドシップにおいて軽量なオープンシーターのボディと組み合わさることで、鋭いコーナーリングが可能になっています。また、ポルシェ・ボクスターには軽快な走りを楽しむために、トランスミッションには6速MTと7速PDKの2種類が用意されています。

人気ポルシェ4:ポルシェ・718ケイマン

ポルシェ718ケイマンはポルシェ・ボクスター同様に718の系譜を継ぐ、人気のモデルです。独自の改良がくわえられて2人乗りのミッドシップスポーツクーペとして進化していきました。水平対向4気筒エンジンをミッドシップに配置したことと、低重心化により鋭いコーナーリングが可能になりました。718ケイマンには軽快な走りを楽しむために、トランスミッションには6速MTと7速PDKの2種類が用意されています。

人気ポルシェ5:ポルシェ・パナメーラ

人気ポルシェのポルシェ・パナメーラは、ポルシェ911の車体を伸ばしたようなデザインを持った4人乗りの5ドアクーペです。座席シートはホールドの良い独立したスポーツシートで、長いホイールベースを持つために足元にも余裕があり居住性も高くなっています。ポルシェ・パナメーラは、荷室も意外に広く、サルーンとして使う場合の性能も持っています。しかも、ポルシェらしく優れた高速安定性と軽快なハンドリングを持っています。

メンテナンスパッケージを活用して維持費を節約

ポルシェ911の維持費を節約できるのが、ポルシェ社の用意しているメンテナンスパッケージです。維持費を節約できる以外のメリットとして、メンテナンスパッケージに加入していると、先払いしているので定期的に点検行くようになるということが挙げられます。点検ごとに費用がかかるとなると、なかなか点検に出しにくくなってしまい、点検時期も遅れがちになってしまいます。また、メンテナンスパッケージにはポルシェ社が責任をもってメンテナンスを担当してくれる安心感があります。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら