エンジンブレーキで燃費を改善?上手な使い方からメリット・デメリットまで

エンジンブレーキのためにローギアに入っているAT車

AT車のエンジンブレーキの上手な使い方や、メリット・デメリットについてご存知ですか?車を運転するものの、エンジンブレーキはあまり使わないという方も少なくないでしょう。もしかすると、エンジンブレーキがどこにあるかも分からない方もいるかもしれません。実は、エンジンブレーキを効果的に使うことにより、事故防止、燃費改善、渋滞緩和などのさまざまなメリットが期待できます。

そこで今回は、エンジンブレーキの効果的な使い方やメリット・デメリットについて紹介していきます。

エンジンブレーキについて

エンジンブレーキとは?

エンジンブレーキとは、自動車などでエンジン出力を絞ることによって作動されるブレーキのことをいいます。

車種によって異なりますが、AT(オートマ)車であれば、ギアを「D(ドライブモード)」から「L」、「S」、「2」、「1」、「B」などに入れて(シフトダウンして)、アクセルを戻す(踏まない)ことにより減速することが出来ます。これをエンジンブレーキといいます。

エンジンブレーキのメリット

フットブレーキの故障を防ぐ

山道を下る自動車

運転席の下にあるフットブレーキのみを利用している方もいるかもしれませんが、エンジンブレーキにも重要な役割があります。例えば、山道や勾配のきつい下り坂などではエンジンブレーキを使う必要があります。これにより、安全にスピードを制御しながら運転することが出来ます。教習所で習いましたよね(忘れてしまっている方もいるかもしれませんが、、、)。覚えている方も多いかもしれませんが、長い下り坂等でフットブレーキにより減速しながら走行することは大変危険です。「フェード現象」や「べーパーロック現象」が起こり、ブレーキが利かなくなってしまう恐れがあります。

  • フェード現象:フットブレーキを連続的に踏み続けることによって大きな摩擦熱が起き、ブレーキが利かなくなること。
  • ベーパーロック現象:ブレーキの熱によって気泡ができること。それにより、ブレーキが利かなくなります。

長い下り坂でブレーキが利かなくなってしまうと、大事故につながっていまうかもしれませんし危険ですよね。緊急時を除き、「急ブレーキ」の他にも「ブレーキを短時間に何度も踏む」、「ブレーキを過度に踏み続ける」などの行為は控えるようにしましょう。安全のためにも状況に応じて、エンジンブレーキを使うえると良いと思います。

エンジンブレーキで燃費を改善

ガソリンスタンドでお釣りを確認する女性

エンジンブレーキを効果的に使うことにより、燃費の節約が期待できます。下り坂などは、アクセルを踏まなくても重力の力で進みますよね。その際にスピードを調整して運転するためにエンジンブレーキを使うことができます。「L」や「2」などの低速ギアに入れてアクセルを踏まないことによって、エンジンブレーキをかけるようにしましょう。このように、下り坂などではアクセルを踏んで無駄な燃費消費をすることを減らして走行できるため、エンジンブレーキを有効に使うことは燃費改善につながります。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
エンジンブレーキのためにローギアに入っているAT車