レクサス人気車種8選|レクサスの歴史や魅力4選を紹介

レクサスは1989年に北米から展開が開始されたトヨタ自動車のプレミアムブランドです。今では日本だけでなく、海外でも大きな人気を獲得している高級車です。レクサスにはいろいろな車種があり、その車種の豊富さもレクサスの人気の一つとなっています。

レクサスの歴史

レクサスは1989年に米国から展開が開始されたトヨタ自動車のプレミアムブランドです。当時の日本車には大衆車というイメージがありましたが、レクサスはそのイメージを破って高く評価されました。日本でのレクサスの展開が始まったのは2005年からです。レクサスはそれまでの高級車の持つ伝統的なデザインを好まない富裕層や若い世代から、旧来の高級車とは異なるデザインや機能性が素晴らしいと受け入れられ、その人気を高めました。

レクサスの特徴

レクサスはプレミアムブランドです。そのため、販売価格を抑えることよりも、コストをかけて高品質にすることが重視されています。また、「L」を崩したような形のエンブレムも特徴の1つです。

レクサスの車種構成4つ

レクサスと一口に言っても、その車種構成はいくつかあります。大きく分けるとセダン、クーペ、SUV、ミニバンの4つです。トヨタ自動車の販売系列にはレクサス店、トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店と5つあります。しかし、2019年にディーラーの再編と統合が行われて、レクサス以外の4つが統合してトヨタ本部として1つとなり、レクサスはレクサス本部として構成されています。

レクサスの車種構成1:セダン

レクサスのセダンのフラグシップ機はLSです。同じクラスの国産車と比べると価格は高くなりますが、同じクラスの輸入車と比べた場合は性能や装備が充実していて、国産という安心感から価格以上の価値を感じる人も多くいます。そのため、輸入車から乗り換えする人が多いこともレクサスのセダンの特徴の1つです。セダンは重心が低いので、コーナーでも左右に振られることなく安定して走ることができます。

レクサスの車種構成2:CT

レクサスのコンパクトハッチであるCTはスポーティーなスタイルで環境性能や走行性を兼ね備えたプレミアムコンパクトクラスのハイブリッド車となっています。また、レクサスの車種の中でもサイズが小さくて、価格も抑えめとなっていることも特徴です。

レクサスの車種構成3:SUV

スポーツ用多目的車であるSUVの人気は世界中で高まっています。SUVの特徴は車体が大きく、車内スペースが広いことです。レクサスのSUVも人気の高い車種の一つです。レクサスのSUVのフラッグシップモデルはLXです。

レクサスの車種構成4:ミニバン

レクサス初のミニバンであるLMは、2019年に開催された上海でのモーターショーで発表されました。レクサスLMのベースとなっているのは、トヨタ自動車が製造、販売をするミニバンのアルファードとヴェルファイアです。レクサスLMは、2020年に中国や東南アジアなどで販売予定されていますが、日本の販売についてはまだ情報が公開されていません。

レクサス人気車種8選

レクサスは大きく分けると4つの車種構成があり、さらにその車種構成の中でもいくつかの人気車種があります。レクサスの車種名は車の用途やタイプの略字をアルファベット2文字で表します。アルファベットの後に付く数字は排気量を10分の1で表記したものです。排気量の後ろに付くアルファベットはハイブリッドシステムなら「h」、ターボチャージャなら「t」など、搭載しているシステムや、モデルなどを表しています。

レクサス人気車種1:レクサスLS500h

レクサスLS500hはレクサスのセダンです。走行の特徴としては、車体が少し重いこともあり、低速での走行に安定感があります。そのため、広く長い道を走る海外よりも、低速で街中を走る日本的な車の乗り方に適した車です。デザインもレクサスらしくシンプルで高級感があり、人気があります。

レクサス人気車種2:レクサスNX300h

SUVとはスポーツ用多目的車のことです。レクサスのSUVでは大型か中型でしたが、NXはレクサス初のコンパクトクロスオーバーSUVとして登場しました。SUVが欲しいけど、大型や中型ほどの大きさは必要ないという需要に応えることとなり、その人気は高いです。当然ながら、NXはコンパクトSUVであってもレクサス特有の高級感あるデザインや、高い機能性を持っています。

レクサス人気車種3:レクサスRX450h

レクサスRXはNXとは対照的な大型クロスオーバーSUVです。SUVの人気の上昇に伴い、レクサスRX450hの人気も高まっています。レクサスRXは高級SUVというジャンルを開拓した車種です。常に根強い人気を誇り、その人気は日本国内だけでなく、世界でも高い評価を受けています。

レクサス人気車種4:レクサスCT200h

レクサスCTはプレミアムコンパクトクラス初のハイブリッド車です。車体があまり大きくないことや、ハッチバックの5ドアの使い勝手の良さなどが、日本の車の使い方に適していることから人気の高い車種です。また、ハイブリッド車としてのエコな走り方だけでなく、スポーツモードに切り替えることもできるので、走り方の幅の広さも人気の1つとなっています。

レクサス人気車種5:レクサスIS300h

初代レクサスISは、日本ではアルテッツァとして販売されていました。レクサスIS300hは3代目のモデルに当たり、ISシリーズ初のハイブリッドモデルです。2008年にはレクサスIS Cという派生車種が発表されています。レクサスIS Cは豊富なエクステリアカラーとインテリアのカラー、そして優れたデザイン面から人気の高い車種となっています。

レクサス人気車種6:レクサスGS300h

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら