ホンダジェットが絶好調|その魅力と評判ポイントをそれぞれ4つ紹介

ホンダジェットをご存知でしょうか。ホンダジェットは自動車メーカー「ホンダ」の創業者である本田宗一郎さんの憧れを形にしたものです。その話題性の高さに加え、国内外から高い評価を受けています。本記事ではそんなホンダジェットの魅力などについて紹介します。

ホンダジェット

ホンダジェットは評判の高い小型ビジネスジェット機です。ホンダジェットはホンダの航空事業会社であるホンダ エアクラフト カンパニーの社長である藤野道格さんを中心に研究開発されました。ホンダジェットは1986年に開発が開始され、2015年に販売開始されてから、すでに100機以上が世に送り出されています。研究を重ねて販売されたホンダジェットはその技術力も非常に高い評価を受けており、多くの人の心を掴み続けています。

何故ホンダは小型ジェットを作ったのか

本田宗一郎さんの空への憧れが小型ジェットを生みました。ホンダの創業者である本田宗一郎さんは航空機開発の夢を持っていたこともあり、その夢は二輪車用のロゴマークにも表れています。航空機開発の夢を実現するため1964年に本田航空株式会社を設立し、航空事業のノウハウの収集を始めることになります。2006年に航空機市場への本格参入を表明し、のちに評判の高いホンダジェットを生み出すこととなりました。

ホンダジェットの4つの魅力

ホンダジェットの備えている4つの魅力が評判を高めています。ホンダジェットは小型ジェット機にカテゴリーされていますが、機体の素晴らしさからホンダジェットは高い評判を得ています。ホンダジェットの備える魅力として、「客席の居住性の高さ」「燃費性能の良さ」「静粛性の高さ」「航続距離の長さ」の4つがあげられます。これらの魅力によりホンダジェットは、他の小型ジェット機との差別化を図ることができました。

ホンダジェットの魅力1:客席の居住性の高さ

ホンダジェットは客席の居住空間が広いことで評判です。小型ジェット機といえば、客席の居住空間が狭く、快適さが損なわれてしまうという欠点がありました。ホンダジェットは客席と荷物室を広めに取れるように開発されており、小型ジェットの欠点をカバーしています。ホンダジェットはOTWEMという技術を取り入れることに成功し、胴体部分のエンジン支持構造が不要となって、内部スペースを最大限に利用することが可能となりました。

ホンダジェットの魅力2:燃費性能の良さ

ホンダジェットは燃費性能の良さが好評です。一般的な旅客機が高度12,000メートルあたりを飛行していますが、ホンダジェットの最大運用高度は13,100メートルとなっています。ホンダジェットは強度の高い機体を実現することにより他の旅客機より高く飛ぶことができ、空気抵抗を減らすことに成功しました。空気抵抗の減少に伴い燃費性能が良くなり、その点がホンダジェットの魅力として取り上げられています。

ホンダジェットの魅力3:静粛性の高さ

ホンダジェットは静粛性が高いという評価を受けています。小型ジェット機を利用する人の多くは、経営者やビジネスで多忙な人だと予想されます。そんな忙しい日々を送る人たちのために、ホンダジェットは静かで優れた乗り心地を乗客に提供できるように配慮しました。

ホンダジェットの魅力4:航続距離の長さ

ホンダジェットは航続距離の長さも評価されています。一般的な小型ジェット機の航続距離は、2,000km前後のものが主流となっている中、ホンダジェットの航続距離は2,661kmです。比較すると、一般的な小型ジェット機よりもホンダジェットの方が661kmほど航続距離を長く飛行できるということがわかります。北海道から沖縄までの距離が2,228kmなので、ホンダジェットを利用すれば直接移動することが可能です。

ホンダジェットの評判とポイント3つ

ホンダジェットの評判と注目すべきポイントについて紹介します。ホンダジェットは小型ジェット機として機体が優秀なこともあり、2015年に販売開始されてから100機以上がリリースされています。多くの顧客が満足させるホンダジェットは、藤野道格さんを中心に研究開発を行ってきたホンダ エアクラフト カンパニーの努力の結晶ともいえます。次に、ホンダジェットが世間から受けている評判と注目すべきポイントについて紹介します。

ホンダジェットの評判とポイント1:飛行速度

ホンダジェットは機体の大きさに対して飛行速度が高いことで評判です。小型ジェット機の飛行速度は600km~1,000kmで、ホンダジェットは782km/hとなっています。ホンダジェットは乗員5人程度のベリーライトという大きさで、小型ジェット機の中ではもっとも小さいクラスながら、高い性能を誇っています。

ホンダジェットの評判とポイント2:上昇性能

ホンダジェットは上昇性能の高さも評価されています。高度を上昇させると、気圧の低下に伴い機体が膨張しようとします。その不可に耐えられない機体では高度の高い場所を飛行することはできません。ですが、ホンダ エアクラフト カンパニーは研究を重ね、上昇の負荷に耐えられる機体を開発することに成功しました。その開発の成功によりホンダジェットは上昇性能に優れた機体となり、高い評価を受けることとなります。

ホンダジェットの評判とポイント3:燃料搭載量

ホンダジェットは燃料搭載量を多くしたことで評判です。ホンダ エアクラフト カンパニーはホンダジェットの新型機としてホンダジェットエリートを2018年に型式証明取得しています。このホンダジェットエリートは燃料タンクを大きくすることができ、燃料搭載量を増やすことができました。加えて燃費が向上していることで、さらに航続距離17%伸ばすことができるように改良されています。

ホンダジェットの購入価格をライバル機と比較

ホンダジェットとライバル機の購入価格を比較してみましょう。ホンダジェットのライバル機として名前が上がるのがセスナ・サイテーションM2です。セスナ・サイテーションM2の購入価格は約5億5,000万円とも言われています。対するホンダジェットは約5億7,000万円程度と言われています。購入価格だけを比較するとセスナ・サイテーションM2の方が安く購入できます。ただ、性能で比較した時に最高速などはホンダジェットの方が上回っています。

ホンダジェットの維持に必要な費用4つ

評判の高いホンダジェットを維持するために必要な費用があります。国内外からその評判の高さで知られているホンダジェットですが、機体を購入する費用に加え、維持するために「保管場所費」「燃料費」「整備費」「航空利用費」が必要となります。これは評判の高いホンダジェットだからかかる維持費用というわけではなく、他のプライベートジェットでも必要な費用です。

維持に必要な費用1:保管場所費

ホンダジェットの保管場所費が必要となってきます。保管場所としては飛行場の格納庫を利用します。保管場所費も安くなく、約1200万かかることもあるため、プライベートジェットを所有するということはかなり購入費用がかかるだけではなく維持費用がかかることが分かります。

維持に必要な費用2:燃料費

燃料費は10,000kmに対して約20万円かかります。この金額はジェット機の大きさによって変動してきます。また、燃費の向上を図っていることで評判の高いホンダジェットなので、上記の金額よりも燃料費は抑えられるかもしれませんが、平均的なプライベートジェットの燃料費を参考にしておくと良いでしょう。

維持に必要な費用3:整備費

ホンダジェットの整備費は年間3,000~4,000万円ほどかかります。機体が優秀なホンダジェットも購入したら整備が必要です。フライトの度に整備をし、安全性を確認します。そのための費用としては年間3,000万円~4,000万円ほどかかります。他にもホンダジェット用に雇用している整備員に払う費用なども発生するので、その分を整備費に含めることになると更に高額となります。

維持に必要な費用4:空港利用費

空港利用費は50万円以上かかります。ホンダジェットを購入できたとしても、日本の空港を利用するたびにこの額のお金が飛んでいくのです。

世界を制したホンダジェットに一度は乗ってみたい

ホンダジェットはその素晴らしい技術が高い評価を受けています。ホンダジェットは小型ジェット機で3年連続トップのデリバリーを誇っており、2015年に販売開始されてから100機以上が販売され、多くの顧客に愛用されてきました。ホンダジェットは高額なので個人が所有することは難しいですが、チャーターするという方法で個人でも乗ることができます。金銭面で都合が合うようならホンダジェットに乗ってみましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら