ルノーZOEの9つの特徴!ルノーの高性能EVであるZOEを体感しよう!

ルノーZOEはとても洗練された小型EVへと変化しました。今後自動車がどういった形で進化していくのか分かりませんがルノーZOEという名前は残っていくのではないでしょうか。高機能の洗練された先端技術や、時代背景を考慮した設計について解説していきます。

ルノーとは

ルノーとはフランス人技術者のルイ・ルノーとその兄弟によって「ルノー・フレール(ルノー兄弟)」社として設立されたフランスを代表する自動車メーカーです。「安全」で「優れたデザイン」を持った自動車を世界へと販売しています。

ZOEとは

ルノーのZOEをモーターショーなどで目にしたことがあるかもしれません。この車はルノーにより製造された電気自動車です。ゾエは燃費が良いという特徴を持ちながら、速度を出すことができます。フランスではとても人気のある車です。フランスではバス専用レーンがあり、一車線しか使用できない一方通行道路などもあります。そのような狭い道でもこの小型ZOE活躍するでしょう。

ルノーZOEの9つの特徴

ZOEには9つの特徴があります。ルノーZOEは販売開始が2012年となっており、それまではたくさんのZOEのコンセプトカーがモーターショーで発表されてきました。そこでもZOEの歴史と自動車需要の変化を象徴しているのではないでしょうか。現在、ZOEはモデルチェンジがされており、2019年には新モデルが発表されました。今回はルノーZOEの9つの特徴の詳細として新型のルノーZOEの魅力を伝えていきます。

特徴1:一度の充電で390km走行可能

ルノーZOEの最新型モデルのバッテリーは蓄電容量が52kWhで、以前の41kWhと比べると大容量化しました。この効果で、新型ゾエは1回の充電で、390kmを走行できます。また、家庭用コンセントでの充電時間も短くなっており、eスタンドでは長くても30分ほどで充電可能です。

特徴2:ルノーの最新デザイン言語を導入

ルノーの最新デザイン言語を導入しています。クローム処理したフロントグリルの中央に、大きなルノーのダイヤモンドバッジを配置しています。また、表面には3Dの「ホログラフィック」デザインを導入しています。このバッジは充電ポートも兼ねていて、50kW急速充電器用のコネクターとタイプ2のACプラグに対応しています。奇抜すぎず、シンプルでユーザーが乗りやすいことにこだわった一台です。

特徴3:アプリで充電状況を確認できる

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら