ポルシェ ケイマンの維持費内訳7つ|718ケイマン新車購入費と維持費は?

ポルシェ718ケイマンの購入検討中の方の中には、維持費の内訳が気になっている方も多いのではないでしょうか。この記事では、ポルシェ718ケイマンにかかる維持費の内訳や車種のメリットについて紹介します。購入しようか迷っている方は、ぜひ読んでみてください。

ポルシェ 718 ケイマンとは?

ポルシェ 718 ケイマンとは、ドイツ産の自動車メーカー「ポルシェ」によって作られたスポーツカータイプの2人乗りタイプの車で、国内外問わず高い人気を誇る車です。オープンカータイプの「ボクスター」を参考に作られたクーペモデルで、ケイマンに使われているほとんどの部品もボクスターのものを共有しています。ケイマンという車名は、アリゲーター(ワニ)属の爬虫類「ケイマン」に由来しています。

ポルシェ 718 ケイマン「ターボエンジン化で燃費性能が向上」

ポルシェ 718 ケイマンの特徴は、ターボエンジン化を実現したことによって、燃費性能が向上したことです。

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳7つ

ポルシェ 718 ケイマンに乗りたいけど、外車を買うのが初めての方の場合、年間にかかってくる維持費がどれくらいなのか気になっている方も多いのではないでしょうか。購入した場合にかかる維持費をそれぞれ紹介するので、参考にしてください。

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳1:自動車税

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳の1つ目は、自動車税です。ポルシェ 718 ケイマンにかかる自動車税は、モデルにもよりますが、令和元年10月1日以降に初回新規登録を受けた車の場合、36,000円から43,500円になります。外車だから特別に高くなるのかなと不安に感じていた方もいるかもしれませんが、自動車税については、各自動車の総排気量によって決まっているので、心配しなくても大丈夫です。

国土交通省

https://www.mlit.go.jp/common/001289546.pdf

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳2:重量税

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳の2つ目は、重量税です。ポルシェ 718 ケイマンにかかる重量税は、経過年数によって変わりますが、1年あたり12,300円から18,900円になります。自動車重量税とは、新規登録時と車検時にまとめて支払う税金のことですが、車体の重さによって、0.5トンごとに金額が変化していきます。詳細は下記にて確認してください。

国土交通省

https://www.mlit.go.jp/common/001288604.pdf

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳3:車検費用

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳の3つ目は、車検費用です。車検費用に関しては、車検業者やディーラーによって異なり、部品交換など必要になってきた場合には、別途費用が上乗せされるので、大きく前後します。

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳4:自動車保険

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳の4つ目は、自動車保険です。ポルシェ 718 ケイマンを含む外車の場合、国内に部品が手に入りにくく修理費用が高いといった理由から、車両保険の料率クラスが高くなってしまう傾向にあります。日本に輸出される車のランクが高価であることも部品の価格高騰の要因となっているようです。

ポルシェ 718 ケイマンの維持費内訳5:駐車場代


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら