維持費の安い車の選び方|車種別で選ぶ維持費の安い車7選

「できるだけ家計に優しく、維持費の安い車を購入したい」と考えている方も多いことでしょう。車を購入するにあたっては、車本体の価格のみならず、維持費についても考慮する必要があります。この記事では、維持費の安い車について特集しているので、ぜひご覧ください。 

車の維持費とは

車の免許を取得する際には数十万円ほどお金がかかる場合がほとんどですが、免許を取得してからも何かと維持費が必要になってきます。車の購入時に多額のお金がかかるのはもちろんのこと、車を維持するために毎月、あるいは毎年多くの支出を余儀なくされるでしょう。なるべく家計に優しい維持費の安い車を選びたいところです。ここではまず、車の保有後に必須となる維持費について詳しく見ていきます。

ガゾリン代

車の維持費としてまず挙げられるのが、ガソリン代です。近年では電気で走る電気自動車も登場していますが、依然としてガソリンで走るガソリン車がメジャーであり、走行のために定期的にガソリンを入れなければなりません。走行距離が多ければ多いほど、また燃費が悪ければ悪いほど毎月にかかるガソリン代がかさんでしまいます。維持費の安い車をお探しであれば、燃費のよさを重視する必要があるでしょう。

自動車保険

自動車保険も、車を保有する上で絶対に支払わなければならない維持費のひとつとして挙げられます。原則としては、車を保有している人は2年に1度、業者による車検を受けなければなりません。新車を購入した場合は、最初のみ3年に1度で、それ以降は2年に1度になります。車体が大きくなればなるほど車検の費用も高くなるため、その点において軽自動車は維持費の安い車だと言えるでしょう。

有効期間は種別ごとに決まっています。自家用乗用車の車検の有効期限は、新車登録から初回の検査が3年間で、以降は車齢にかかわらず2年ごとに車検を受ける必要があります。キャンピングカーなどの特種車(8ナンバー)の場合は、初回検査が2年となり、以後も2年ごとの車検が基本となります。

http://qa.jaf.or.jp/car/carinspection/01.htm

駐車場代

車の維持費として忘れてはならないのが、毎月の駐車場代です。自宅に駐車場スペースがなく、マンションやアパートなどに住んでいる場合は、駐車場を利用するためにお金を支払わなければなりません。大型車の場合は普通の駐車場が利用できない場合もあるため、小型~普通車のほうが維持費の安い車であると言えるでしょう。また、駐車場代はお住まいのエリアによって相場が大きく異なってくることにも注意が必要です。

メンテナンス費用

メンテナンス費用も、車に必須の維持費のひとつに数えられるでしょう。メンテナンス費用は、洗車代やバッテリー・ブレーキパッドといった消耗品の交換にかかる費用、コーティングの維持のために必要となる費用などが挙げられます。メンテナンスの手間や費用がかかりにくい維持費の安い車を選べば、メンテナンスに必要なコストをある程度削減することは可能ですが、支出をゼロにすることは難しいでしょう。

保険料

保険料も、車の維持費のひとつとして挙げられるでしょう。自動車保険は、車を保有している人が絶対に加入しなければならない自賠責保険と、任意で加入する保険との2つに大別することが可能です。任意加入の民間の自動車保険に関しては、補償内容や車種などによって金額が大きく異なります。維持費の安い車を選べば、任意加入の保険料を安く抑えることもできるでしょう。

自賠責保険は「自動車損害賠償責任保険」の略称。法律(自動車損害賠償保障法)によって自動車1台ごとの加入が義務付けられていることから強制保険ともいわれます。これは交通事故の被害者を救済するための保険ですが、補償額に上限があるので、それを超える分については自動車保険(任意保険)で補塡する必要があります。

http://qa.jaf.or.jp/accident/liability-insurance/01.htm

維持費の安い車の選び方

免許を取得して車を購入するまで何十万・何百万円ものお金がお財布から出ていきますが、それ以降もガソリン代や車検・保険料などさまざまな維持費が毎月・毎年かかってくることを知っておきたいものです。車検や自賠責保険など削減できない費用もありますが、工夫次第で削減できる維持費もあります。できるだけ維持費の安い車を選ぶことで、家計の負担を減らしましょう。

車種別で選ぶ維持費の安い車7選

「維持費の安い車を購入したいけれど、どれを選べばよいのかよくわからない」という方も少なくないでしょう。車の購入を検討する際には、維持費の安さも検討材料のひとつになります。ここからは、車種別に維持費の安い車を7つピックアップしてご紹介していきます。これから車を購入しようと考えている方は、ぜひ以下で取り上げる維持費の安い車をチェックしてみてください。

維持費の安い車1:軽自動車

維持費の安い車としてまず挙げられるのが、軽自動車です。大型自動車と比べると軽自動車はガソリン代を安く抑えることができます。また、点検費用や自動車税も大型自動車と比べると低いため、維持費の安い車だと言えるでしょう。

維持費の安い車2:コンパクトカー


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら