家族向けならミニバンよりコンパクトカーが良い理由とおすすめ5選!

ここ数年で家族の形態は大きく変化していきました。最近では少子化の影響で夫婦に子供が一人という世帯が年々増加しています。そういった家族の変化と共に車選びにも変化が訪れると感じています。今まではファミリーカーといえばミニバンでした。しかし、家族の人数が少なくなることによってそこまでの乗車定員や積載量は必要ないというケースは多くなってきているのではないのでしょうか。これからはファミリーカーといえばミニバンではなく、コンパクトカーのことも指す時代が近付いているかもしれません。そこで、今回は家族向けならミニバンよりコンパクトカーが良い理由、そしておすすめのコンパクトカーを「乗り降りのしやすさ、荷室の広さ、後部座席の広さ」の3点から5選紹介していきます。

今人気が伸びているコンパクトカー

今、コンパクトカー自体の人気がどんどんと上がっています。ここでは、まずはコンパクトカーの最近の事情について少しお話していきます。

コンパクトカーの定義

実はコンパクトカーには長さが何ミリ以下、排気量は何cc以下というような明確な定義は存在しません。多くの人がこれコンパクトカーだよねと思うものがいわゆるコンパクトカーになってきます。ただ、これでは人によって大幅に違いがでてしまいますので、ここでは軽自動車より大きくて三列目まであるミニバンよりも小さい車をコンパクトカーとして話を進めていきます。

自動車販売台数ランキング

コンパクトカーの人気が上昇している証拠として、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が公表している2019年の4〜9月までの軽自動車を除いた販売台数を見てみますと上位1~5位までのうち4つをコンパクトカーが占めています。これも冒頭部分で話した少子化が影響しているのかもしれません。

なぜミニバンよりコンパクト?

ミニバンではなくコンパクトを選ぶメリットや、逆にミニバンであることのデメリットはなんでしょうか。

コンパクトカーのメリット

燃費が良い

コンパクトカーは軽自動車ほどに制約もなくミニバンほどに大きくはないので、燃費を追求するには非常にうってつけのカテゴリーといえます。実際に今現在一番燃費の良い車はコンパクトカーのプリウスで40.8km/Lと非常に良い数値を出しています。ここでは室内の広さや高さを特徴としているミニバンは自然と燃費は悪くなってしまいますので大きな違いが出るでしょう。

お金がかからない

価格に関してはもちろんコンパクトカーの方が安いのですが、先ほどの燃費ほど大きな差はないと言えます。一番売れているミニバン、日産のセレナと同社のコンパクトカー、ノートを比較してみますと、セレナがおよそ270万円ほどでノートが200万円ちょっとといったところです。たしかに60万ほどの差はありますが、車体の大きさから考えれば妥当な範囲でしょう。

一方税金に関しては車体の重量がコンパクトカーの方が小さいので自動車重量税が車検時にエコカーで5000円、エコカー以外で8000円ほど安くなってきます。燃費もコンパクトカーの方が良いので新しく導入された環境性能割においてもコンパクトカーの方が安くなります。環境性能割について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。
【環境性能割】自動車取得税との違いと税率の計算方法、非課税になる対象車の例

小回りがきく

日本において小回りが聞くというメリットは重要な要素を占めているでしょう。軽自動車という枠が日本にだけ存在するのもその象徴と言えます。実は、最小回転半径の面ではあまり大きな違いはないのですが、コンパクトカーの方が車体の大きさが小さいので路地裏などの道が運転しやすいという意味で小回りがきくでしょう。

三人家族で考えると…


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら