バイパス道路の3つの役目!うまく活用すれば移動時間を短縮できる!

この記事はバイパス道路の疑問をまとめています。バイパス道路とは何なのか、どんな役割があるのか、そして利用する際の注意点、最後にはバイパス道路の種類をまとめています。この記事を読めば、バイパス道路の知識が身につくでしょう。

バイパス道路とは

バイパス道路とは、英語では「bypass」と書き、迂回するというニュアンスを持っています。バイパス道路は文字通り、迂回するための道路です。そして、例外はありますが高速道路などの道路とは別の道路です。では、バイパス道路は何のために作られたのでしょう。今回はバイパス道路について説明していきます。

車の流れをよくするために作られた

バイパス道路が作られた理由は、車の流れを良くするためです。現在は多くの人が自分の車を持っており、時間を短縮するための移動手段として使われています。また、目的地に早く着く道を選ぶ方がほとんどでしょう。しかし、同じ考えをした人たちが同じ道路に集まると渋滞が起こり、結果的には時間がかかってしまうということも珍しくありません。そこで登場したのがバイパス道路です。渋滞が起こった場合、一般道に比べて、バイパス道路の方が分散しやすく流れも良くなります。

バイパス道路の3つの役目

車の流れを良くするために作られたバイパス道路ですが、設置される場所や用途によって役目が違ってきます。そのため、役目を理解しておくことでバイパス道路を有効に使えるでしょう。バイパス道路の具体的な役目を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

役目1:市街地を避けるため

一つ目の役目として、市街地を避けるというものがあります。市街地を避けるためにバイパス道路が設置されていなければ、市街地に行く人たちに加えて、その先を目的地としている人たちまでもが同じ道路を通らなくてはいけません。そうなると当然渋滞が起こりやすくなります。渋滞は、市街地内での事故、騒音、排気ガスによる大気汚染などの問題にもつながりますので、これらを防ぐのもバイパス道路の役目になっています。

役目2:交通量の増大に対応するため

二つ目の役目として、交通量の増大に対応するためというものがあります。最短時間で目的地に着きたいと考える人は多いので、同じ道路に集まりやすくなります。しかし、本来最短時間で目的地に着くはずの道路を使っていても渋滞が起これば、予定していた時間通りに到着できないでしょう。バイパス道路を設置することで複数箇所に分散でき、渋滞を未然に防げます。

役目3:峠道や海岸沿いの道をさけるため

3つ目の役目は、峠道や海岸沿いの道を避けるためです。もともと地形の整っていない山道や海岸沿いの道路を避けるために建設される場合があります。山間部の道路は、カーブが多かったり、車線の幅が狭かったりします。また、崩落する可能性もあるので、通行できない状況や危険を回避する役目があります。さらに、トンネルや橋を建設してショートカットする役目もあります。海岸沿いの道路にトンネルや橋ができれば、大幅に時間短縮できるでしょう。

バイパス道路を利用する際の注意点

バイパス道路を走る際には、いくつか気をつけないといけないことがあります。知らなければ、思いも寄らないトラブルに巻き込まれたり、違反したりしてしまう可能性も考えられます。バイパス道路を利用する際の注意点を説明していきますので、参考にして正しく利用しましょう。

規則がどうなっているか

バイパス道路を使うときは、規則がどうなっているのかを確認しておきましょう。例えば、「自動車専用道路」という標識がある場合、原則として自転車や歩行者はもちろん、原付や軽車両、125cc以下の小型自動二輪車では通行できません。通行した場合、違反となってしまうので気をつけましょう。

有料道路なのか

バイパス道路は、無料で通行できる場合がほとんどですが、有料のバイパス道路もありますので注意が必要です。さらに、ETCカードを使えない場合もありますので、常に現金を用意しておきましょう。有料道路かどうかの見分け方は、標識に「有料」と書いてあるので、標識もチェックするようにしましょう。

インターチェンジ方式になっているのか

インターチェンジ方式のバイパス道路の場合、自分の都合で出入りしたり、曲がったりすることはできません。スムーズな走行のために出入りが限定されている場合があります。立体交差になっている場所もあるので、進む方向を間違えてしまうと全く別の場所へ向かってしまうことになります。また、間違った場合、一方通行なので簡単には戻れません。バイパス道路を走行する際は、どこで降りるのか明確にしておき、立体交差の場合は標識と向かっている方向が合っているのかを確認しましょう。

制限速度に気を付ける

バイパス道路に限ったことではありませんが、制限速度に気をつけましょう。バイパス道路を走る際に勘違いしがちなのは、高速道路と同じようにスピードを出して走っても良いと思ってしまうことです。高速道路とバイパス道路は別物なので、制限速度も違います。高速道路は本線車道で速度指定のない区間に限り普通乗用車の最高速度が100km/hで、バイパス道路は最高速度60km/hです。中には、70km/hや80km/hのバイパス道路もありますが、基本的には一般道路と同じ速度になっています。

バイパス道路の種類

バイパス道路にはいくつか種類があり、ルールや用途に違いがあります。区別の仕方はシンブルでわかりやすいものになっています。3つの種類に分けてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

一般道路

まずは一般道路です。文字通り一般道路の規則と使い方をしなければいけません。基本的に無料で通行でき、「自動車専用道路」という標識がなければ、特に気にすることはないでしょう。

有料道路

次に有料道路です。有料道路は、建設にかかった費用を通る人が負担することになります。有料道路に入る際は、料金所を通る必要があります。支払いにETCカードが使えない場合もあるので現金を用意しておくとよいでしょう。

高速道路

高速道路とバイパス道路が一体になったものも存在します。高速道路とバイパス道路は別物なので、バイパス道路の種類のうちの一つというよりも例外として捉えるのが妥当でしょう。

バイパス道路を活用すればスムーズな移動ができる

バイパス道路についての知識が十分ついたのではないのでしょうか。バイパス道路を活用することで、渋滞や危険を回避して、スムーズに移動できるようになります。この記事を参考に、ぜひバイパス道路を利用してみてください。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』