外車と国産車の維持費6つの比較|維持費が高くなる3つの理由

外車は国産車よりも車両本体価格だけでなく維持費も高くなるということを聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。維持費が高くなることがネックになって外車を買うことができないという人も多いでしょう。今回はそんな会社の維持費についてみていきます。

外車の維持費はなぜ高くなる?

「外車の維持費は国産車よりも高くなる」という話は、車をお持ちの方なら一度は聞いたことがあるでしょう。でも多くの人が実際に外車の維持費が本当に高いのか、高いのであれば外車と国産車でどれくらいの違いが出てくるのかということを知りません。今回は、実際に外車と国産車で維持費にどのような違いがあるのか紹介していきます。

外車と国産車の維持費を比較

車にかかる維持費として、「税金」「法定点検費」「交換部品費」「修理費」「燃料代」「保険料」が代表的なものとして挙げられます。これらを順番に比較していきましょう。

外車と国産車の維持費を比較1:税金

車を所有している場合、外車や国産車に関係なく自動車税や自動車重量税といった税金を納める必要があります。自動車税は車の排気量により税額が決まっており、自動車重量税は車両の重量により税額が決まっています。同じ排気量の車であれば、外車でも国産車でも自動車税は同じです。車両の重量が同じであれば、こちらも外車や国産車に関係なく同じ金額になります。

外車と国産車の維持費を比較2:法定点検費

法定点検は車検のように受けないと罰則が適用されるものではありませんが、車を安全に走らせるために受ける義務があります。自家用自動車には12ヶ月点検と24ヶ月点検があり、24ヶ月点検は車検とセットで行うことが多いです。外車と国産車では法定点検で点検する内容に違いはなく、費用もグレードが同じなら変わりませんから維持費として大きく変わることはありません。

第四十八条 自動車(小型特殊自動車を除く。以下この項、次条第一項及び第五十四条第四項において同じ。)の使用者は、次の各号に掲げる自動車について、それぞれ当該各号に掲げる期間ごとに、点検の時期及び自動車の種別、用途等に応じ国土交通省令で定める技術上の基準により自動車を点検しなければならない。

https://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search…

外車と国産車の維持費を比較3:交換部品費

維持費として考えなければならないことに交換部品費があります。部品はメーカーの純正品と凡用品があり、国産車であれば純正品ではなく凡用品を利用することができます。しかし外車の場合には、国内で流通している凡用品は使えないケースが多く海外から純正パーツを取り寄せなくてはいけないので、輸送費が加わりどうしても交換部品費が国産車よりも高くなります。

外車と国産車の維持費を比較4:修理費


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら