希望ナンバーの費用に関して確認すべき3項目とは?手続きについても解説

希望ナンバーは任意でナンバープレートの番号を選ぶことができます。希望ナンバーには一般希望番号と抽選対象希望番号があり、どちらの場合でも費用がかかります。また、ナンバープレート自体の種類や登録する地域でも費用が違ってきます。費用の確認をして登録を進めましょう。

希望ナンバーとは

希望ナンバーとは、自分が希望している番号をナンバープレートに登録できる制度です。1999年から自分が選ぶ番号をナンバープレートとして登録できるようになっており、希望ナンバーを取得するドライバーが増えています。希望ナンバー登録の際の注意事項や取得するための知識を集めることで、スムーズなナンバー登録を目指しましょう。

希望ナンバーの対象車

希望ナンバーを登録できる対象車は決まっています。登録できる対象車は普通自動車と軽自動車となっていますが、普通自動車は自家用と事業用、軽自動車は自家用のみとなります。希望ナンバーを取得する人は、希望ナンバーを取得したい車がどのような用途で使われているか把握しておく必要があります。

希望ナンバーの費用を決める3項目

希望ナンバーの費用を決めるための項目が3点ほどあります。車に貼り付けるナンバープレートがペイント式か字光式のどちらを選ぶかでも価格が変化しますが、希望ナンバーを登録する地域や車の大きさでも費用が変わってきます。希望ナンバーを取得したい人は、スムーズにナンバー登録を済ませるためにも、地域や車種にかかる費用を把握してから希望ナンバーの登録を進めるようにしましょう。

希望ナンバーの費用を決める項目1:ペイント式か字光式か

希望ナンバーの費用を決める項目に、ペイント式か字光式なのかが挙げられます。ペイント式はそのままナンバープレートに塗装するだけですが、字光式は文字そのものを光らせるナンバープレートとなるのでペイント式より高価になります。希望ナンバー登録に充てる予算に合わせてペイント式か字光式のナンバープレートを選択しましょう。

希望ナンバーの費用を決める項目2:車の大きさ

希望ナンバーの費用を決める項目に、車の大きさがあります。希望ナンバーを登録する場合、大型に区分される普通自動車の場合は若干金額が高くなります。自分の車種にかかる費用を把握しておき、予算に合わせてナンバープレートを選ぶのが賢明です。

希望ナンバーの費用を決める項目3:都市

希望ナンバーを取得する地域や都市などでも費用が違ってきます。そのため、運輸局に尋ねたり、ナンバープレートの取得を検討している地域に確認を取る必要があります。ナンバー登録をスムーズに進めるためにも取得を検討している地域での取得費用を調べておくようにしましょう。

希望ナンバーの種類について


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら