軽自動車維持に必要な費用7つ|自動車維持費の節約方法4つを紹介

軽自動車維持に必要な費用として維持費7つについて、詳しくご紹介していきます。軽自動車は燃費もよく税金なども割安です。そこで、軽自動車の維持費である税金や燃料代・メンテナンス費用などを詳しく調べながら、軽自動車維持費の節約方法4つを考察していきます。

軽自動車維持費とは?

軽自動車は維持費が安いといわれていますが、維持費を比較しながらどのようにお得であるのか検証していきましょう。軽自動車はさまざまな大きさの車種のなかでも、維持費が安いことで有名です。加えて小ぶりで操作もしやすいので、たいへん人気があります。また、購入価格も低めに設定されています。そのため2019年の3月時点で、新車購入者の36.1%が軽自動車を購入していることが納得できます。

普通自動車と軽自動車の違い

普通自動車と軽自動車の違いから、維持費の違いを探っていきましょう。2019年10月1日の税制改正により、普通自動車の自動車税が排気量に応じて引き下げられました。自動車取得税が廃止されて、自動車税環境性能割の導入が執行されたからです。しかし、まだ軽自動車の維持費の方が普通自動車の維持費よりも割安です。維持費の安い軽自動車で賢く節約しながら生活していきましょう。

軽自動車維持に必要な7つの費用

軽自動車維持に必要な維持費として、7つの費用をご紹介していきます。安くて便利な軽自動車も、維持費は必ず発生します。軽自動車に必ず必要な維持費として挙げられる、自動車の税金、車検やメンテナンス費用、ガソリンなどの燃料代、自賠責や任意の保険代金など、それぞれの内容や内訳について詳しく説明していきます。

軽自動車維持に必要な費用1:軽自動車税

軽自動車の維持費として、10,800円の軽自動車税を支払う必要があります。軽自動車の税金は、自家用乗用車の場合、一律年額10,800円と決まっています。これは、平成27年4月1日以降に新規で取得した新車に限ってです。最初の車検から13年を経過した軽自動車は、税金がもう少し高額になります。

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けた軽四輪車等(三輪以上の軽自動車)について、新税率が適用されます。 なお、平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けた軽四輪車等については、旧税率が適用され、税率の変更はありません。グリーン化(環境への負荷の低減に資するための施策)を進める観点から、最初の新規検査から13年を経過した軽四輪車等について、平成28年度分から、当該車両に係る軽自動車税について概ね20%税率が上乗せされる「経年車重課」が導入されます。

https://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_zeisei/czaisei/…

軽自動車維持に必要な費用2:自動車重量税

車の維持費である自動車重量税は軽自動車の場合、重さは関係なく一律です。軽自動車の自動車重量税は、エコカー減税の対象や車の年代によって支払金額が変わってきます。維持費として欠かせない自動車重量税は、エコカー減税の対象の車は一律5,000円になります。また、自動車重量税は13年経過した時点で上がっていきますので、10年未満の軽自動車を購入する方が維持費の点から見るとおすすめです。

軽自動車維持に必要な費用3:車検費用

車検費用には、重量税、自賠責保険代、検査印紙代がかかります。軽自動車の車検を販売業者に頼むと、車検代行費と整備代が別にかかります。軽自動車の車検は2年に1度受けなくてはいけません。また自動車が古くになるにつれて、これらの車検費用と別に修理代がかかる場合があります。

軽自動車維持に必要な費用4:メンテナンス費用

軽自動車の維持費にメンテナンス費用は不可欠です。特に車検の際には、故障箇所があれば部品代や修理費を一緒に請求されます。維持費として軽自動車のメンテナンス代は多めに用意しておきましょう。軽自動車の年代が古くなればなるほど、メンテナンス費用がかかると覚えておきましょう。

軽自動車維持に必要な費用5:ガソリン費用

軽自動車の維持費である燃料代やガソリン費用は、大型車などに比べると割安です。軽自動車は燃費が良いのが特徴です。一般の車に比べるとガソリン費用が安く抑えられます。ガソリンが1リットルあたり150円で、年間5,000キロを燃費が15km/Lの軽自動車で走行したとして、1年間のガソリン代は約50,000円になります。

軽自動車維持に必要な費用6:自賠責保険


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら