サンダル運転って違反ですか?クロックス・下駄・ハイヒール・裸足など状況別に解説

サンダル運転する女性の足元

家のすぐ近くを運転する際や夏の暑い時期など、サンダル運転をしたくなることもありますよね。サンダル運転は運転中に靴が脱げてしまうことも考えられますし、危険であるといえます。しかし、サンダル運転が違反になるのか分からないという方も多いのではないでしょうか。サンダル運転といっても、クロックス、ハイヒール、ビーチサンダル、下駄などのさまざまな種類のサンダルや運転に向かなそうな靴がありますよね。実は、サンダル運転が違反になるかは、サンダルの種類や地域によって異なります。

そこで今回は、「サンダル運転が違反になるか」という疑問を状況別に解説していきます。

サンダル運転は違反になるのか?

道路交通法の定義

道路交通法第70条では、以下のように運転することを定められています。

第七十条  車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。
( 罰則 第119条第1項第9号、同条第2項 )

サンダル運転が違反だとは書かれていませんが、「運転者がブレーキなどの装置を確実に操作できない状態にある」と判断されれば違反になります。

公安委員会規則によって特定のサンダルで運転することが禁止されている

X印の皿を見せる男性

各都道府県公安委員会が定める規則があり、これは道路交通法の第71条によって遵守するように定められています。その都道府県別の委員会規則によって、いくつかの特定のサンダルでの運転が禁止されています。例えば、各都道府県において以下のような特定の履物が禁止されています。

  • 東京都:木製サンダル、下駄
  • 神奈川県:下駄、スリッパ
  • 埼玉県:木製サンダル、スリッパ、ハイヒール
  • 大阪府:下駄、スリッパ
  • 新潟県:下駄、木製サンダル
  • 岩手県:下駄

※上記にある特定のものの他にも、運転に支障が出たり、運転を誤る恐れのあるものは禁止されています。

場所によって特定の履物は違いますが、運転を誤る危険性のあるものは控えるようにしましょう。

かかとが固定されない靴は危険

車から出るかかとが固定されていないビーチサンダル

下駄、ハイヒール、厚底ブーツなどで運転すると危険なことは想像がつきやすいと思います。しかし、その他にもさまざまな種類のサンダルがあります。そのため、どの履物が運転に支障がが出ると判断されるかという問題は難しいですよね。1つの判断基準として、「かかとが固定されるか」が挙げられます。かかとが固定されていない状態での運転は、いつ脱げてしまうか分からないため危険であるといえます。そのため、かかとが固定されていない履物での運転は必ず控えなければいけません。

クロックスでの運転はどうなの?

クロックスのサンダル

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
サンダル運転する女性の足元