OpenAIが開発したAIのGPT-2にBMW M2を紹介してもらってみた

人工知能を研究している非営利組織のOpenAIが開発した文章生成ツールのGPT-2(http://textsynth.org)は高精度なテキストを簡単に生成できると言われており、あまりにも危険すぎるため開発陣が論文公開を延期するほどでした。今回はそんなGPT-2を使用してBMW M2を紹介してもらおうとおもます。

早速GPT-2を使用してみた

初めはお餅について紹介してもらいました。

Mochi stuck in my throat every time I swallow it, but if I let it go down, it leaves my belly a little cold. There’s something about that flavor that lingers on my tongue. I try a bite or two and feel my stomach growl. I don’t want it. It’s just not for me. I swallow it, a little at a time, and continue to chew on the rice cake. It’s not so bad, really. It isn’t like I’m not allowed to have it.

餅は、飲み込むたびに喉に刺さりますが、下に落とすと、お腹が少し冷たくなります。私の舌に残るその味について何かがあります。一口か二口食べてみると、胃がうなります。欲しくありません。それは私のためだけではありません。少しずつ飲み込んで、餅を噛み続けます。それほど悪くない、本当に。許可されていないわけではありません。

GPT-2はお餅があまり好きではないようで否定的な意見のようです。なんとなくそれっぽいような文章ができているのでこの調子でBMW M2について紹介してもらいます。

BMW M2について紹介

The BMW M2 Competition Rules and Regulations are published in English and are available to view on www.bmw.com/competitionrules.All BMW M2 Competition participants must be registered as an Individual Competitor or Club Member.Participants are required to adhere strictly to the competition rules.All Competitors must wear a standard helmet with visor, a chin strap, a standard racing seatbelt.

BMW M2競技規則と規制は英語で公開されており、www.bmw.com / competitionrulesで見ることができます。すべてのBMW M2コンペティション参加者は、個人競技者またはクラブメンバーとして登録する必要があります。参加者は、競技規則を厳守する必要があります。すべての競技者は、バイザー付き標準ヘルメット、あごストラップ、標準レーシングシートベルトを着用する必要があります。

AIがコンペティションのことを競技と認識しているため、自動車競技の紹介をしてしまっています。また、謎のURLを生成してしまっていたりと誤作動しているように感じます。まだAIでは名前の判断は難しいのかもしれません。

BMW M2コンペティションライドの乗り心地

The BMW M2 competition car is a perfect blend of racing and high performance. From its dynamic, high-tech body to its aerodynamic-focused design, the BMW M2 provides a clear view of what the competition cars will look like in the future.The new BMW M2 is a full production M car in every respect. It is also an M car on loan from BMW M GmbH. It has the same drivetrains, suspension, chassis and all other bodywork parts as the production car. However, it has been designed for competition.The BMW M3 Competition Series provides a clear view of future BMW M3s, which will be available on a production basis later in the year. The BMW M3 Competition Series is also an M car on loan from BMW M GmbH.

BMW M2コンペティションカーは、レースと高性能の完璧な融合です。ダイナミックでハイテクなボディから空力重視のデザインまで、BMW M2は競技用カーが将来どのように見えるかを明確に表示します。新しいBMW M2は、あらゆる点でフルプロダクションMカーです。また、BMW M GmbHからのMカーです。プロダクションカーと同じドライブトレイン、サスペンション、シャシー、その他のすべてのボディワーク部品を備えています。ただし、競争のために設計されています。BMW M3コンペティションシリーズは、BMW M3の将来像を明確に示しており、年内に生産ベースで提供される予定です。 BMW M3コンペティションシリーズも、BMW M GmbHからのMカーです。

レースと高性能の完璧な融合はまさにM2を表しているように感じられ、優れたパーツの組み合わせによりその性能が発揮されているように書いてあるのでそれらしい文になっているのではないでしょうか。そう遠くない未来では人が文章を書くのでは無くAIが書いた文章を嗜む時代が来るのでしょうか。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら