BMW M4クーペ、そのエンジンパフォーマンスは圧倒的です

BMW M4クーペは1985年に初代が発売されたM3がルーツになっていて、M3はレースに勝つため開発され製造された車といっても良いでしょう。当時ドイツで行われたツーリングカー選手権に使用されたレースカーはM3クーペをベースに開発されていて、その走行技術には目を見張るものがあります。そのM3クーペをルーツとして誕生したモデルがM4クーペとなります。

BMW M4クーペとは

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-coupe/2017/at-a-glance.html

1980年代後半~1990年代前半において、ベンツ190Eとレースで激闘を繰り広げたM3クーペに由来する車です。2007年から発売された4代目のM3はクーペとセダンもラインナップしていました。その後、日本国内では2014年のモデルチェンジにてクーペ系を新しく「M4シリーズ」として独立させました。M3セダン同様にM4クーペはBMWが新たに開発したMツインパワーターボエンジンが搭載されました。Mツインパワーターボエンジンは2基のターボがあり、更に6気筒の内3気筒毎にターボや排気管などを一体化し配置させています。結果としてM4クーペは最高出力431psを実現しています。力強い走りを体感することができ、デザインが洗練されているので幅広い世代の人から支持されている車です。まるで高級セダンでドライビングを優雅に楽しんでいるように楽しむことができるでしょう。

ハイパワーエンジンが特徴的です

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-coupe/2017/engine.html

エンジンのデザインにも目を奪われます。BMW M4クーペは低速からすぐに立ち上がることが可能なハイパワーエンジンを搭載しています。加速に関して0~100km/hは4.1秒を実現しているのでアクセルをそこまで踏み込む必要がないぐらい加速力があります。M4クーペのエンジンルームはそのエンジンや装置のデザインなどの美しさに目を奪われるでしょう。エンジンを中心にU字型に配置されているCFRP(炭素繊維強化樹脂)製ストラッド・ブレースは特徴的で、フロントにある両サスペンション・タワーを繋ぐことから車体前方部の剛性をより高くし、ステアリング性能などの向上にも役立っています。エンジンルーム内部にまでデザインが洗練されている車です。

クラッチは2系統になっています

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-coupe/2017/driving-dynamics.html

BMW M4クーペのトランスミッションは、6速MTと7速M DCT Drivelogicがあります。7速M DCT Drivelogicはダブルクラッチトランスミッションのことで、構造的に1・3・5・7速によって1系統のクラッチを構成していて、2・4・6速によって1系統のクラッチを構成している2系統に区分されたクラッチです。クラッチ操作は電子制御にて自動的に行われ、2系統に区分されたクラッチを交互に繋ぎながら変速する方法が採用されています。変速に必要な時間を短縮することができ、円滑に素早い変速操作を行うことができるという特性があります。

最適な走行を楽しむさまざまな走行モード

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-coupe/2017/driving-dynamics.html

BMW M4クーペは車が走る時の状況や自分の好みに応じて走行が最適になる「走行モード」の選択を行うことができます。走行モードはエンジン+トランスミッションやサスペンション・ステアリングなどに区分されていて、状況に応じてコンフォートやスポーツ・スポーツプラスなどに切り替えることが可能です。コンフォートは長時間走行や街中を走行する場合は最適でスムーズな走りを実現する走行モードです。スポーツやスポーツプラスはエンジンレスポンス、シフトチェンジのスピード、サスペンションなどがよりスポーツ走行向きにセッティングされます。

洗練されたデザインが特徴的

引用元:https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-coupe/2017/driving-dynamics.html

外装の特徴として、フロントマスクにある空気の取り入れ口や、サイドにある空気の排出口があげられます。見た目にはインパクトがありホイールで生じる乱気流を抑えることができ、空気抵抗などを減少させることが可能です。キドニーグリルはブラックペイント仕様のダブルバーが採用され、精悍な印象を演出しています。ルーフはM3にも採用されたCFRP(炭素繊維強化樹脂)製ルーフを継承していて、車体上部の軽量化によって低重心を図っています。サイドから見ると「クーペ」というまさに洗練された美しい流れるようなラインに仕上がっていて、多くの人を魅了していると言えるでしょう。

内装はシックで洗練されている

引用元:https://prestige.smt.docomo.ne.jp/article/39664

内装はシックでスポーティな雰囲気になっていて、シートにはMモデル専用のMロゴが刻まされています。シートはシェル形状となっており、運転手の体をホールドすることが可能です。シートポジションのメモリー機能があり、Mロゴが刻印されているステアリング・ホイールや丸型メーターパネルなどもありスタイリッシュな造りです。

まとめ

BMW M4クーペは2014年にM3クーペの後継車としてリリースが開始された車です。美しく洗練されたフォルムやエンジンパフォーマンスが有名で、世界中で注目を集めています。BMWが行うMモデルの開発には車のエンジンはもちろん、ボディの剛性などに至るまで細部に及んでいます。ベース車両とはまったく異なる車と言って良いほど改良されていて、新しい魅力を発揮していて幅広い世代の人から支持されている車です。美しいフォルムはもとより走りを楽しむことができるクーペと言えます。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら