【試乗記 ホンダ シビックVTi 】買い物車でスイスポ級!?ホンダが生んだキング・オブ・大衆車

今やかなり大型化してしまいましたが、ホンダと言えばシビック。

かつては日本を代表するコンパクトハッチであったことはよく知られています。

今回ご紹介する車は初代TYPE Rを排出したEK型シビック、

その中でも省燃費とスポーティーさをバランス良く兼ね揃えた

VTiというグレードを紹介します。

今回のクルマも「絶版自動車ちゃんねる」さんを通して取材、動画をUPしております。

動画ではじっくり車のレビューをしておりますので、是非ご確認ください!

ささっと流したい方は本記事を閲覧ください。

実はTYPE Rとほぼ同一!迫力あるデザイン

今回の個体はEKシビックの後期型。前期型に比べ気持ちシャープな目付きが特徴です。

サイドモールも前期型が黒色に対し、後期型はボディ同色。キレのある見た目になっております。

前モデルのEGシビックと比較すると、全体的にサイズの大型化もさることながら、

より筋肉質になったことがわかると思います。

斜め後ろからクルマを見ると特に張り出し具合を強く感じられますね。

それもそのはず。サイドスカートやリアバンパーはあの本格スポーツグレード、

TYPE Rとほぼ同一の物を装着しているからです。

違いと言えば一回り小さいリアスポイラーのみ。スポーティさが伝わってきます。

この個体でさらに特筆すべきなのは、純正で装備されるサンルーフでしょう。

これ一つでクルマ偏差値が暴騰します。外から見るとさほど大きさを感じませんが、

室内からガバッと開けると驚くほどの解放感。特に後席に座っていると顕著に感じられますね。

室内はホンダの本領発揮!四人旅でも余裕だぞ。

では早速運転席に潜り込んで内装をチェックしていきましょう。

見てください、驚くほど綺麗な内装ではありませんか。

シートの磨耗も樹脂の変色もほぼ見当たりません。

前オーナーがどれだけ大切にしていたかが伝わってきます。

座り心地はスポーツシートと一般的な乗用車シートの中間くらい、

その中でも若干スポーツシートによった固さです。

従って、運転席に座ると適度な「走るぞ!」という感覚がわいてきます。

このシビックに乗ると、現代のクルマでは達成し得ない開放的な視界に気がつくはずです。

一方で、最新型のFITが発表された際そのフラットなインパネ上部が話題となりましたね。

しかし、このシビックもメーターバイザー部分を除き同様のフラットさを誇っています。

更には切り立った窓ガラスと気持ち低めのフリートラインでまさにパノラマビュー。

運転しながら爽やかな気持ちにさせてくれます。

当時はナビシステム含め全てのコンソール類をインパネ中央に集約する風潮がありました。

EKシビックもその例に漏れません。

 

それどころかコンソールボタンの部分が、そのままガバッと取り外せて、

リモコンのように使用できるオプションもありました。

今回そのような機能は無いですが、コンソール類が中央に集中しているため操作に迷いません。

次に後席です。驚くことに意外と広い。

ベンチ式シートのためホールド性は劣っていますが、頭上空間は拳一つ分の余裕を持っています。

オーナーさん曰く、2〜3時間の運行なら後席に二人乗せても全く問題ないとのことです。

セダンモデルのシビックフェリオと共通骨格のため、ここまで空間を広く確保できたとのこと。

サンルーフによる解放感も相まって、快適な旅が想像できます。

走りも燃費も犠牲にしない!驚異の3ステージVTEC

このシビックの最大の特徴と言えばエンジンです。

それもただのVTECではない、3ステージVTECという代物です。

通常VTECは中~高回転域でカムが切り替わりカミソリのような加速に変化する1段階変化ですが、

3ステージTVECはその名の通り、エンジンが2段階変化する仕組みになっています。

低回転域では吸気バルブが一つ停止した状態で希薄燃焼を行い低燃費走行を行います。

更に回転数が上がるとバルブは全数開閉し始め、中速トルクを確保します。

最後に高回転域では一般的VTECと同様に、

高速カムに切り替わりホンダ特有のカミソリ加速を始めます。

希薄燃焼走行時はメーター内にエコ走行を示すインジケーターが現れ、

丁寧な運転をゲーム感覚で実施することができます。これが非常に面白い。

一方でちょっと回したいなぁという気分で回転数を上げれば、

途端にホンダ特有のあのNAエンジンフィールが首をもたげます。

お買い物車でありながら、なんと先代スイフトスポーツ並みのスペックを誇っています。

高速カムに入れても、最大出力と車重が手の内に収まっている「楽しい」クルマと言えるでしょう。

サスペンションはホンダお得意のダブルウィッシュボーン。

その当時では上位クラスにこそ装備されるべき足回りをなんと日用車に装着しているのです。

軽い車重を吹き飛ばしてしまうことなく、足回りが路面を滑らかにトレースしていきます。

逆にしっとり感は控えめ。当時の設計思想が垣間見えますね。

TYPE Rじゃなくてもしっかりスポーツカーです

今回ご紹介したEK型シビックは一般の方向けの最も売れ筋だったグレードです。

しかし、どうしてもこの型のシビックではSiRやTYPE Rが取り上げられやすいですよね。

今回の取材ではそれらメジャーなグレードでなくとも、

シビックは楽しいことを証明する機会でもありました。

また、オーナーさん曰く維持も大変楽とのことで、

中古で買ってからというもの故障は全くないとのこと。

そこまで激しい扱い方をされないグレードであることも理由の一つでしょう。

基本的な保守点検を欠かさず行えば、長くお付き合いできる車に間違いありません。

EK型シビックを中古で 買うときはVTiも是非選択肢に!きっと楽しめるはずです!


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら