中古の電気自動車は大丈夫?値落ちが激しいEV中古車市場の背景とは

政府が補助金を出すなどの政策を行い、これからの自動車産業を担っていると言われている電気自動車・EV。これからさらに普及が進んでいくことは想像に容易いですが、まだ価格的には同じクラスのガソリン車に比べ比較的高価と言えます。しかし、普及が進んでいくということはそれだけ中古車も多く出回るということ。電気自動車はどうしても値落ちしやすいため、これからかなり安価な中古車も多数出てくることでしょう。その値落ちしやすさの背景にはバッテリーの容量問題が存在しています。電気自動車の中古を選ぶ上でバッテリーの劣化という問題はみなさんも心配するポイントなのではないでしょうか。そこで今回は電気自動車の中古車市場、中古車のバッテリー劣化は大丈夫なのかについてお話していきます。

どうしても値落ちしやすい中古車市場

冒頭でもお話した通り電気自動車の中古車価格はどうしても値落ちしやすいと言われています。中古車を買う側からすれば嬉しい限りですが、それは一体なぜなのでしょうか。

バッテリーの劣化

電気自動車のバッテリーとてやはり普通のバッテリーと同じように劣化します。この劣化が中古車価格を下げているのは紛れもない事実です。みなさん知っての通り電気自動車はバッテリーの電気を使い走行していますから、劣化によって航続距離が短くなるということは、まだまだ電気自動車の充電設備が整っていない日本において大きな心配となってしまいます。ガソリン車のエンジンと比較してみますと、エンジンが寿命を迎えるのが大体12〜13年ほど、そして電気自動車のバッテリーが寿命を迎えるのが5年ほど(元々の7割程度の性能になる)とそこには大きな差が見られます。しかし、そのことはメーカーとしても分かっているため5年以内であればバッテリー交換の保証範囲としている場合も多く一概に電気自動車が劣っているとも言えません。ただ、中古車ということを考えると5年を過ぎているものや逆に4年落ちくらいのものはどうしても安くなってしまいそうです。

セグ欠け

少し先ほどの話と被ってしまうところはありますが、バッテリーの劣化が目に見えて分かるようになるのがこのセグ欠け。略さずに言うとセグメント欠けという日産のリーフで見られる現象です。このセグメントとはバッテリーの容量を表示したもので満充電時の容量が全部で12個のセグメントに分けられています。そしてそのセグメントが欠けるのがセグ欠けです。このセグ欠けが起こると満充電をしても元々の容量よりも少ない量しか充電されなくなってしまう、つまりバッテリーが劣化したことを指します。これはメーターの表示を見れば一発で分かるのでバッテリーが劣化していることが素人から見ても一目瞭然です。直そうにも中古車ディーラーでは直せないもののため、中古車価格を安く下げて売るしかなくなり、値落ちしていきます。

車種ごとに違うバッテリー劣化速度

電気自動車も車種によってバッテリーの劣化速度もかなり変わってきます。メーカーごとにどのくらい変わるのでしょうか。

日産 リーフ

日本国内で電気自動車と言えば日産リーフですね。価格も他の電気自動車に比べ安く抑えられており普及という面では他メーカーを大きくリードしています。バッテリーの劣化については先ほどお話した通りセグ欠けで確認できますが、走行距離で言うと大体2〜4万kmほどで1セグが欠ける(つまり単純計算で8%減少)という電気自動車の中で言うと割と早いペースとなっています。もちろん使い方によっては10万kmで1セグしか欠けていないということもありますが、価格の安さから高級車メーカーに比べると劣化は早いと言えるかもしれません。

テスラ Model S


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら