静かなブームを呼んでいる「車中泊」を楽しむためのおすすめ軽自動車10選

最近はアウトドアブームの到来と共に車中泊ができる車に注目が集まっています。中でも軽自動車は安い金額で車中泊仕様にカスタマイズしやすいということもあり需要を集めています。本記事では、車中泊ができる軽自動車について紹介します。

車中泊がブームってホント?

最近は、アウトドアの人気が高まっており、それと共に車をテント代わりにした車中泊も人気があります。車中泊といえば、キャンピングカーのような大型の車をイメージしますが車室の広さや設備が改良されているものもあるので、最近では軽自動車でも車中泊ができるような車種が販売されるようになりました。今回は車中泊におすすめの軽自動車について紹介します。

軽自動車でも楽しめる?

車中泊対応の軽自動車は幅広く楽しみたい人におすすめです。軽自動車といえば、コンパクトで小回りが利くイメージがありますが、最近では車室が広く高さのがある車種が販売されています。広めの車室は荷物の積み込みが楽で、車中泊に必要なグッズや家族で楽しめる遊び道具など色々なグッズを車に積めてアウトドアを楽しむこともできます。また、座席をフルフラットにすれば車室でも体を伸ばせるというメリットもあります。

軽自動車での車中泊のメリット4選

車中泊ができる軽自動車のおすすめポイントを紹介します。車中泊対応の軽自動車は自動車メーカーから販売されていますが、普通車や大型車などの車種にはない軽自動車ならではのメリットがあります。軽自動車は、他の車種よりも車体価格や税金が安く済むので、安く車中泊のできる車を手に入れたい人にはおすすめです。他にも車中泊のできる軽自動車には、メリットがいくつかあるのでご紹介します。

メリット1:日常とは違う空間

軽自動車での車中泊が非日常空間を楽しむことができます。一般的な軽自動車は座席を倒してもフルフラットにならないので、車室での睡眠は難しいものですが、車中泊に対応している車種であれば座席をフルフラットにして快適な睡眠が可能になります。車中泊以外でもフルフラットした軽自動車は、テントのような使い方ができるのでアウトドアのような非日常を楽しみたい人におすすめです。

メリット2:レジャー費用の節約

車中泊のできる軽自動車はレジャー費用が節約できます。旅行のようなレジャーは楽しもうとすると、宿泊代など出費がかさみ気軽に楽しめないという印象があります。車中泊対応の軽自動車では、車室をテント代わりにできるので宿泊代を節約できます。他にも、食事をテイクアウトして車室で飲食すれば更に費用の節約が可能になります。そういった点でも車中泊対応の軽自動車は節約して手軽にレジャーを楽しみたい人におすすめです。

メリット3:小さな駐車スペースでOK

軽自動車は小さな駐車スペースに止められるというメリットがあります。車中泊やアウトドアを楽しもうとした時に、普通車や大型の車では駐車スペースが限定されてしまいますが、軽自動車ですと小さな駐車スペースに止めることができるので駐車場に困ることがありません。また、普通車用の駐車スペースだと隣りの車との間隔が空きます。軽自動車は、駐車を楽に行いたい人や車中泊で隣りの車の気配を感じたくない人にもおすすめです。

メリット4:災害時にも役に立つ

災害時にプライベート空間を確保したい人におすすめです。災害が起きると自宅が危険な状態で避難を余儀なくされて、いざ避難所に行ってみれば人の多さに落ち着かず身体を休めることができないということがあります。そういった時に車中泊対応の車があれば、人の目を気にせずにゆっくりと休むことができます。また、避難所によってはペットの受け入れが難しい場合もあるので、災害時にペットと一緒に避難したい人にもおすすめです。

車中泊に必要な4つのポイント

車中泊のできる軽自動車を選ぶ際に必要なポイントを紹介します。最近車中泊がブームになっているので軽自動車でも対応している車種が増えてきました。そうなると、どの軽自動車を選んだら良いか悩む人も多いのではないでしょうか。そういった時に、車中泊に必要なポイントを理解しておくことをおすすめします。必要なポイントを押さえて車選びを行えば、自分にとって理想の車中泊ができる軽自動車を選ぶことができます。

ポイント1:車室の広さ・高さ

車中泊のできる軽自動車には、ある程度の広さや高さが必要です。人は睡眠を取る時に天井の低さと狭さを感じると圧迫感を感じ、睡眠の妨げになります。他にも自分に合った車室ではない場合は着替えや身動きをするにも一苦労します。そういった点でも車中泊をする軽自動車の車室はある程度の高さがや広さが必要です。ですので、車中泊用の車を購入する際は自分に合った車室の広さや高さがある軽自動車を購入することをおすすめします。

ポイント2:フルフラットになるか

車中泊をするのであれば、フルフラットになる軽自動車がおすすめです。車中泊を使用とした時に寝床がデコボコしていると寝ずらくて安眠できません。車中泊で睡眠を確保するためには座席がフルフラットにする必要があります。フルフラットにできれば、座席をマットレスのように活用できるので睡眠の確保ができます。また、フルフラットは車室を個室のように変化させるので、車中泊以外でも車室を活用したい人におすすめです。

ポイント3:カーテンが付いているか(付けられるか)

車中泊にカーテンは欠かせないアイテムです。車中泊をする時に、カーテンが付いていないと街灯など外の光が車室に入り込んだり、他の人から車室を覗かれる心配も出てきます。安眠とプライバシーを確保するためにもカーテンを付けることは大切なことです。カーテンを自分で用意することもできますが、車によってはオプションでカーテンが付いている車もあります。純正のカーテンが欲しい人はオプションで選べる車をおすすめします。

ポイント4:豊富なシートアレンジが可能か

豊富なシートアレンジは車中泊に欠かせません。車の座席のアレンジといえば、一昔前は座席のリクライニングが出来るくらいでしたが、最近では様々なシートアレンジに対応している車種が増えてきました。軽自動車で車中泊を考えているのであれば、シートアレンジが可能か確認する必要があります。様々なシートアレンジができればより充実した車中泊が手に入るので、豊富なシートアレンジが可能な車を選ぶと良いでしょう。

車中泊におすすめの軽自動車10選

軽自動車によって色々な車中泊が楽しめます。車中泊には1人の時間を満喫したい人もいれば、ゆったりとした時間を過ごすために車中泊をするカップルや夫婦、親子で楽しむ二人旅など様々なスタイルがあります。車中泊ができる軽自動車にはメーカーによって色々な特徴が出ており、その特徴を理解して自分の用途に合った軽自動車を選ぶと車中泊をより満喫することができます。ここでは、車中泊におすすめの軽自動車を紹介します。

おすすめ軽自動車1:ダイハツ ウェイク

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/img03_exterior/07_01_01.jpg

沢山の荷物を持って車中泊をする人におすすめの軽自動車です。アウトドアを楽しもうとすると荷物が増えてしまうことがありますが、ダイハツから販売されている「ウェイク」は自転車を2台運べるなど大容量の荷物の収納ができます。また、ウェイクは車室に高さがあるので寝転がった時に圧迫感を感じません。更にフルフラットにした座席の上にアクセサリーオプションのジョイントクッションを使用すると一層寝心地が快適になります。

おすすめ軽自動車2:スズキ ハスラー

https://www.suzuki.co.jp/car/hustler/styling/img/img01.jpg

車中泊用のアクセサリーオプションが充実している軽自動車を求めている人におすすめです。車中泊をしようとした時にクッションやカーテンなど色々なアイテムを用意する必要がありますが、スズキから販売されている「ハスラー」は車中泊用のアクセサリーオプションが充実しています。ハスラーを購入時にアクセサリーも併せてディーラーで発注しておくと、納車後からすぐに車中泊を楽しむことができます。

おすすめ軽自動車3:ホンダ N-BOX

https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/image/pic_styling_nm_cs.jpg

豊富なシートアレンジができる軽自動車を求めている人におすすめです。ホンダから販売されている「N-BOX」は座席の車中泊に必要なフルフラットにでき、加えて後部座席を跳ね上げて畳めるなど座席への移動の自由度が高いというメリットがあります。N-BOXは車中泊ができるというともあり、車室が広めの設計になっていて用途に合わせて色々な荷物を運んだりできるので、車中泊以外の日常生活でも幅広く使用できます。

おすすめ軽自動車4:スズキ アルトワークス

https://www.suzuki.co.jp/car/alto/styling/img/img01.jpg

パワフルな走りを求めている人におすすめの軽自動車です。スズキから販売されている「アルトワークス」はVVTターボが搭載されているのでパワフルな走行ができます。アルトワークスは普通車並みの走行性能が望めるので、街乗りだけでなく長距離の運転も楽しめる上、マニュアル車も選べます。アルトワークスを車中泊仕様にする場合は後部座席をフルフラットにして寝床を作成するようになっています。

おすすめ軽自動車5:スズキ スーパーキャリイ

https://www.suzuki.co.jp/car/carry/performance_eco/img/img10.jpg

車中泊ができる軽トラを求めている人におすすめです。軽トラといえば農業などの作業を行う時に活躍するイメージがありますが、スズキから販売されている「スーパーキャリイ」は軽トラには見られなかった座席のリクライニングが可能になっています。さらに助手席の背面を倒すとテーブル代わりにもなり、座席の後部に設置されているキャビンを併せて活用すれば寝るのは外になってしまいそうですが、車中泊を楽しむことができます。

おすすめ軽自動車6:ダイハツ アトレーワゴン

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/atrai/img03_exterior/main01.jpg

座り心地の良い軽自動車を求めている人におすすめです。車中泊をする時に、フルフラットにした座席の上にマットレスやクッションなどで寝床を整えますが、ダイハツから販売されている「アトレーワゴン」は座席が座り心地が良いので、フルフラットにした状態でも身体を休めることができます。また荷室がフラットになるので、車中泊を満喫できるように荷室をカスタマイズして楽しむことも出来ます。

おすすめ軽自動車7:ダイハツ ハイゼットカーゴ

https://www.daihatsu.co.jp/lineup/cargo/img03_exterior/07_01_03.jpg

楽に荷室を車中泊に変えたい人におすすめの軽自動車です。ダイハツから販売されている「ハイゼットカーゴ」は、荷室が多くの荷物を運べるフルフラット仕様になっています。そういったこともあり仕事用に多く使用されている車種ですが、車中泊用としても人気があります。後部座席もフルフラット状態にすると荷室長が1,750㎜となるので、荷室を車中泊仕様にした場合に身長のある人でも足を延ばしてゆっくりと眠ることができます。

おすすめ軽自動車8:スズキ ジムニー

https://www.suzuki.co.jp/car/jimny/styling/img/img01.jpg

アウトドアと車中泊を満喫したい人におすすめの軽自動車です。家族やカップルで車中泊を楽しみたい人もいますが、1人でアウトドアや車中泊を楽しみたい人もいるのではないでしょうか。そういった1人で楽しみたい人に向いている軽自動車が、スズキから販売されている「ジムニー」です。ジムニーは、オフロード車なのでアウトドアに向いていますし、助手席にセットできるベッドクッションがオプションとして販売されています。

おすすめ軽自動車9:スズキ ワゴンR

https://www.suzuki.co.jp/car/wagonr/styling/img/image01.jpg

運転のしやすさと車中泊ができる軽自動車を求めている人におすすめです。スズキから販売されている「ワゴンR」は1993年から販売されています。そのため、街中でもよく見かける機会もあり、多くのユーザーに愛用されている車種です。そんな人気の高いワゴンRですが、車中泊ができることでも知られています。フルフラットにした状態に車中泊用のマットを使用すると車室が寝室に早変わりします。

おすすめ軽自動車10:スズキ エブリィワゴン

https://www.suzuki.co.jp/car/everywagon/styling/img/img01.jpg

大人4人で車中泊をしたい人におすすめの軽自動車です。軽自動車で車中泊をしようとすると2人までしかできないのですが、スズキから販売されている「エブリィワゴン」には二段ベッドにできるアクセサリーオプションがあります。耐荷重的に上段は80㎏までとなっているので、エブリィワゴンは大人4人まで車1台で車中泊ができます。他にも、夫婦と子供2人いるような家族連れで車中泊をしたいにもおすすめの軽自動車です。

車中泊はどこでできる?

車中泊ができる場所を紹介します。車中泊ができる場所は、道の駅、高速道路のサービスエリアやパーキングエリア、オートキャンプ場です。高速道路のサービスエリアやパーキングエリアは、トイレや売店、レストランが利用できます。道の駅のトイレも時間を気にせず利用できますし、中には温泉の設備がある道の駅もあります。また、オートキャンプ場であれば車をテント替わりにキャンプを楽しむことができます。

禁止区域に注意

車中泊が禁止区域になっている道の駅もあるので気をつけましょう。道の駅は車中泊ができるスポットの1つに挙げられますが、中には車中泊が禁止になっている道の駅もあるでしょう。禁止区域に指定されているにもかかわらず車中泊を行うと、道の駅側から注意を受けるなど思わぬトラブルにあうことにもなります。そうならない為にも、予め利用する道の駅が車中泊が可能なのか確認しておくことをおすすめします。

車中泊を楽しむには適切な車選びから!

車中泊を快適に楽しむためには、車室が広く高さもあり座席がフルフラットにできる軽自動車を選ぶことがとても大切になってきます。また、プライベート空間やプライバシーを守るためにもカーテンなどが必須なアイテムと言えるでしょう。車中泊ができるところかをしっかりと確認してから、ルールに沿って上で楽しい車中泊をしましょう。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら