国産エンジン史軽自動車・80年代第2次パワーウォーズ!前編

国産エンジンの歴史をさまざまなジャンル・角度から解説していくシリーズ、軽自動車編その4は、80年代に再燃した第2次軽自動車パワーウォーズ前編です。ターボ化が進む軽自動車の中で、最初に革命的なブレイクスルーを果たしたのは、ダイハツ ミラでした。

第1次パワーウォーズの反動

1967年3月のホンダ N360(31馬力)のデビューに始まり、1970年7月のダイハツ フェローMAX SS(40馬力)をピークとして、1976年のマツダ シャンテ(35馬力)の生産終了により、9年間におよぶ第1次軽自動車パワーウォーズは終わりました。

1972年のマスキー法を契機とした厳しい排ガス規制や、1973年の第1次オイルショックを景気とした低燃費化という二重の対策に追われるという意味では、軽自動車メーカーにも変わりは無かったのです。

それまでの空冷2サイクルエンジンにスポーツキャブレターを装着し、高回転で大量の燃料を燃やして爆発的な力を得る、という方法は通用しなくなり、急速に低回転からの実用的なトルクを確保し、パワーが減った分は水冷4サイクル化による静粛性が向上したジェントルなエンジンで商品力を確保するという、それまでと全く逆の作り方で軽自動車が作られるようになったのです。

さらに、1976年1月の規格改正による550ccまでの排気量拡大も、その傾向に拍車をかけました。

排ガス規制の緩い軽商用車(4ナンバー)ではまだしばらく2サイクルエンジンが残ったものの、「パパンパン、パン!」と2サイクルエンジン特有の賑やかな排気音を上げて走る軽自動車は、急速に姿を消していったのです。

水冷4サイクル・550cc・三菱ミニカターボの登場

さて、前述の通り550cc時代に突入してからも、かつてのようなハイパワー軽自動車は投入されませんでした。

上がった排気量は、ボディサイズ拡大で重くなったボディを引っ張るためのトルク確保に回されたのです。

それだけでなく、排ガス規制に適合した4サイクルエンジンの開発に遅れを取ったスズキが、トヨタの仲介でダイハツから一時期AB型エンジン(水冷4サイクル2気筒)を軽乗用車フロンテ用として供給を受けるという一幕もありました。

要するに1970年代後半から80年代初めにかけては、各社ともハイパワーエンジンどころではなかったのです。

そこにようやく風穴があいたのは1983年の事でした。

2月に三菱 ミニカと商用バンのミニカエコノが軽自動車として初めてG23BTターボエンジンを搭載してデビュー!

後にスズキ・カプチーノが登場するまで軽乗用車(ミニカ)としては唯一の、そして軽ホットハッチ(ミニカエコノ)としては現在に至るまで唯一の軽FRターボ車です。

ターボ車といってもわずか39馬力で360cc時代のピークにも達していなかったものの、5.5kgf・mという360ccNAエンジンよりありえなかった太いトルクで、軽自動車エンジンは新たな時代に突入したのでした。

ダイハツはミラターボで自らフェローMAXを超えた

三菱がミニカでターボ化の先陣を切ると、当時シビックに注力するため一時的に軽乗用車から撤退していたホンダ以外の各社が、競ってターボ車を投入しました。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら