国産大衆車史その1・日本で大衆車が生まれるきっかけとなった、通産省の国民車育成要綱

国産車の歴史をさまざまな視点から見ていく記事の、大衆車シリーズその1は、1950年代の通商産業省(現在の経済産業省)が考案した「国民車育成要綱案」が元となって生まれた、事実上日本初となる3台の大衆車をご紹介します。


世界初の「大衆車」T型フォードが残したもの

CCライセンス 表示1912 Ford Model T by GPS 56

その歴史の初期において、世界中のどこであろうと「富裕層の持ち物」だった自動車が初めて大衆でも買える存在となったのは、1908年に生まれたT型フォードことフォード モデルTが初めてでした。

それ以前にもヨーロッパなどで安価なサイクルカーなどのマイクロカーは存在したものの、自動車としては非常に簡便で実用性は低く、趣味の移動などではともかく、例えば買い物に出かけるのに使うような用途には向いていなかったのです。

それを変えたのがT型フォードで、1927年までの19年間で1,500万台以上を生産、史上2番目の生産台数を記録しました(史上最多生産は後述)。

その特徴はベルトコンベア式の流れ作業による効率的な大量生産により、同クラス他車よりも圧倒的な低価格を実現した事がまずひとつ。

さらに、全米各地に販売拠点とともにサービス拠点を多数設けて整備や修理を容易にした事。

そして、部品の規格化により職人の手作業による調整を不要とし、同じ部品で組めば全て同じT型フォードになるという、今では当たり前ですが当時としては画期的な事を実現したのです。

このT型フォードによって確立した「大衆車」は、以後全ての大衆車が以下の項目を基本として作られる事になりました。

1.一般的な所得層が十分購入できる価格帯
2.一般的な道路状況で日常利用か可能な走行性能
3.一般的な所得層でも燃費や整備など維持コストに無理がない事。
4.一般的な構成の家族が乗車できる事。

「国民車」として生まれ、世界一の大衆車に成長したVWタイプ1「ビートル」

CCライセンス: 表示CCライセンス: 継承Volkswagen 1200 1960 by RL GNZLZ

戦前のナチスドイツにおいてヒトラー総統の厳命によりフェルディナント・ポルシェが開発した「kdf」は、T型フォードのように1企業による開発ではなく「国民車」という国家プロジェクトではありましたが、戦後にフォルクスワーゲン社がタイプ1、通称「ビートル」として大量生産し、ドイツ本国をはじめ世界各国で58年にわたり2,100万台が生産されました。

「世界最多生産を誇る大衆車」とは、ビートルの事だったのです。

元々、戦前のドイツ国民車計画でしたが、既に整備が始まっていたアウトバーンから、舗装されていない田舎の悪路までを家族を乗せて十分な走行性能を持ち、かつ安価で整備も容易という大衆車としての要件も十分に満たしており、北米をはじめ輸出も絶好調で日本でもよく見かけ、さらには世界中に工場が作られる事で、現在のフォルクスワーゲン社の礎となったのです。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら