自動車産業のビッグ3と呼ばれていたクライスラーはどのような自動車メーカー?

自動車を購入するとき、好きな自動車メーカーやスペックを気にしてみたり好みのデザインのものを購入したりすると思います。しかしほとんどの場合は車を購入する際にどのメーカーの車を選べばいいかわからないそんな人が多いかもしれません。初めて車を購入する方や車についてあまり知識のない方は特にわかりにくいように感じている人が多いと思われます。各自動車メーカーの生産している製品はさまざまな特徴があります。歴史も深くメーカーの歩んできた道を知ることでどのような車を世に送り出してきたのかがわかります。その各社持ち合わせている特徴を吟味し、消費者のライフスタイルに合った車を選び購入することで初めていい買い物ができるのではないかと考えています。今回は数多くの自動車の中からクライスラーについて紹介していきたいと思います。

クライスラーとは?

アメリカの自動車メーカークライスラーはどのような自動車メーカーなのでしょうか。

クライスラーの設立

クライスラーは1925年にウォルター・クライスラーという人物が創立したクライスラーコーポレーションという企業から始まりました。アメリカに本社を置くクライスラーはかつて自動車産業のビッグ3と呼ばれていましたが、2009年にアメリカの金融危機が原因で発生した世界的な不況の影響で倒産の危機に陥りました。しかし1ヶ月という短い期間で再建し、現在では大手自動車会社のフィアット傘下となっています。

クライスラーが生み出した名車

クライスラーが誕生してから長い年月が経ちましたがその中で数々の名車と呼ばれる車が誕生していきました。クライスラーの生み出した数々の名車の中から一部抜き出して紹介していきたいと思います。

クライスラー 300c

1950年大スタイルのダッジスーパー8HEMIをコンセプトに2001年のデトロイト・オートショーに出展されました。迫力のあるボディや高級車ならではの魅力的な装備にもかかわらず強豪の他社が販売する自動車と比べて価格が安価だったことから大人気のモデルとなりました。このおかげでクライスラーの売り上げが向上し、業績が回復しました。

クライスラーの魅力ってどんなところ?

クライスラーは世界を代表する自動車ですがなぜここまで世界的に人気のある自動車になったのでしょうか。その人気の裏には何か魅力があるからこそ支持されているのかもしれません。

アメリカンを感じることができるクライスラー

クライスラーの良さの一つとしてデザイン性が挙げられます。クライスラーのデザインは見る者にクラシックな印象を与え、古き良きアメリカを思い出させるようなデザインをしています。その為、クライスラーの販売する自動車は他の自動車メーカーの販売する自動車と比べて個性的な見た目をしています。また、デザイン性だけではなくサイズもアメリカンです。クライスラーの販売するモデルのほとんどは全長が5,000mmを超えており、国産車では味わえないようなダイナミックさを味わうことができます。

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』