【映画と車】プジョー407 in TAXi4

時速300km/hで駆け抜けるカッ飛びタクシー!

TAXiシリーズは4作目を迎え、主人公の愛車もモデルチェンジしました。
物語のプロットはいつも通りダニエルとエミリアンたちが繰り広げるカーアクションなのですが、今作はさらにコミカルさに拍車がかかっています。

あらすじ

子供ができ父親になってもダニエル(サミー・ナセリ)のスピード狂とエミリアン(フレデリック・ディーファンタル)のドジさは相変わらずです。
二人は家族ぐるみで付き合い、固い友情で結ばれていました。

ダニエルはマルセイユに移籍してきたサッカーフランス代表選手のジブリル・シセ(本人)をスタジアムまで送っていました。
シセはチャリティマッチに遅刻しそうで困っていましたがダニエルは例によって爆走し直接フィールドまで送り届けます。
(嘔吐してしまうこれまでの同乗者と違い、シセは車内でユニフォームに着替える余裕を見せます)

南仏の日差しが降り注ぐ、のどかな日々が続くマルセイユ…
そんなある日、マルセイユ警察に非常に重大な仕事が舞い込んできました。
武装強盗53件・殺人への関与122件という凶悪グループのボス、アルヴェール(ジャン=リュック・クシャール)をコンゴへ移送する任務です。

エミリアンは署に運び込むところまでは良かったのですが、アルヴェール一味のトラップに騙され彼らの逃走を許してしまったのです。
激怒したジベール署長(ベルナール・ファルシー)にクビを宣告されたエミリアンは、名誉回復のためダニエルに助けを求めます。

アルヴェール一味はマルセイユ警察が手を出せないモナコ公国のベルギー王立銀行を狙っていました。
エミリアンの妻、ペトラ(エマ・シェーベルイ)が先回りし、女泥棒に扮して潜入捜査をしていたのですがその美貌に目が眩んだアルヴェールはペトラに結婚を申し込みます。

エミリアンとダニエルも潜入に成功したのですが、変装したペトラにエミリアンは気づかないばかりか自らも捕まってしまいます。
それどころかエミリアンはペトラをアルヴェール一味だと勘違いしている始末です。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら