消滅した自動車メーカーその6~鈴商~スパッセVという夢

消滅した自動車メーカーその6は、オリジナルスポーツカーを作っていた「鈴商」です。


21世紀初頭の日本を吹き抜けた、熱い風

1960年代後半、初期の自動車業界再編によって現在まで続く自動車メーカーが生き残った後、しばらく新規参入が許されない時代がありました。

いくら自動車を製造・販売したくとも、運輸省(現在の国土交通省)が「現在自動車メーカーではないから」という、今考えると無茶苦茶な理由で、それを阻止していたのです。

しかし、1996年に光岡自動車が晴れて自動車メーカーとしての認可を受けると、それを前例として多くの小規模メーカーが参入を図るという、熱い時代が2000年代半ばまで続く事になります。

その多くが目指したのは、「少量生産だからこそ成り立つスポーツカー」。

量産車としては採算が取れないスポーツカーでも、既存メーカーから仕入れたエンジンを搭載し、衝突安全などの規制をクリアし、趣味性の高いデザインで小規模生産を行えば成り立つと考えられたのです。

愛知県名古屋市に存在した、株式会社鈴商もそんな新規参入のメーカーでした。

オリジナルスポーツカー「スパッセ」

損害保険代理店から身を起こし、輸入車や輸入パーツの販売を行っていた株式会社鈴商が、初のスポーツカー、スパッセを発売したのは2004年の話です。

スタイルは見たそのまんま、ケータハム(ロータス) スーパーセブンと同じスタイルを持つ(コピーではなく中身は異なる)「ニア・セブン」と呼ばれるジャンルのスポーツカー。

2リッター直4DOHCのSR20DEエンジンとミッションは日産 シルビアのパーツをそのまま使い、姿こそセブンに似てはいるものの、車体設計はCADを使ってゼロから行った完全オリジナルと言われています。

スパッセ以前には光岡がゼロワンという同じくニア・セブンを製造・販売していましたが、側面衝突安全性をクリアできなかったために2000年で生産終了。

その4年後に光岡がクリアできなかった衝突安全をクリアしてニア・セブンの認可を取得しようというのですから、完全オリジナル設計でなければならなかったのは当然でしょう。

名古屋の小さな自動車販売店にすぎない鈴商にとって、それは簡単な事では無かったはずですが、それを成し遂げた事だけでも偉大だったと言わざるをえません。

見事に国土交通省から型式認定「SH01」を受けたスパッセは、現在でも乗っている人を時々見かけますが、生産台数や現存台数は定かではありません。

未来を感じた、「スパッセV]の夢

続けて2009年の東京モーターショー09に「スパッセV」を出展、これは筆者も見に行きました。

マツダスピードアクセラ用の2.3リッター直4ターボエンジンを搭載し、270馬力で走らせるボディの重量はわずか850kg、パワーウェイトレシオはなんと3.14kg/ps!

現在で言えば、GT-Rほどでは無いにせよ、フェアレディZよりはるかに上。 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら