道路に描かれた「ひし形」・「逆三角」マークの標識の意味わかりますか?

ひし形(ダイヤ)マークの道路標識

みなさんは、道路に描かれた「ひし形(ダイヤ)」、もしくは「逆三角」の路面標示の意味をご存知ですか?ほとんどの方は、「ひし形」の標示を頻繫に見かけるはずです。運転をする方であれば、「逆三角」の標示を見かける機会もあるでしょう。それにもかかわらず、これらの路面標示について、「どんな意味だっけ?」、「忘れてしまった」という方も多いのではないでしょうか。もしかすると、私たちが思っている以上に、忘れてしまっている道路標識や路面標示はたくさんあるかもしれません。

そこで今回は、忘れてしまっている人も多い「ひし形」と「逆三角」マークの路面標示の意味や役割などについて紹介していきます。

ひし形マークの道路標識について

ひし形の道路標識の意味

縦に2つ並んだひし形(ダイヤ)の路面標示

ひし形マークの道路標示は、「前方に横断歩道又は自動車横断帯あり」を意味します。つまり、もし運転をしている際にひし形の標示を見つけた場合、その先には横断歩道等があります。この標示が見えたら、歩行者がいるか注意するようにしましょう。また、歩行者がいたときのために、いつでも止まることができるように、速度を徐々に落としてみても良いかもしれません。

ひし形の道路標識にまつわる豆知識

当たり前かもしれませんが、ひし形の標示は位置やサイズが定められています。上にある写真のように、ひし形マークは基本的に縦に2つ並んでいます。1つ目は横断歩道の50(40)メートル手前にあり、もう1つは30メートル手前にあります。サイズは基本的には、縦5メートル・横1.5メートルですが、都道府県によっては例外もあります。ちなみに、このひし形の標示は、信号のない横断歩道の前のみに描かれています。信号は遠くからでも見やすいですし、わざわざ道路にも表示を描く必要がないためです。

横断歩道では歩行者優先

横断歩道で歩行者を優先する車

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら
ひし形(ダイヤ)マークの道路標識