道路に描かれた「ひし形」・「逆三角」マークの標識の意味わかりますか?

ひし形(ダイヤ)マークの道路標識

みなさんは、道路に描かれた「ひし形(ダイヤ)」、もしくは「逆三角」の路面標示の意味をご存知ですか?ほとんどの方は、「ひし形」の標示を頻繫に見かけるはずです。運転をする方であれば、「逆三角」の標示を見かける機会もあるでしょう。それにもかかわらず、これらの路面標示について、「どんな意味だっけ?」、「忘れてしまった」という方も多いのではないでしょうか。もしかすると、私たちが思っている以上に、忘れてしまっている道路標識や路面標示はたくさんあるかもしれません。

そこで今回は、忘れてしまっている人も多い「ひし形」と「逆三角」マークの路面標示の意味や役割などについて紹介していきます。

ひし形マークの道路標識について

ひし形の道路標識の意味

縦に2つ並んだひし形(ダイヤ)の路面標示

ひし形マークの道路標示は、「前方に横断歩道又は自動車横断帯あり」を意味します。つまり、もし運転をしている際にひし形の標示を見つけた場合、その先には横断歩道等があります。この標示が見えたら、歩行者がいるか注意するようにしましょう。また、歩行者がいたときのために、いつでも止まることができるように、速度を徐々に落としてみても良いかもしれません。

ひし形の道路標識にまつわる豆知識

当たり前かもしれませんが、ひし形の標示は位置やサイズが定められています。上にある写真のように、ひし形マークは基本的に縦に2つ並んでいます。1つ目は横断歩道の50(40)メートル手前にあり、もう1つは30メートル手前にあります。サイズは基本的には、縦5メートル・横1.5メートルですが、都道府県によっては例外もあります。ちなみに、このひし形の標示は、信号のない横断歩道の前のみに描かれています。信号は遠くからでも見やすいですし、わざわざ道路にも表示を描く必要がないためです。

横断歩道では歩行者優先

横断歩道で歩行者を優先する車

みなさんご存知だと思いますが、横断歩道での歩行者優先は道路交通法によって定められています。横断歩道を渡ろうとしている歩行者を優先するためにも、ひし形マークの標識を見た場合は減速するようにしましょう。また、横断歩道の30メートル以内は、「追い抜き」・「追い越し」が禁止されています。「2つ目のひし形と交差点の間では、追い越し・追い抜きをしてはいけない」と覚えると良いと思います。
※横断歩道手前に車が停止している場合は、一時停止する必要があるので注意をするようにしましょう。

「歩行者優先」を守らないとどうなるの?

はてなマーク

道路交通法38条第1項により、「車両等は、横断歩道又は自動車横断帯を渡ろうとしている歩行者又は自転車を妨げてはならない」と定められています。この違反に対しては、違反点数が2点と以下のような反則金が課されます。

  • 大型車 12,000円
  • 普通車 9,000円
  • 二輪車 7,000円
  • 原付 6,000円

しかし、想像がつきやすいかもしれませんが、約9割の人がこのルールを守っていないといわれています。この理由の1つとして、「一時停止した際に、後続車から追突される恐れがあるから」というものがあると思います。歩行者の発見が遅れてしまった場合、急に止まると危ないですもんね。しかし、前述したように、信号のない交差点の手前には、ひし形(ダイヤ)の路面標示があります。それぞれの路面標示には、しっかりとした意味や役割があるんですね。このマークの表示を見つけた場合は、歩行者がいるか注意するように心がけると良いと思います。

逆三角マークの道路標識について

逆三角の道路標識の意味

あまり見かける機会が多くないとは思いますが、逆三角マークの路面標示は「前方優先道路」を意味します。名前の通り、この標識は前方にある道路が優先であることを示しています。つまり、自分の走行している道路にこの逆三角マークの標識がある場合、もう一方の道路(自分の走行していない前方の道路)が優先されます。

基本的には2つ描かれており、1つの場合もありますが、どちらも「前方優先道路」の標示であり、意味は同じです。

まとめ

  • ひし形(ダイヤ)は、「前方に横断歩道又は自動車横断帯あり」を意味する。
  • ひし形マークがあるのは、信号のない交差点の手前。
  • 基本的に、このひし形の標識は縦に並んでおり、1つ目が交差点の50メートル手前、2つ目が30メートル手前にある。
  • 逆三角マークの標識は、「前方優先道路」で、標識のある前方の道路が優先されることを意味する。

今回紹介した「ひし形」と「逆三角」の標識をはじめ、忘れてしまっている道路標識・路面標示は多くあるのではないでしょうか。免許を取得する際に教習所で学んだはずですが、私たちが思っている以上に多くのことを忘れてしまっています。それにより、警察に捕まってしまうだけでなく、思わぬ事故につながってしまう可能性もあります。それぞれの道路標識・路面標示には、意味や役割があります。安全のためにも、分からない標識・標示に遭遇した際には、意味を調べるようにすると良いかもしれません。


〜今までよりもクルマを高く売却できる新しい方法〜 


「90万円」高く売却に成功! K様



K様のコメント:
 
「愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」

高く売却できる『おまかせ出品』

『おまかせ出品』で、びっくりするくらいクルマが高く売れるかも!?

『おまかせ出品』の詳細はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
CTA画像
クルマがお店より高く売れる個人間売買のマーケット『Ancar』

無料でカンタン査定!まずは試しに査定してみよう!

『Ancar』で、びっくりするくらいクルマが安く購入できるかも!?

出品中のクルマ一覧はこちら

【TGR TRADE】 レースに使う競技車両の売買も!



トヨタ(トヨタ・ガズー・レーシング)と提携し、競技用(レース)車両の個人間売買サービスプラットフォーム「TGR TRADE」を開始しました!

「自分が大切に乗ってきた車両を手放したいが、どこで売ればいいのか分からない」「レースやラリーに興味があるので、中古車で手軽に参加してみたいが、どこで買えるのか分からない」という、個人の売りたいお客様、買いたいお客様それぞれのニーズや困りごとがあります。

『TGR TRADE』はそのような双方の思いを結びつけるためのプラットフォームとなり、中古車の競技用車両が流通する市場を作ることで、モータースポーツへの参加のハードルを下げ、クルマファンの裾野拡大につなげることにお役に立ちたい、という思いから開始するサービスです。

売りたいお客様はスマホで簡単に出品ができ、かつ価値を理解してくれる人に直接引き継ぐことが出来る、買いたいお客様はレース経験者と直接のコミュニケーションをサイト内で取ることができるなど、個人間売買である特性を生かしつつ、お客様のニーズに寄り添ったサービスを展開していきます。
『TGR TRADE』の詳細はこちら

 【ショールーム撮影会】



愛車をショールームで撮影してもらえる『ショールーム撮影会』を開始しました!

愛車の撮影をしてくれて、売りたい時に、そのままサービスが利用できる画期的でスマートなサービス「ショールーム撮影会」!!

是非、興味がある人は利用してみては??

※毎週日曜日、完全予約制にて、下記のショールームにて開催されています。
〒151-0071
東京都渋谷区本町1-17-12リッツ初台ビル 1F
営業時間 10:00-19:00 (定休日:火曜・水曜)
TEL 03-6300-9141
Email apl@ancar.jp
HP https://lounge.ancar.jp

 【クルマの相談所】



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら
ひし形(ダイヤ)マークの道路標識