放置すると車が燃えるかも?ブレーキの不具合と分解整備【ベテラン整備士が教えます!】

自動車において最も基本的な走る・曲がる・止まるの3要素の中のひとつを支えるブレーキでは、気にならないほどの小さな異常が大参事に繋がることもしばしば。安全に走る上では最も重要な部分です。

今回は、実際にブレーキの不具合で入庫した車の症状と分解整備の様子を紹介していきます。

ブレーキキャリパーって何?

今回、分解整備していくのはブレーキキャリパーという部品です。ブレーキキャリパーとはブレーキペダルからの力を液圧を介して受け、その力でブレーキピストンを押し出す働きをする部品です。このブレーキピストンを押し出す力を使ってタイヤと一緒に回転しているディスクローターをブレーキパッドで挟み込み摩擦力を生み出しています。上の写真でいえば赤い部品がブレーキキャリパー本体で左の丸い部品がディスクローターです。

症状と原因

錆が発生したブレーキピストン

今回はブレーキが常に効きっぱなしになる”引きずり”と呼ばれる症状が発生していました。この症状を放置すると異音が発生したりハンドルが左右に取られたりします。またブレーキパッドの消耗が早く進み金属同士がこすれると火花が発生し、最悪の場合車両火災を引き起こすこともあります。ブレーキがかかりっぱなしになると普段より大きな熱が発生します。この熱によってフェード現象やべーパーロック現象が起きると重大な事故につながる可能性もある大変危険な現象です。
この引きずりという症状は、押し出されたブレーキピストンが定位置に戻らず押し出されたままになることで発生します。ではなぜブレーキピストンが戻らなくなるのかでしょうか。ブレーキキャリパーには水分や空気、汚れの侵入を防ぐためのダストブーツやピストンシールと呼ばれるパッキンがはめ込まれています。このパッキン類が劣化してひび割れたり硬くなったりすると隙間ができます。そこから水分や空気、汚れなどがブレーキキャリパー内部に侵入しピストンが錆びつきピストンが固着してしまいます。ブレーキシステムの液圧は非常に強い力なので多少錆びついてもピストンを押し出すことができますが、ピストンを定位置に戻すのはピストンシールと呼ばれるブレーキピストンにはめ込まれているリング状のパッキンの弾性力です。この力がそれほど強くないためピストンが戻らず引きずりが発生します。

オーバーホール

修理の概要

今回は修理のために劣化したダストブーツ、ピストンシールと錆が発生したブレーキピストンを新品に交換していきます。ブレーキピストンは錆びたまま再利用すると錆がシール類を傷つけまたすぐに同じような症状が出てしまいます。軽い錆であれば研磨して再利用することも不可能ではないですが、ブレーキピストン自体がそれほど高価な部品ではないので新品に交換するのが望ましいです。シール類やダストブーツは経年劣化する材質なので基本的に再利用することはありません。

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら