汚れをゴシゴシこするのはNG?車シートのシミ・汚れの落とし方

汚れのついた車のシート

件数はあまり多くありませんが、「どうしてもシートのしみ汚れを落としてほしい」というご依頼を頂きます。車を利用していく中で、食べこぼしや泥汚れなどによって車内を汚れてしまうこともありますよね。特に、お子様がいらっしゃるご家庭のお車は、なかなか綺麗に保つのは難しいと思います。お子様が、食べこぼしや泥汚れで車内を汚してしまうことがあるのは仕方ないですよね。今回は車のシートとフロアマットの汚れの落とし方について紹介していきます。

整備工場で行う車のシートの汚れの落とし方について

車のシートのお掃除について

汚れのついた車のシート

ファブリックシートで余りにもひどい汚れの場合は、シートを外して業務用の洗剤を使用して丸洗いしてしまいます。スチームで汚れを浮かせて、水洗いをして専用の掃除機で汚れと水分を吸い出します。そして、天日干しをします。簡単に済む場合はこの様にご依頼をお受けします。頑固な汚れや取り外しのできない部分などは業者様にご依頼する事もありますが、やはり高額な費用が掛かってしまいます。ファブリックシートであれば、少しの汚れは自分で取り除くことができることもあります。レザーシートやカーボンシートなどの場合は、取扱説明書を読んで素材にあったお手入れをするようにしましょう。

汚してすぐの応急処置

汚れをゴシゴシこするのはNG?シート汚れの適切なお掃除方法

もしもシートを汚してしまった事にすぐに気付いたら、まずティッシュなどで汚れを押さえます。ゴシゴシと拭いてしまうと汚れが広がってしまうので、強く押さえつけるだけにしておきます。ある程度汚れを吸い取ったら、次はウェットティッシュか濡れた布のようなもので汚れを押さえます。蒸しタオルなどで押さえると効果が高まります。汚れが付いてすぐの場合は、冷たいものでも押さえれば十分汚れを吸い取れます。その後、叩くように布を動かします。これで大体の汚れは落ちます。この際も、決してゴシゴシとこすってはいけません。繊維が立ち上がってしまい、汚れが奥に入り込んでしまうので、十分に浮かせてから叩き出します。

落ちにくいシミは洗剤で

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
汚れのついた車のシート