N-VAN独特の魅力!他の軽バンと何が違う?荷室が広い理由と便利な使い方

N-VANが発売されてしばらく経ち、街でも走る姿を見かけることが多くなってきました。この記事では改めてN-VANの魅力を見つけるべく、エブリイやハイゼットカーゴとの比較を交えて走りや積載性をみていきたいと思います!

N-VANのおさらい

https://www.honda.co.jp/N-VAN/webcatalog/styling/design/

まずN-VANがどんな車なのか見直していきましょう。
N-VANはホンダNシリーズの第5作目で、軽商用車としてはアクティバンの後継車種という位置づけです。とは言っても車としての性格は似て非なるもので、その佇まいからはホンダがかつて生産していたライフステップバンに通じるものを強く感じます。N-WGNがライフステップバントリビュートデザインになりましたが、いやいやなんでN-WGN?と感じた人も少なくない気がします。やはり車の機能を見れば現代版ステップバンはN-WGNではなくN-VANであると信じたい気持ちがあります。

以下大まかな性能を説明します。

エンジン

エンジンは自然吸気とターボの二種類がラインナップされています。ターボであれば軽の自主規制値いっぱいの64馬力、最大トルクは10.6kgfmを発揮し余裕のある走りができそうです。自然吸気でもロングストロークエンジンのおかげで必要十分な力は発揮してくれるでしょう。

トランスミッション

ミッションは基本がCVTとなっています。一般的な4ATやスズキの5AGSは変速ショックが発生しますがCVTにはそれがないので安定した積載と荷物の保護を考えれば理にかなっています。ただし自然吸気モデルに限り6速MTが用意されています。MTでも変速ショックは発生しますがドライバーの運転技術による差が大きく、クラッチ操作を丁寧に行えばいくらでもショックは低減できます。現在6速MTが設定されている軽自動車はS660とN-VANの2車種のみで他は5MTです。エンジンが非力な分、プラス1速の余裕はうれしいポイントです。

車両重量

車重は930㎏~1020㎏となっています。背の高い車体のため軽自動車としては重めですが軽貨物バンとしては並と言えます。むしろ自動車に求められる機能が増えている昨今、この車重はなかなか優秀ではないでしょうか。

軽バン荷室サイズ比較

軽バンとしては最も気になる積載性を見ていきましょう。

寸法比較表

現在軽バンは実質N-VAN・ハイゼットカーゴ・エブリイの3車種のみで、他はエブリイかハイゼットのOEM車となるため、3車種で比較していきます。各車の荷室の寸法をまとめた表が以下になります。

荷室寸法(mm) 長さ 高さ
N-VAN 1,510 1,235 1,365
エブリイ 1,910 1,320 1,240
ハイゼット 1,860 1,315 1,235

※2名乗車、ハイルーフの値


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



月額5,980円(税抜)で手洗い洗車を利用し放題! コイン洗車やセルフ洗車に比べて高価なプロの手洗い洗車をより気軽に利用してもらうために、サブスクとしてサービスを開始しました。

全ての人に手洗い洗車を

申し込み・予約はこちら