アウディA4 概要とカスタム事情

アウディ A4 カスタム画像

アウディ A4 カスタムの特徴

アウディ A4 カスタム画像

引用元:http://audi-life.blog.so-net.ne.jp/2014-03-25

アウディ A4 カスタムの特徴①

アウディA4はアウディブランドのミドルサイズセダンで、5ドアステーションワゴンと4ドアセダンを生産しています。
A4は1994年にデビューした当初は箱型の「ザ・セダン」というような重みのあるデザインが人気となりましたが、モデルチェンジを繰り返すごとに角を無くし、シャープなイメージへと変化させ、エッジをきかせたデザインとなりました。
現在のA4は5代目モデルで、シャープなフォルムからカスタム仕様にするオーナーも多いです。

アウディ A4 カスタムの特徴②

カスタムと言えば大径タイヤにローダウンのイメージが多いですが、純正エアロパーツで構造上変化のないカスタマイズが良いです。アフターパーツとして市販されているものやサスペンションを社外品に換える車高調などは故障の懸念があるため、安心して装着できる純正エアロが良いでしょう。中古市場では純正エアロパーツを装着したモデルは高値で取引がされます。

アウディ A4 カスタムの特徴③

アウディA4のカスタマイズは購入時にオプションパーツとして選べます。フロントスポイラー、サイドスポイラー、リアスポイラー、ルーフスポイラー、リアディフーザーなど好みのパーツをカスタマイズ可能です。タイヤもA4専用の純正オプショナリーパーツから選べます。純正エアロパーツの装着により、リセールバリューのメリットも高くなります。

アウディ A4 カスタムの歴代モデル

アウディ A4 カスタム画像

引用元:http://www.goose.co.jp/audi_vw_dressup/2006/07/a4b7_abt.html

アウディ A4 カスタムの歴代モデル①

アウディA4が人気となったモデルとして3代目モデルがあります。3代目モデルはB7系で、アンダーバンパーまで伸びた大型の開口部を持つラジエーターグリルが特徴的で、2代目に比べて若干丸みを持たせ、ノーズを先端としてヘッドライトを傾斜させた立体的なデザインを採用、エアロパーツの装着で一気にワイルドな面持ちに変化します。

アウディ A4 カスタムの歴代モデル②

現行モデルは2015年にフルモデルチェンジしたB9系ですが、4代目モデルで3代目をシャープに変化させたデザインにさらにエッジをきかせてフェイスリフトなデザインでスポーティーな面持ちに変化させました。純正エアロパーツの設定も増やし、好みのパーツで自由なカスタマイズが可能です。

中古車価格について

アウディ A4 カスタム画像

引用元:http://www.vjpn.com/galleryitem/audi/audi-a4-2-0tfsi-vol-2/

アウディ A4 カスタムの歴代モデル①

アウディA4のカスタマイズが行われるようになったのは3代目モデルのB7系です。純正パーツが現在よりも少なかったことで、社外パーツでのカスタマイズが多く、中古市場に流通している車両はカスタムを手掛ける販売店でカスタム仕様の中古車として販売していますが、カスタムしたことで車両本体価格を上げているケースがあるので注意しましょう。とくに、認定工場を持たない販売店で独自のカスタムを行っているとことでトラブルも多いのと、正規の保証の対象から外れることがあるので注意しましょう。

アウディ A4 カスタムの歴代モデル②

現行モデルB9系はオプショナリーパーツが豊富で、A4専用のカスタムパーツを用意しており、純正エアロを設定した車両が中古市場に流通しています。エアロパーツ装着車は相場よりも30万円~50万円高く販売されています。また、エアロパーツを装着している車両の買取相場も高いです。純正でないカスタムパーツは稀に車検に通過しない場合もあるので、安心できる純正品を装着させた車を選ぶことが良いでしょう。

B9系モデルがおすすめ

アウディ A4 カスタム画像

引用元:https://www.pinterest.jp/pin/594827063254723216/

2015年にフルモデルチェンジしたB9系モデルは、フェイスリフトデザインとなり、立体感を持たせたシャープなデザインとして変化し、リアコンビネーションランプも従来より薄く変形させ、LEDランプに変更されました。

おすすめモデルの燃費

新開発のエンジンにより、走行性能を高めるも燃費効率を良くしたことからハイパワー低燃費を実現したモデルです。JC08モード燃費で16km/Lですが、実際の走行では10km/L~11km/Lといったところです。

おすすめモデルの維持費

2000ccモデルの年間維持費は次の通りです。
●自動車税39500円
●自動車任意保険120000円か~150000円(30歳未満不担保、車両補償設定)
●メンテナンス費用 おおよそ年間60000円(車検時は120000円~160000円 交換部品や整備費により異なります)
●燃料費 プレミアムガソリンを使用するため、1回の給油で7000円程掛かり、年間80000円~90000円程度の負担です。
このほかにETC利用料金や駐車料金が掛かります。

B9系モデルについていてほしいオプション2選

オススメオプション①

足元のおしゃれともなるアルミホイールは 「アームパラレルデザインアルミホイール(7.5J-18)」を設定しておきたいです。¥59,400(¥55,000)/1本
これをつけておくことで、迫力が増します。
センターキャップにAudiエンブレムが入る専用オプションパーツですので、価値の高いホイールです。

オススメオプション②

フロントのイメージを強調するのがフロントスポイラーです。
エアロパーツの中でも一番人気のものがフロントスポイラーとなります。
大径タイヤホイールと一緒にセットで設定することで、フロント部分が低く、ダイナミックな演出が可能となります。¥85,212(¥78,900)

まとめ

アウディ A4 カスタム画像

引用元:https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4/exterior.html#layer=/jp/web/ja/models/a4/a4/exterior.mediathek_infolayer.GPQDPQD.html

現行モデルのアウディA4はシャープなデザインで人気が高く、新車でオプションを組むオーナーが多いです。
中古市場にもカスタマイズされた車両が多く出ており、人気を集めていますが、購入時にはしっかりと車両確認を行いましょう。
確かな保証のついた認定中古車を正規中古車販売店から購入することが良いでしょう。
輸入車で心配なのは耐久性です。
整備拠点があり、整備士が常駐した正規販売店であれば、購入後のサポートやメンテナンス等も安心できます。


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら
アウディ A4 カスタム画像