マツダ RX-8の定番故障 冷却水漏れ修理 |ラジエーター交換作業

今回修理を行ったのは、マツダ RX-8 タイプS 型式LA-SE3Pです。

症状としては、エンジンルームから煙が吹き出し、異臭、水温メーターの上昇で、定番となっているラジエーター周りからの冷却水漏れです。ラジエーターやホースの交換で対応しました。

RX-8のラジエーター交換は他の車種に比べて少し大変なので、工具や作業環境が整ってないとセルフ修理は難しいかもしれません。基本的にはAncar Repair Shop 川崎などのプロがいる整備工場に依頼しましょう。ただ、整備工場で工賃払ってやってもらうのはもったいない、愛車は自分で修理するという方は今回の作業内容を参考にしてみてください。※こちらの作業内容は整備を保証するものではありませんので、あくまでも参考程度にご覧ください。

マツダ RX-8の定番故障

そもそもオーバーヒートしやすい構造

ロータリーエンジンを積んだほとんどの車種がエンジン内にカーボンを溜めないために他のエンジンの車種より水温が高く設定されています。

ラジエーターキャップの圧により強制的に水温を抑えているので、キャップが劣化しているといきなり水温が上がりオーバーヒートしてしまうことがあります。

ロータリーエンジンの場合は、通常のエンジンの車以上にクーラントとラジエーターキャップの状態を気にかけ定期的に交換しましょう。

ラジエーターのアッパータンクの劣化によるクーラント漏れ

今回の症状がこれに該当します。

普段あまり乗らず久しぶりにRX-8に乗ろうとして駐車場に行ったところ、エンジンルームの下に水たまりができており、特に気にかけずにエンジンをかけて走り出すとエアコンダクトから焦げくさい匂いがしたため違和感を感じたとのことです。
駐車してからリザーバータンクを確認するとクーラントがかなり減っていたのでAncar Repair Shop 川崎までご連絡いただきました。

まずRX-8の水漏れの症状によくありがちなラジエーターアッパータンクのリザーバータンクと繋がる細い接合部の腐食で漏れているかと思い確認してみましたが、どこも腐食しておらず綺麗な状態でした。

改めてよく見てみると、アッパータンクのラジエーターのコアに近い部分が白くなっていたため亀裂を発見しました。
小さい亀裂でしたが、走行中は圧がかかるのでクーラントが吹き出します。その吹き出したクーラントがエンジンに付着すると独特な焼けた匂いがします。

今回はオーナー様の希望でアッパータンクだけでなく、ラジエーターやホース類を丸々交換しました。

RX-8 ラジエーター取り外し作業

まずは水を抜きましょう

フロントをジャッキアップしてタイヤを外してから、プラスドライバーを使ってドレンを開けてでクーラントの残りを抜きます。

バッテリーを外す

ボンネットを開けてエンジンカバー、バッテリーカバー、バッテリーを外します。10mmのソケットとラチェットを使って取り外しました。

エアボックスを外す

バッテリーケースを外して、右横のエアボックスを外すします。エアフロのカプラーなどを外しバンドを緩め蛇腹を縮めながらエアボックスを持ち上げるように外しましょう。単純に蛇腹の部分にハマっているだけですが、これが意外と硬くて大変です。

ソレノイドの配管を外すのも忘れずに外しましょう。

 

インシュレーターを外す

エアボックスのインシュレーターを外します。配線も固定されているので、リザーバータンクも外します。インシュレーター、リザーバータンク周辺にLLCの揮発したしぶきが残っておりこのことからもアッパータンク付近の漏れがあったと考えられます。これらを外すときも10mmのソケットとらチャットがあれば問題ありません。

 

アンダーカバーを外す

下に潜りタイヤハウスの左右カバー、アンダーカバーの順に外していきます。

劣化したクリップが多く意外と大変な作業です。クリップ外しがあると便利ですしスムーズに作業が行えます。

配線がアンダーカバーに固定されているので、裏からプライヤーで外しながら慎重に行います。

コンデンサーを固定する

エアコンコンデンサーとラジエーターを分離させるとコンデンサーが下がってくるので紐などで先に固定します。

紐で固定したらラジエーターファンの固定されている配線等を外します。

アッパータンク側のナットを2箇所外す

ラジエーターが固定されているアッパータンク側のナットを2箇所外します。通常の工具だと入らないので1/4ラチェットとユニバーサルジョイントを使用しました。

 

アッパーホース、ロアホースを外す

ラジエーター側からアッパーホースとロアホースを外していきます。外すときはホース内に残った水が溢れてきますので受け皿の準備が必要です。
バンドを外すときはウォーターポンププライヤーが活躍します。

 


 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら

手洗い洗車のサブスクリプションサービス「RACCOON」!



2019年11月グランドオープン!

申し込み・予約はこちら