大事故にも?走行中に突然起こるタイヤバーストの原因・前兆・対策

バーストした車のタイヤ

タイヤのバーストを経験したことがあるという方は多くはないと思いますが、突然のタイヤの破裂は大事故につながる恐れがあります。しっかりと予防をしておくことにより、タイヤバーストの発生する可能性を低くすることができます。

今回は、タイヤのバーストが起こる原因・前兆、その対策について紹介していきます。

タイヤのバーストについて

タイヤのバーストとは?タイヤのバーストとパンクは違うの?

バーストした車のタイヤ

タイヤのパンクとバーストは、どちらもタイヤの空気が漏れるトラブルです。詳しい定義はわかりませんが、パンクは空気が徐々に漏れることにより走行不能になることです。一方、バーストとは走行中にタイヤが突然破裂することを指します。それにしても、タイヤのバーストは突然起こるものであり、周囲を巻き込む大事故につながる可能性もあります。そのため、タイヤのバーストは大変危険ですし、できる限りの対策をとっておく必要があります。

タイヤのバーストが起きる原因と対策

タイヤの空気圧や過積載

車のタイヤに空気圧を加える写真

空気圧が低い状態で走行することにより、「スタンディングウェーブ現象」が起こることがあります。スタンディングウェーブ現象とは、空気圧が不足した状態で高速走行を続けることにより、タイヤの表面が波状に変形してしまうことです。この状態で走行し続けると、タイヤの加熱が進んでバーストしてしまう恐れがあります。また、過積載によってもタイヤへの負荷が高まるため、スタンディングウェーブ現象が起こります。過積載に注意し、定期的に空気圧が適性な数値に保たれているか確認するようにしましょう。特に、高速道路を走行する前には注意が必要です。

空気圧を少し高めにするくらいは良いかもしれませんが、空気圧を高くしすぎるのも避けるべきです。空気圧が高いと、摩擦が低下してブレーキの利きが悪化します。また、中央の盛り上がった部分が大きな摩擦を受けるため、タイヤの寿命が縮まります。車を運転する方は、定期的にタイヤの空気圧が適性値、もしくは少し高め(1割増程度まで)であることを確認するようにしましょう。

タイヤの傷や劣化

傷やヒビがついた車のタイヤ

 クルマの相談所



クルマに特化したQ&Aサービス「クルマの相談所」β版の提供を開始しました!

本サービスは、クルマに関するあらゆる悩みや質問を投稿、回答することが可能です。

故障やメンテナンスについてわからないことはクルマの相談所で質問しましょう! 質問と回答はこちら

 ーこれまでよりも高く売却できる方法ー

「90万円」高い売却に成功! K様



コメント:
愛車のボクスターが90万円も高く売れて満足です。 330万円の最低保証金額を受け取った後、420万円で購入者が見つかり、とても満足しています。
改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています。

高く売却できる『おまかせ出品』

価格の交渉ができるかも!?

詳細&査定はこちら

Ancarのサービス詳細はこちら
バーストした車のタイヤ