ヘッドライトの汚れ[黄ばみ /くすみ /曇り]の原因・対策と落とし方 | ベテラン整備士が教えます!

トヨタ・ヴィッツのヘッドライト交換をしました。
元々は事故によるキズを鈑金で補修する予定でのご入庫で、左側は破損が酷かったためヘッドライトを新品に交換しました。右側の損傷はありませんでしたがヘッドライトのくすみが酷く、新品(左側)との左右差が出てしまうということでお客様から交換のご要望をいただきました。

ヘッドライト交換後

ヘッドライトの黄ばみやくすみの原因

ヘッドライトのくすみは沢山の方が悩みとしてお持ちだと思います。表面が黄色くくすんでいる。ザラザラしていてライトがはっきりしていない。
ヘッドライトはお車の顔の様な物。黄ばんでいたら外観的にも気になりますよね。最近の車はヘッドライトのデザインも大きく個性的な形が多くなってきているのでせっかくの顔が台無しになってしまうような気がしますよね。

ヘッドライトのくすみは車検にも影響

外観以外にも、表面のくすみ、傷が酷くなると光量が足りずに夜間走行がしにくい、車検に受からないなどの支障が出てきます。大きな事故に繋がる可能性も増えます。最悪、交換しないと治らない状態になってしまう事も多々あります。

なぜ、ライトはこの様に表面がくすんだり曇ったりしてしまうのでしょう。

ヘッドライトの素材がポリカーボネートだから

以前の車のヘッドライトに使用されていた素材はガラスでした。ガラスは熱などへの耐性が強く、傷もつきにくいという特徴がありました。しかし、車のデザインが変化する中でヘッドライトの形状も変化し、またより安全性の高い素材が求められるようになりました。こうして最近ではポリカ―ボネート、いわゆる樹脂が使用されるようになりました。軽くて加工しやすく柔軟性に優れたポリカーボネートは個性的なデザインに対応できます。またポリカーボネートは強度が非常に高く、耐衝撃性はガラスのおよそ200倍です。さらに事故などの衝撃で飛び散りにくいという特徴があります。ガラスは破損した時に大きく飛び散ってしまい危険です。

ポリカーボネートは傷がつきやすい

ただし、ポリカーボネートにも弱点があります。紫外線に弱く、傷がつきやすいというデメリットです。紫外線に長く浴びると表面が劣化し、傷や汚れがつきやすくなってしまいます。そのため、しっかりとコーティングをして出荷されるのですが、やはり経年劣化でコーティングが剥がれてしまい、日陰の無い駐車場などに停めているような環境では紫外線を受けやすく黄ばみが酷くなってしまうのです。その他にも、走行中の埃やゴミ、雨や風などが原因で傷や汚れがつきます。また、洗車の際に強くこすり続けることも傷の原因になります。マメな洗車が傷を防止する方法の一つですが、ヘッドライトをこする際は柔らかい素材のスポンジで優しくこすりましょう。

ヘッドライトの内側も曇り、汚れる

外側の黄ばみや傷だけでなく、内側までも黄ばんでしまうこともあります。これは経年劣化によりヘッドライトに隙間ができて埃や雨が侵入してしまうためです。外側と同じ様にして内側も汚れてしまうのです。

ヘッドライトの黄ばみを予防する方法としては、一番は紫外線に当てないこと。日向になるべく駐車しないということです。もしご自宅の駐車場が日向にある環境でしたら、カバーをかけるのが良いでしょう。今はボンネットだけのカバーも販売されているので毎日ボディ全体にカバーをかけるよりはストレスが軽減されるでしょう。もちろん、ボディ全体が日に当たらないようにするとより効果的です。ヘッドライトだけでなく車内のシートの日焼けやボディの劣化を守ることにもなります。またヘッドライトが日に当たらないよう、なるべく北向きに駐車するのも良いでしょう。

ヘッドライトの黄ばみが酷くなったら、最近はとても効果の高いクリーナーなどが販売されていますから利用すると良いでしょう。DIYでもきれいに磨くことができます。量販店やインターネットで簡単に購入する事ができるので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。きれいにするだけでなく、ヘッドライトのコーティングまでしてくれるクリーナーもあるのでおすすめです。

ヘッドライトの黄ばみや汚れの除去はディーラーや整備工場でも引き受けています。外側はもちろん、DIYでは少し難しい内側などの部分もプロによる施術で新車のような輝きを取り戻し、安全で快適な走行を楽しめるようになると思います。一度お車のヘッドライトの状態を確認してメンテナンスすることをお勧めします。

【おまかせ出品体験談】

K様 ディーラーより「90万円」高い額で売却に成功!



K様のコメント
 
「愛車のボクスターがディーラーより90万円も高く売れて満足です。330万円の買取保証金を受け取った後、追加金も受け取れてとても満足しています。」

「改めて走りに行く用のクルマを買いたいと考えているので、買い替えの際はまたAncarにお願いしたいと思っています!」
CTA画像
クルマが買取店やディーラーより高く売れる『おまかせ出品』

無料でカンタン査定!まずはあなたのクルマを査定してみよう!


〜今までよりもクルマを安く購入できる新しい方法〜


中古車販売店より安く購入できる 『Ancar』